西洋医療と東洋医療
297192 アメリカ政府は、癌の三大療法(抗がん剤・放射線・手術)が本物の癌を発症させることを認める
 
tanvool HP ( 40代 福島 自由業 ) 14/10/29 PM03 【印刷用へ
アメリカ政府は、癌の三大療法(抗がん剤・放射線・手術)が本物の癌を発症させることを認める

癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 〜 Cancer Therapies by Naturopathyリンクより引用。

=======================================================================

 米国政府も認めた癌のヒミツ♪
 【「千葉市で矯正と予防歯科を中心に診療しているフレンズ歯科クリニックのブログです」リンクより 】

 こんばんは♪

 今までの記事で、「予防接種は、アメリカ政府が作った国家安全保障覚書200という公文書の中に人口削減政策の一環として使うことが明記されている。また、その原材料には中絶胎児の細胞が使われているという事を FDA が認めている」等と言う事をお伝えしてきました。

 そして、癌の流行に関しても、政府側の機関である米国癌協会が何百万人という人々は、本当は癌じゃないのに、癌という診断を受けて、本当の癌を発症してしまう危険性のある手術、抗がん剤、放射線療法の三大療法を受け、命を落としているということを認めていました。

 公的な機関が認めています!ワクチンが人口削減に結びついていたり、癌産業が合法的な殺人であることは、陰謀論でもなんでもなく、単なる事実なんです。

 だから私はがん検診は受けませんし、がん保険にも入っていません。だって、よく考えれば、検診で癌もどきを癌と診断されて、免疫力を弱らせて良性腫瘍が本物の癌になっちゃうような治療を受けるための準備なんて必要ないと思いませんか?

-----------------------------------------------------------------------

米国癌協会が何百万人もの人が癌と誤って治療を受けていることを認めたリンク(2013/11/05)より

ここ何十年の間に非常に多くの人々が実際には病気に罹っていなかったのに、癌の治療を受けていたことを米国ガン協会に委託を受けた新しい報告書で認めました。米国医学協会ジャーナルのオンライン版に、癌の過剰診断と誤診が癌の流行を作った主要な2大原因で、そうでなければ健康だった人も、不必要な化学療法や放射線療法を受けていたという政府の研究が発表されました。

 この報告は多くの癌の診断のあり方に大きな一石を投じました。例えば乳がんですが、時々それは良性腫瘍で全く乳がんではないのに、非浸潤性乳管ガンと診断されることが有ります。しかしながら、何百万という非浸潤性乳菅ガンと誤診された女性は何も告げられることなく、本来なら健康上の問題を引き起こすことのない状態なのに、続いて癌の治療を受けます。それは男性でも同じで、前立腺上皮内高度腫瘍形成(HGPIN)は前癌病変の一種ですが、通常はこの状態でも癌と診断され、誤って治療されます。

(中略)

癌は身体が生き延びるための手段で、外敵では有りません

 ジー博士の見解によれば、体内の癌は厳しい治療で積極的に戦うべき外敵ではなく、むしろ生存の為のメカニズムが働いているということです。身体は絶えず、栄養不足の状態にあったり、例えば負担の大きい放射線、発ガン物質、その他の環境や食物からの毒にさらされると、それらの攻撃に反応してガンが育っていきます。

 「全世界的な癌は外敵で戦うべき相手だという見方から、栄養不足、発ガン物質や放射線に溢れる荒れ果てた環境から恐らく生き延びるためのものだという見方にシフトする必要がある。」と、ジー博士は付け加えました。

=======================================================================

私も、友人を一人亡くしています。

彼は、余命宣告を受けたときは「自分は抗がん剤を使わない」と宣言していたにもかかわらず、最後は、イレッサという抗がん剤を処方され、余命宣告より早く息を引き取りました。どうも、「抗がん剤治療ををやらない」と言ったら「病院の方針に従わないなら他へ行ってくれ」と言われ入院させてもらえないのでしぶしぶ、といったような事情があったそうです。友人と遠く離れていたため、再入院したと聞いて2ヶ月ぶりくらいで見舞いに行ったら、抗ガン剤をやられて廃人のようにされていて、既にまともに会話さえできない状態でした。上記のことをもっと早く知っていれば…と悔やまれてなりません。
 
  List
  この記事は 283210 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_297192
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
322474 癌とは真菌の組織塊であり、腫瘍とは別物 匿名希望 16/12/12 AM02
309359 WHO の公式発表による「ガンの原因となる要因」の中に抗ガン剤が含まれている 紺碧空 15/11/13 PM11
308393 化学者、2億人を救う。「元高校教師」が生み出した薬 惻隠之心 15/10/11 AM00
300065 同類認識機能でがんを治療する「BAK療法」 稲依小石丸 15/01/10 AM03
299278 3大療法に頼らない癌の克服体験 匿名希望 14/12/16 PM11
298187 ガンを引き起こす食べ物トップ10 青島航 14/11/21 PM03
298073 全米でベストセラ―『がんが自然に治る生き方』(ケリー・ターナー博士著)の紹介 @ 向芳孝 14/11/18 PM11
297811 癌に効く食べ物 渡邊真也 14/11/12 PM07
297429 「利益に従属する科学」に打ち勝つには 14/11/03 PM06
297394 末期癌と診断されたが、余命を受け入れ化学治療を拒んだ、ギタリスト・ウィルコ・ジョンソンを救ったのは、外科医のファン 新大阪駅 14/11/02 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp