否定脳(旧観念)からの脱却
297788 イスラム以前のアラブの精霊信仰
 
近藤文人 ( 51 東京 建築士 ) 14/11/12 AM01 【印刷用へ
ジャーヒリーヤ時代のアラブ世界で人にあらざる存在であり、なおかつ人のように思考力をもつとみなされる存在、すなわち精霊や妖怪、魔人など一群の超自然的な生き物の総称である。(Wiki リンク)のジンという存在。イスラム無明時代のアラブ人の崇拝対象であったという。クルアーン自身は認めているという。イスラムは遊牧民族でありながら、共同体を残存させた民族とするならば、人類が最初に畏怖の念をもって自然を対象化しようとした精霊信仰は、存在すると考えられる。また、彼らのイスラム以前や以後の観念を形作る最初の精霊信仰は、高い自然外圧や同類闘争圧力の違いにより、その視点がかなり異なると思われます。日本では精霊や自然は恩恵を与え、恐怖を感じる対象であり、全てをつかさどる全的な超越存在でありましたが、神の一ランク下の存在と認識され、悪さする存在であるという認識が高かったように思います。


悪魔や精霊達(リンク)のサイトからご紹介します。
-----------------------------------転載
千夜一夜物語の中で度々登場するジン。
ジンは精霊とも悪鬼とも訳され、悪なすのか善をなすのか 定かでないように思います。
千夜一夜物語に沢山の精霊が出てくる理由として考えられるのは

@インド・ペルシアの多神教の神々の活躍をアラブで説明 するときに精霊に置き換えられた。

Aアラブで古来から盛んに精霊信仰があったことがあげら れます。今でも中東の人は精霊を信じています。コーランに精霊は いると書かれているからです。

 精霊はあらゆるものに化け人を惑わします。
イスラム教の成立後はこのような行為に及ぶ理由として、神に逆らい人間の傍に暮らす ようになったからとあります。

イスラム教が成立してからは精霊にキリスト教の悪魔や天使の要素が絡み 更に複雑になりました。
悪魔や精霊は人間と同様に「最後の審判」を受けるそうです。

 精霊とはどんな生き物なのか:

 人間は神が土から造りましたが、精霊は神が炎から造りました。

 神は精霊に人間に仕えるように命令しましたが、土からつくられた人 間になど仕えたくないと反旗を翻したのが悪魔やイフリートといわれています。

 命令に従ったのが天使といわれる精霊だったかと思います。(天使は光から造られたという説もあります)

 精霊はあらゆる点で人間よりも優れています。

 しかしソロモンにだけは敵わず、鎖でつながれたり、箱詰め、瓶詰めにされたりしました。 (『黄銅の城』に出てきました。)
アラジンのランプの精も恐らくソロモンに閉じ込められたのでしょう。 『ソロモンの護符』はこの辺りから来ているのでしょうね。

 赤い精霊は強くて悪い精霊だとか、マリード・イフリート・サタンの順に強い等、 精霊には階級があって調べてみると楽しいです。

『アブー・イスハーク・イブラーヒーム・アルマウシリーと悪魔アブー・ムッラの物語』 では悪魔によって霊感をもたらされます。

>優れた才能は神か悪魔の啓示があったからに違いないと思う話は よくありますよね。

イスラーム辞典からの抜粋です。

 ”ジン に取り憑かれた人をマジュヌーンといい、その語は後にもっぱら「狂人」の 意味で用いられるようになったが、取り憑かれたジン の種類によってその特徴は異 なる。マジュヌーンの一般的特徴は雄弁多才なことだとされ、詩人、歌手、巫女、占 い師、説教師などは触霊によるとみられた。しかしジン の中にはムスリムのジン もあるので、こうした善性のジン に啓発された者は、ムスリム社会にとっても益をもた らすのであり、狂人が「聖者」扱いされる例がみられるのは、この観念の反映であった。”
----------------------------------終了
 
  List
  この記事は 258196 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_297788
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp