マスコミに支配される社会
297019 国民はマスコミが作る別世界の奴隷〜ブラックマスコミを断じて許してはならない〜
 
匿名希望F 14/10/25 PM09 【印刷用へ
【夕のメッセージ】国民はマスコミが作る別世界の奴隷(リンク)よりご紹介します。
「国民を奴隷にして別世界を作るマスコミをブラックマスコミと言う。国民はこのブラックマスコミを断じて許してはならない。巧妙に国民を奴隷にするブラックマスコの正体を知らなくてはならない。マスコミが政治を支配できないように、マスコミの手足を縛らなくてはならない。今まで世界中の国民がマスコミの正体を知らなかった。マスコミは兎に角巧妙である。国民は騙され続けて来た。しかしもう騙されない。」という痛烈なマスコミへの批判と事実の追求の機運が感じられます。
------------------------------転載
錦織が優勝したら世界的ビッグニュースになる。既に今でも大変な状況だが、優勝まで行き着くと一体どうなるのか、経験したいものである。錦織のニュースはアジアでも米でも欧州でもロシアでも大ニュースになっている。テニスはいろいろの国に有力選手がいる。セルビアとかクロアチアとか小国の選手も世界トップに名を連ねる。決して大国が独占していない。関心を持つ国民は世界中にいる訳である。従って関わるマスコミも世界規模になる。全米優勝の錦織となると、日本で嘗て存在しなかった訳でその潜在価値は天文学レベルになる。全てはマスコミの力である。マスコミの世界的な巨大な情報支配力が途轍もない価値を持つスポーツ選手を生み出す。ネット言論としてはこういう視点からも錦織の活躍を見たい。1人のスポーツ選手が国民の心理を変えてしまう程の巨大な力を持つ事は、考えようによっては怖い事である。政治的不祥事も国民の頭から消えてしまいそうだ。安倍は錦織が優勝したら関わって来るだろう。政権支持率にも微妙に影響する。

マスコミが騒がなければ全米で優勝する事がどれほどの価値を持つだろうか。世界のマスコミはスポーツをビジネスとしても、また自らの社会的存在価値を高める為にも積極的に推進する。政治的に売女マスコミと言われようが、こうやって世界中から存在を有難がたられればバランスが取れる。世界のマスコミにとって世界的スポーツイベントは何としても中継したいものである。自らの存在価値を世界に見せつける為に。その高まった価値を背景に政治の悪さを為す訳である。大きく見ると、錦織も世界のブラックマスコミの手先と言えるのである。全てのプロスポーツ選手はそういうものである。プロスポーツが成り立つのはマスコミが存在するからである。

大企業は自らの製品を売る為に世界中のマスコミに広告を打つ。マスコミの巨大な情報支配力は企業の営業成績も支配する。マスコミと関わらなければ、企業は世界化できない。世界の企業は偽ユダヤが支配し、マスコミも偽ユダヤが支配する。理屈なのである。マスコミの巨大な発信力は巨大な情報支配力であり、スポーツも芸能も経済も、そして政治も支配する。マスコミは脅威なのである。マスコミは普通の世界、つまり国民が生活する世界の遥か上に別世界を作る。その別世界が国民を支配する。錦織もイチローも真央も羽生も別世界の住人である。何億何十億と稼ぐ。幾ら世界一と言っても高がスポーツ選手である。マスコミが作る別世界だからこそ何十億も稼げる。マスコミに関わる者達は別世界を積極的に維持発展させようとする。一般国民は別世界の為にあるという事になる。ぶっちゃけて言えば、国民はマスコミが作る別世界の奴隷という事だ。これで民主主義が成立する筈がない。錦織は奴隷国民に暫しの夢を与える役割を担う訳である。マスコミ演出の感動スポーツドラマである。

国民を奴隷にして別世界を作るマスコミをブラックマスコミと言う。国民はこのブラックマスコミを断じて許してはならない。巧妙に国民を奴隷にするブラックマスコミの正体を知らなくてはならない。マスコミが政治を支配できないように、マスコミの手足を縛らなくてはならない。今まで世界中の国民がマスコミの正体を知らなかった。マスコミは兎に角巧妙である。国民は騙され続けて来た。しかしもう騙されない。民主主義の原則をマスコミに厳格に適用すればいいのである。政治さえ支配できないなら、マスコミが別世界を作っても一向に構わない。民主主義の原則を厳格に適用する事に文句を言う者もいまい。国民は民主主義を武器にする事ができるのである。
------------------------------終了
 
  List
  この記事は 247320 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_297019
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
297188 「室井佑月 ぜんぜんニュースにならないデモに「どうして?」〈週刊朝日〉」 佐藤晴彦 14/10/29 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp