共認心理学:現代の精神病理
297318 黒人青年のつぶやき「歴史を変える偉大な人間はごく一部。でも僕たちそれぞれが、小さな出来事を変えることができる」
 
太刀川省治 ( 54 大阪 建築士 ) 14/11/01 AM03 【印刷用へ
なにげなく見始めたら目が離せなくなる動画が紹介されていました。

一人の黒人青年が動画カメラに向かってつぶやいている。
短文で次々に表出する心の声は、市場原理に蹂躙しつくされた現代社会の姿を正確に捉えている。にじみ出る絶望感に視聴者も引き込まれてしまう。
だが最後に「歴史を変える偉大な人間はごく一部。でも僕たちそれぞれが、小さな出来事を変えることができる」と、自分たちで社会を変える、次代を作っていく志を語る青年。

あまりに印象的だったのでテープ起こし全文を転載します。


ウィンザー通信 2014年10月28日記事より転載
リンク
********************************
こんな世の中は、終ったほうがいいと思う理由

この世の中は、終わりにさしかかっている。
空気は汚染され、海は汚され、
動物は絶滅しそうで、経済は崩壊しそう。
教育は地に堕ち、警察は腐敗し、
知性は嫌がられ、無知はもてはやされ、
みんな落ち込んで怒っている。

お互いに我慢することができず、
自分自身に我慢することもできない。
だからみんなが薬漬け。

道路では無言ですれ違い、
話す時も、無意味なロボットみたいな会話だけ。

一生分の意味と目的よりも、
一瞬の名声を求める人が多いって?
だって、正しいなんてことよりも、
人気のあることの方が大事じゃないか。

真実よりも、ランク付けの方が大事らしい。

政府が作っているのは、学校の数の2倍の刑務所。
リンゴを探すよりも、ビッグマックを見つける方が簡単だ。
やっとリンゴを見つけたとき、
そのリンゴの遺伝子は、組み替えられていた。

大統領は嘘つき、政治家は詐欺師。
人種だってまだまだ問題だし、宗教も変わりはない。
おまえの神様なんて存在しないんだ。
俺の神様は存在するし、愛に満ちあふれてるんだ。
俺に賛成しないから、お前を殺すぞ。
それよりもっとタチの悪いところで、死ぬまで言い争ってやる。

ラジオから流れる歌の92%は、セックスのこと。
鬼ごっこで遊ぶのをやめた子どもは、
激しく腰を振っているビデオを鑑賞している。
普通の人は、1日5時間テレビを観て過ごすし、
スクリーンに流れる暴力は、ひどくなる一方。
テクノロジーで、みんなが欲しかった物が手に入るけど、
僕たちが本当に必要なものがみんな、そいつに盗まれていく。

プライドは、最高記録更新中。
人間らしさは、最低記録更新中。

みんなが全部を知っていて、みんながどこかに行っている。
誰かを無視して、誰かを非難して、
本当の人間なんて、それほど残っちゃいない。
人間のふりをしたやつらだけ。
過去から離れようとしない人間ばかりで、
今ここにいる人間など、ほとんどいない。

お金は相変わらず、諸悪の根源で、
でも、子どもにはそうは教えない。
仕事の給料なんて十分じゃないし、
よい行いがされるのは、そこに利益がある時だけ。

他人の不幸を写した動画が流行し、
一緒に笑い飛ばすために、友人にシェアをする。

今のみんなのお手本になっている人たちは、
60年前なら、真似をしてはいけないお手本だった。

人間を差別することが、合法な国がある。
なぜなら、彼らの生まれがアレだから。

会社は、何百万も投資して、専門家とやらを雇っている。
美しくなるためには、お化粧が必要だと、
小さな女の子に思いこませるために。
女の子の自己評価を、永久的に下げるんだ。
だって、女の子が満足するほど「かわいく」なんて、なりはしないのだから。
こんな不可能なスタンダードに追いつくために、ビジネスは言う。

「これ買って、あれ買って、買って、買って!」

みんなに追いつかなきゃ、
みんなと同じにならなきゃ、
これを買ったら幸せになるよ、
でも、長続きはしないけど。

この狂ったカオスな世界の中で、一体何ができるって?
解決策?

愛することができる。

ラジオから流れる、大好きな歌の中の愛じゃない。
本当の愛、真実の愛、無限の愛。
愛することができるんだ。
お互いに愛し合うこと。
朝起きたときから、夜寝るときまで、
親切な行動をやってみる。
親切は伝染するものだから。

人に会うときには、気を配ることができる。
善性の種を植えるんだ。
いつもよりも、思いやりをちょっと、追加するんだ。

許すことができる。
今から300年経っても、
友だちに、母親に、父親に、恨みを持つことに、
何の意味がある?

他人を変えようとするかわりに、
自分を変えることはできる。
自分のハートを変えることはできる。

今まで嘘を売りつけられていた。
俺たちは、リーダーや、信じていた人たちに、
洗脳されていたんだ。
俺たちのブラザーやシスター、同胞に気がつかないように。

代わりに、怒り、憎しみ、残酷さを、表に出すように。

でも、本当の愛を知ると、

怒りに対して同情で、
憎しみに対して思いやりで、
残酷さに対して優しさで、
迎え入れるようになる。

愛こそが、地球の表面で、一番強力な武器。
ロバート・ケネディも言っているじゃないか。

歴史を変える偉大な人間は、ごく一部。
でも、僕たちそれぞれが、
小さな出来事を、変えることができる。
こんな行動が、全部合わされば、
一つの世代の歴史に書き込まれるだろう。

だからそうだ。
この世界は、終わりを迎えている。

そして、新しい始まりへの道筋は、
あなたの中から始まる。
********************************
 
  List
  この記事は 255984 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_297318
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp