マスコミに支配される社会
297361 ドキュメンタリー番組だけではない、報道番組もヤラセ 【宮崎事件】読売新聞記者による“真相”告白
 
供永涼助 14/11/01 PM11 【印刷用へ
「演出は初めから決まっていたんだね」〜TVのドキュメンタリー番組も捏造だらけA
リンク

ドキュメンタリー番組だけではない、報道番組もヤラセが横行。
かなり、過去の事件になりますが、「宮崎勤事件」。年配の方は、まだ憶えている方も多いと思います。

印象的だったのが、部屋に散在していたアダルトや盗撮やロリータといったビデオや雑誌の数々。今でもその印象・記憶(だけ)が残っている。
でも、実は違っていた。

++++++++++++++++++++++++++++++++
2014-10-01【宮崎勤事件】読売新聞記者による“真相”告白

リンク より転載します。

【宮崎勤事件】読売新聞記者による"真相"告白

宮崎勤というシリアルキラーの部屋に初めて入り込んだ読売新聞の記者が、部屋内部の報道映像に民放スタッフの"演出"があったのをうっかり告白してしまったという事がありました。約9年前の話です。読売ウイークリー誌の編集部ブログに掲載されたこの告白記事は当然大炎上、すぐに削除されました。

(中略)
女子高生がタリウムを母親に飲ませたかと思えば、今日は同級生の女の子を殺した疑いで高1の男子が逮捕。いったい、どうなっているのでしょう。とても理解できません。

10年ほど社会部にいたので随分事件取材もやらされました。警視庁記者クラブでは、詐欺とか汚職などの知能犯を扱う捜査2課の担当だったせいで、その後もそんな事件ばかり取材しました。知能犯ですから、頭を使った犯罪なのですが、動機はほとんどが「お金」。その点では、大変わかりやすいのです。

理解不能と思った事件も、多くはありませんが、経験しました。忘れられないのは、平成元年の「宮崎勤事件」です。

幼女4人の連続誘拐殺人。オウム以前の、戦後最大の事件かもしれません。ビデオテープで埋まった宮崎勤の部屋の映像を覚えている方も多いと思います。実は、事件後あの部屋に初めて入ったのは私です。宮崎勤が逮捕されたという一報で、五日市町の彼の自宅に急行しました。なんと、まだ警察官も来ていなくて、3−4人の他社の記者が彼の両親を取り囲んで話していました。

そのうち、だれかが彼の部屋を見せてほしい、と言ったところ、彼の父親はどうぞ、どうぞ。母屋から彼の部屋には幅30センチほどの板が通路代わりに渡されていました。幅が狭いので一人ずつ渡ることになり、5,6人の記者でじゃんけん。で、私が一番になった、というわけです。

部屋に一歩入ったときのことは忘れられません。窓がなくて薄暗く、四方の壁面がすべてビデオテープで埋め尽くされていたのです。テレビとビデオデッキが3−4台あったと記憶しています。そんな部屋は見たことありません。まさに「理解不能」でした。

おそらく、あの部屋の映像を覚えておられる方は、あのビデオはみんな、アダルトとか盗撮とかロリータとかそんな類のものだと思っているのではないでしょうか。

実は違うのです。

大慌てで、ビデオのタイトルを写したのですが、ほとんどは「男どあほう甲子園」とか「ドカベン」といった、ごく普通のアニメばかりでした。その中に、おぞましい映像が入ったビデオも含まれていたのですが、少なくともそれはごく一部だったのです。

なぜ、そういうイメージが伝わってしまったか、については理由があります。

部屋の隅には、数十冊の雑誌の山がありました。どんな雑誌かももちろん確認しました。大半は、「GORO」「スコラ」です。20代の男性としては、ごくごく普通でしょう。

その中に「若奥様の生下着」という漫画が1冊ありました。ある民放のカメラクルーがそれを抜き取って、一番上に重ねて撮影したのです。それで、あの雑誌の山が全部、さらにビデオもほとんどがそういう類のものだという、誤ったイメージが流れてしまったのです。

ま、犯した犯罪からすれば、そのくらいは誤解されても仕方がないかもしれませんが、それでもやっぱり、事実とは違ったのです。高校生逮捕の夕刊を見て、そんなことを思い出しました。
(苦悶デスクこと・木村透)

(以上、転載終わり)
 
  List
  この記事は 224932 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_297361
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp