恋愛って、何?結婚って、何?
297374 ポスティング屋が調べた新聞購読率〜ワンルームマンション5%〜
 
匿名希望 14/11/02 AM11 【印刷用へ
マスコミの発表する購読率より、こっちのほうが信憑性がある。


リンクより引用

かねてからやってみたいと思っていた新聞の購読率の実態調査をしてみました。
ポスティング屋の視点ですから、単純な購読率の調査ではなく”折込広告の到達率”の現在と今後を占うということになります。

結果から言うと・・
ポスティング屋が調べた東京多摩地区月ぎめ新聞一般紙の投函率は、朝刊ベースで、ファミリー賃貸物件は20から40%程度。分譲マンションで50%前後、ワンルームでは5%以下。ちなみに戸建てでは60%程度から場所によりそれ以上。
従い、折込広告は、ネットの浸透に伴う情報の電子化による新聞の発行部数、とりわけ月ぎめ購買数の減少と共にさらに衰退していく。一人暮らしの若者層への訴求力は既にない。但し、一戸建て層への訴求、50歳以上の世代への訴求効果は、現在でも一定の効果が見込まれるということです。

まず参考として新聞協会のデータですが、これが凄い。
なんと新聞の戸別購読率が1999年から2009年までで93%から94%付近で推移しながらも上昇し、2009年ではなんと94.73%の数字を叩き出している。1世帯あたり部数は東京で0.91部

リンク
リンク

いやはや、これは筆者の遭遇している実態とは違いすぎ。もう一度よーく表を見てみると夕刊も分母に入れている。さっそくそれを差しい引いて計算しても0.86部である。新聞広告協会の数字であるから業界的手前味噌が効きすぎているのか、味が濃すぎる。この数字ではまったく納得できません。

私が調べたいのは折込広告の到達率なので、夕刊のデータは不要、朝刊の投函率ということ。そこで折込広告の部数表に当たってみた。
リンク
八王子市では世帯数に対しカバー率67%となっている。ただこれには日本経済新聞も入っていて、広告効果判定という点では???。セオリーどおり日経は無条件で分母から引かせてもらう。さらに朝毎読共、オフィス、工場、役所が取っている分がおよそ5から10%とみて8%ほど引く。またさらにロスが10%は絶対にあるので、これも引く。ちなみに筆者は折込広告会社に五年勤務し、学生時代は新聞配達を二年やった実務経験者。まあ実態はまた別なところで・・(^^;)そうするとトータル八王子市では56%になる。

実態にようやく近づいてきた感じですが、プロのポスティング屋の嗅覚からだとまだピンと来ない。

経験だけでああこう言っても信用されませんし、本人の錯覚もあるかもしれない。そこで取材してみました。土日の早朝 6時から7時の間のマンションのポストにどれだけ新聞が刺さっているか調査しました。調査対象は、築5年〜10年程度のファミリーマンション。オートロックに阻まれ、かつドアポストがないのか新聞が集合ポストに配られてしまっているマンションをチェック。朝刊の投函率は私の見立てで大まか20%〜40%には達しないというところ。
ただ新聞屋さんの応援をすると、通常新聞屋さんは、オートロックであろうが、管理組合と話し合い、通用門とか合鍵、共通暗証番号を特別に配分してもらい毎日ドアポストまで朝刊を配達している。これらのマンションは一階の集合ポストに止む無く投函しているマンションの話。だから写真のように集合ポスト投函のマンションは少数派。ただ、このようなマンションは増えつつあるますな。ドアポストまで配達されればもう少し購読も増えると思うので、トータルだと八王子周辺ファミリーマンションの新聞購読率は40〜50%弱ぐらいではないだろうか?

では、若者中心のワンルームマンションはどうか?私の感覚では新聞投函率は10%をとうに切ってます。調査するとやはり惨憺たる結果で20件に一軒ぐらいしか新聞が入っていない。(右側の写真では白く頭が出ているのがちらほら見えるがそれはお知らせの情報誌。)ドアポストでもおそらく十件に一軒程度あるかないかだろう。単身者や若者はネット、TVで情報を得て既に紙の新聞を読むという習慣がもうすでにないのかもしれない。

調査したファミリーマンションは新築のマンションではないから、世帯主のDVC00007年齢は概ね40歳以上なはず、まだまだ新聞が手放せない世代。だが、ブロードバンド元年の2001年からもう9年。インターネットが普及し始めてもう10年以上。そのとき学生だった世代はもう30歳。既に月ぎめ新聞購買率が10%以下のワンルームに入っていたこの層が今から今後結婚しファミリータイプの賃貸アパートなどに入り、ゆくゆく分譲マンション、建売住宅などを買うのだろう。この方たちが結婚したからといって、急に新聞を取って月ぎめ新聞の購読率56%維持に貢献?とはとても思えません。ネットから得る情報のパイはますます増え、月ぎめ新聞の購読率はますます減っていくでしょう。

ポスティング屋が調べた東京多摩地区月ぎめ一般紙の投函率は、朝刊ベースで、ファミリー賃貸物件は20から40%。分譲マンション40〜50%前後、ワンルームでは5%以下。ちなみに戸建てだと60%以上か。
折込広告は、ネットの浸透に伴う情報の電子化による新聞の発行部数、とりわけ月ぎめ購買数の減少と共に衰退していくことが確実。若者層への訴求力は既にない。但し、一戸建て層への訴求、50歳以上への訴求効果は、現在でも一定の効果が見込まれる。

このデータ、ポスティング広告戦略、折込広告戦略としてどう生かして行くかは、今後、順次書いていきたいと思います。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_297374
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp