否定脳(旧観念)からの脱却
296991 カルシウムをほとんど含まないエサを食べているニワトリから、どうしてカルシウム豊富な卵ができるのか?
 
飛鳥 ( 39 京都 会社員 ) 14/10/25 AM01 【印刷用へ
『生体内原子転換(生物学的元素転換)』というのは、現在の科学・医学・栄養学にはいまだ茶番扱いされており、全然認められていません。しかし、この『生体内原子転換(生物学的元素転換)』に目を付けた存在がいます。「米軍」です。
 米軍はこの『生体内原子転換(生物学的元素転換)』に強く興味を持ち、正式に調べた結果、いくつかの原子は確かに生体内で転換することをすでに確認して認めています。』(290581)

上記に対する最もな未知な現象に関する回答があります。

リンク より以下引用。
「原子変換が行われていなければ理屈が通らないことがものすごくあります」
例えが、野菜のエサを与えた鶏からカルシウムの多い卵が生まれる謎。
「カルシウムをほとんど含まないエサを食べているニワトリから、どうしてカルシウム豊富な卵ができるのか?』
 
小学生がたずねそうな質問だ。
ところが「この疑問に答えた科学者は、1人もいない」という。呆れてものも言えない。
 
たとえば1799年、ヴォクランというフランスの科学者がすでに、この不思議を研注している。
エサのオート麦の中のカルシウム(石灰)の量を測定してから、メントリに与えたそして、産んだ卵の中のカルシウム量を測定した。
12倍にも増加していることを発見。
この研究で彼は「カルシウムがメンドリの体内で生成された」という仮説を立てた。
それ以外にカルシウムが卵の中に激増している理由が考えられない。
しかし、彼は結局カルシウム急増の理由を見つけることはできなかった。
当時は原子変換どころか原子構造すらまったくわかっていなかったからだ、
 
タマゴから与えたえさの10倍のカルシウムが検出された。
なら、鶏の体内でカルシウムが生成されたのです。
小学1年生でもわかる。
それが、研究どころか口にするのもタブー扱いされている。
学問の世界は奇妙キテレツである。

●緑の野菜から赤い血が生まれる不思議
 
「カリウム40が原子転換でカルシウ牟になったんだよ」
安保先生は、このタブーの垣根をあっさり越えておっしゃったので、拍子抜けしてしまった。
研究者が恐れるのはおそらく軍事的圧力か何かだろう。
しかし、そんなことに怯えて真実の探求などできるわけがない。
もっと勇気を出せ、といいたい。
 
さて安保先生のカリウム変換によるナトリウム生成時の核エネルギー発生理論は、小食者、不食者が元気で生きている理由を理論的に解明する。
米軍の報告書ではケンブランらはナトリウムのマグネシウム転換、マンガンの鉄転換も証明した、と記録されている、
生命の細胞内ではこのような原始転換が日常的に行われているのかもしれない。
 
たとえば、緑の野菜を食べると赤い血液が生まれる。
考えたら不思議だ。
野菜の主成分は葉緑素(クロロフィル)。
その分子は中心にマグネシウム(Mg)を持つ。
血液の主成分は赤血球(ヘモグロビン)。
この分子は中心に鉄原子〈Fe〉を持つ。
驚くべきは、それ以外では両者の分子構造は、まったく同じなのだ。
 
つまりクロロフィル〈緑色〉が消化吸収の過程で、分子のMgを失いFeに置き変わることでヘモグロビン〈赤色〉に変化している。
しかし、体内でMGとFEの収支バランスは成り立つのだろうか?
これは単なる仮説に過ぎないが、もしかしたらMGからFEへの原子転換の可能性もあるのかもしれない。
 
  List
  この記事は 290581 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_296991
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp