実現論を塗り重ねてゆく
29731 超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/04/30 PM06 【印刷用へ
しばらくみなさんの投稿を拝見していましたが、中でも『お金の使い方』に着目した玉川さんの投稿29283は、何でもないことの様で実は、答えへの重要なカギを秘めた(例えば、環境問題に対する最終解答になり得る可能性を秘めている)極めて重要な視点ではないかと思われます。
一方、その前後から、お金の持つ『万人に認められた評価指標』としての機能or可能性に注目した投稿が続いてきた(そして今も続いている)訳ですが、私はその視点だけでは答えに肉迫することができないと思います。
例えば、お金は現在すでに第二義的な価値しか持っていませんが、その様に既に最先端価値ではなくなった(あるいは、今後ますます衰弱してゆく)『評価指標』が、新しい認識闘争⇒評価闘争の場である認識形成サイトの『評価指標』になるとは考えられません。
なぜなら、認識形成の場は、人々の最先端の外向収束⇒認識収束を結実させた全く新しいまつり場であり、それは人々の最先端の可能性収束の場であるが故に、同時に、人々の最大の活力源となる筈の場だからです。
新しい場には、それに相応しい『評価指標』がある筈で(例えば、秀作・佳作や掲載・非掲載やそれを数値化した投稿ポイント、あるいは序列化された投稿資格etcも、その様な評価指標の一つです)、敢えて古い評価指標であるお金を使う根拠が、皆さんの投稿からは見えてきません。

その根拠を考える為には、もっと大きな(or深い)視点が必要になると思われます。『認識形成の場』が提起された原点に戻って考える時、最終的に問われてくるのは、新しい社会統合機構の中核となるべき認識形成サイトは、旧体制(つまり、国家と市場)を超えることが出来るのかという問題でしょう(当然、その中に、新しい社会はお金を超えることが出来るのかという問題も含まれています)。
そして、この問いに答えるには、既に実現論1_1_00『可能性への収束=統合』で明示されている、「新しい状況に適応すべく生み出された最先端の機能の下に全ての古い機能が収束することによって、全体が統合される」という最先端適応or最先端統合の論理が不可欠になると思われます。
ただ、適応論・統合論だけでは抽象的すぎてピンとこない方が多いでしょうから、改めて具体的に原始集団、国家、市場の夫々の適応原理(=統合原理)を押さえ直しつつ、認識形成の場(=まつり場)を中軸とする新しい社会統合機構がどの様にして古い体制(国家と市場)を超えてゆくのか(=その実現基盤は何か)を明らかにしてゆきたいと思います。
これは、実現論が本当に現実を切ることのできる認識であるかどうかが試される正念場となるでしょう。と同時に、この問いに答えることは、実現論全体を(大枠ですが)塗り替えることにもなると思われます。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_29731
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
シリーズ『超国家・超市場論』1補足 生命進化のダイナミズム 「日本を守るのに右も左もない」 10/11/10 AM01
シリーズ『超国家・超市場論』1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか? 「日本を守るのに右も左もない」 10/11/02 PM09
237989 【幹図解】超国家・超市場論1〜6統合図解〜新しいまつり場は国家と市場を超えられるか?〜 菅野敬子 10/09/16 PM11
236813 国家と市場の共生解消⇒新たな社会統合機構へ 菅野敬子 10/08/26 PM10
236671 【図解】超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか? 永峰正規 10/08/23 PM06
236665 原点に戻って考える 加賀野宏 10/08/23 PM00
231470 Q&Aサイトは評価ポイントを活性剤として利用に成功 スズムシ 10/05/10 PM10
229760 古い評価指標であるお金は、新しい場に組み込まれてゆく 馬場真一 10/04/08 AM09
228486 なぜ「超」国家・「超」市場論なのか? 三上香緒里 10/03/17 PM11
220931 【図解】超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?〜なんでお金は評価指標だったのか? 木田彩美 09/12/01 AM00
「これからは社員の活力を100%引き出せる会社が生き残る」音声 「なんで屋PodCastingシステム」 09/10/06 AM01
215774 統合サイトのイメージ 匿名希望 09/09/25 PM09
215714 超国家・超市場論1について mitsu農園 09/09/24 PM10
204082 お金が第一義価値となれたのはなんで? 加藤弘行 09/04/11 AM00
203786 「お金が第一義だった」のはなんで?@貧困の圧力はなぜ生まれるのか? かなめんた 09/04/07 PM05
203781 最先端価値と評価指標の関係 本田真吾 09/04/07 PM03
203772 原点に戻る 鈴木康夫 09/04/07 PM00
203755 江戸時代に可能性が見える? 加賀見香苗 09/04/07 AM03
203704 実質価値に人の意識は移行している 熊澤敬輔 09/04/06 AM11
201552 【幹図解】超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか? 浅見昌良 09/03/06 PM10
199774 【図解】超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか? 中瀬由貴 09/02/15 AM10
199226 『超国家・超市場論』ってどんな本?【図解】 樋口卓也 09/02/07 PM11
195189 なぜお金を考えるのか カナ 08/12/18 PM11
194598 【図解】超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を越えられるか? 大西敏博 08/12/11 PM07
192766 【超国家・超市場論1】認識形成サイトが新しい統合軸となる可能性 平井武志 08/11/20 PM02
192461 評価指標における「数値」という機能の限界 (´・∀・`) 08/11/16 PM11
192394 本当に大切なものって何? (´・∀・`) 08/11/16 AM02
191880 【図解】超国家・超市場論1+2 佐藤賢志 08/11/10 AM10
191373 超国家・超市場論とは? 篠田裕昭 08/11/03 PM05
191266 全人類的課題=「超国家・超市場」=一大認識転換 佐藤賢志 08/11/01 PM11
191255 これからの企業の評価指標ってどうなるんだろう・・・ 上島貫九郎 08/11/01 PM10
189647 最大の可能性は「超国家・超市場論」 佐藤賢志 08/10/14 AM11
189158 お金の価値の相対化 おかけん 08/10/07 PM10
185282 評価指標としてのお金 小山雄治 08/09/10 AM11
185236 お金が評価指標ではないのは当たり前の世代 宮崎敬子 08/09/09 PM08
181251 【幹図解】超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか? 仙元清嗣 08/07/15 AM08
178903 原理って? アイスクリーム 08/06/11 AM01
178859 【図解】超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか? 安西伸大 08/06/10 PM05
178811 教師の教師による教師のための【認識の場】の形成を 和田博文 08/06/10 AM01
178794 お金の使い道 福ちゃん 08/06/09 PM10
178772 【図解】超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか? 松岡俊之 08/06/09 PM05
177286 「超国家・超市場論」シリーズの課題共認☆ 匿名希望 08/05/23 PM10
176583 評価指標と第二義的価値 陽陰 08/05/16 PM01
176449 古い機能(exお金)が収束することによって、全体が統合される ヨネ 08/05/14 PM11
176448 暴走する投資家を、認識形成により制御(=支配)出来る時代へ 新井弘 08/05/14 PM11
176439 新たな統合とはどのようにしてなされるか〜過去の否定ではない 佐藤晴彦 08/05/14 PM10
176380 散髪屋での出来事から ヘッドフォン 08/05/14 PM00
176314 市場を取り込む! Lucky 08/05/13 PM07
173934 新体制が旧体制(国家と市場)を再統合してゆくための秩序共認が必要 近藤文人 08/04/11 AM08
173661 【幹図解】超国家・超市場論1 新しいまつり場は国家と市場を超えるられるか? 山田真寛 08/04/06 PM09
172028 評価の場を求めるエリート学生達 渡辺卓郎 08/03/07 AM01
164680 『万人に認められた評価指標』=『万人の活力源』 ダイ 07/11/04 PM08
164565 旧い場 と 新しい場 のお金 向芳孝 07/11/02 PM00
164564 「環境問題に対する最終解答」を求めて 庄恵三 07/11/02 AM11
164555 【図解】超国家・超市場論1 国家と市場を超えるための思考とは? 澤根和治 07/11/02 AM08
160300 市場原理が心ある人々を抑圧してしまっている 澤根和治 07/09/02 PM06
160284 最先端価値の供給により市場が再統合される 衛藤信義 07/09/02 PM02
「利潤なき経済社会」と「開かれた地域共同体」 「晴耕雨読」 07/08/15 PM03
「開かれた地域共同体」での”合理性” 「晴耕雨読」 07/07/07 PM02
146916 人と答えの収束先の実現過程 07/03/10 PM08
139634 新しい評価指標は、国家(序列収束)と市場(お金収束)を超える 村田貞雄 06/12/08 PM10
137147 市場を超えた評価指標による、市場での勝利 渡辺卓郎 06/11/11 PM01
135800 認識形成サイトで「社会」が分かる ぴんから体操 06/10/28 PM08
132717 最先端機能であるネット世界の浄化から共認闘争が始まる? 木橋哲夫 06/10/01 AM03
132648 現実直視(もったいない)から古い体制を越える 峯川満章 06/09/30 PM09
132625 「国家と市場を越える=新しい社会に変わっていく」とは。 田原康夫 06/09/30 PM05
132620 【図解】超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか? 是永恒久 06/09/30 PM03
132521 社会変革は、古い物事が形を変えて、新たな統合様式に組み替えられると言う事。 新井弘 06/09/29 PM08
130001 「消費の自由」から「もったいない」へ かにかに 06/09/05 AM00
127472 実現論 序のロ「肉体破壊・精神破壊と市場の拡大停止」から 佐藤賢志 06/08/04 PM11
109020 数値ではない評価指標 高橋可奈 06/04/14 PM08
107931 お金に変わる評価基準が求められるのはなぜか? 匿名希望 06/03/24 PM00
88009 「認識形成の場を広めること」から 渡邊真也 05/03/27 PM10
84685 統合する 末吉孝子 05/01/27 AM08
82791 新しいまつり場は、どこで国家を越えるか? 雪竹恭一 04/12/18 PM11
31455 お金の使い方の変化に感じる可能性 西知子 02/05/21 AM02
29923 関係ない→ストレス〜関わっていく→活力へ 立石裕美 02/05/02 AM03
29922 市場が認識闘争、評価闘争の場へ収束する 山田真寛 02/05/02 AM02
29910 認識力は本能や共認を含めた全貫通的な制覇力たりうるか 山澤貴志 02/05/02 AM00
29837 「評価指標」と「活力源」 酒井典子 02/05/01 PM08
29833 お願いします♪ 西知子 02/05/01 PM07
29827 頭の中=規範 へ 尾曲圭介 02/05/01 PM02
29826 新しい国家 アイスクリーム 02/05/01 PM02
29825 私的欲求を越えて… ゲン 02/05/01 PM02
29824 認識形成サイトのNWが評価指標を塗り替える 大河明日 02/05/01 PM01
29810 お金と言う古い力は衰えて来ている。 匿名希望 02/05/01 PM01
29761 市場での評価者は消費者という名の神様だった 平野令 02/04/30 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp