西洋医療と東洋医療
296990 重曹は、癌にも効果あり。重曹で癌を叩き、食事で癌体質を改善する
 
供永涼助 14/10/25 AM01 【印刷用へ
重曹は、安価で入手し易いのに、いろんな効果があります。

例えば、
282621 虫歯予防にはフッ素でなく重曹!
270812 重曹は放射能汚染除去にも強い威力

癌にも効くと聞いたことがあります。でも、なぜなのかが解っていませんでしたが、解説しているHPがあったので紹介します。

そして、癌と言えば、三大医療は悪化することはあっても、治ることはないことは、るいネットを読まれている方はご存知のことと思います。一方で、食事療法もよくあげられていますが、それだけでは片手落ちのようです。

「癌を叩く」と「癌体質を改善する」を同時進行で行ったほうが良いようです。

++++++++++++++++++++++++++++++++
癌細胞は酸性で、健康な細胞はアルカリ性! すべての病気は、体内が酸性であることが根本原因! 【重曹水(重曹液)は、癌の「酸毒」を中和する『制酸療法』である!】
リンク より、抜粋・転載します。

(前略)
 通常、体内の pH は7.4ほどに保たれていますが、現代の日本人は「体内を酸性に傾ける悪習慣」が多いために、体内の pH が酸性に傾きすぎて、これが、癌をはじめとする様々な病気を生み出す原因となっています。
 この「体内が酸性に傾くと(体内が慢性的に酸性に傾いていると)、様々な病気を引き起こす原因となる」というのは医学的な事実であり、癌も違わず、この「体内の酸性化」が体内に癌を生み出し、癌を悪化させる原因の一つになっています。
 体内の pH を酸性に傾けてしまう大きな原因の一つが「間違った食事(欧米食・白米などの精白食品・加工食品・人工食品・酸化食品)」にあるのは言わずもがなです。こういった認識を持つことも、正しい飲食(正食)を求める動機になって頂けると思います。

(中略)

・・・『重曹水(重曹液)』を軽く一杯飲んで頂けば、体内の「酸」が中和されて、酸性に傾いた血液をアルカリ性に戻してくれるでしょう。

 【補足】にてご紹介させて頂いています「重曹」ならば、100% 天然なので安全です。
 「重曹」は食品添加物として使用されています。用法・用量を守れば医薬にもなります。
 ただ、決して乱用してはいけません。基本はあくまで『食事療法(栄養療法・食事改善)』です。

 『食事療法(栄養療法・食事改善)』を実行されている癌患者さんであっても、体内に癌を抱えており、その癌が悪化している癌患者さんならば、空腹時に(必ず空腹の時です)『重曹水(重曹液)』を飲用すれば、血流を通して「重曹」のアルカリが癌細胞まで届き、その癌細胞で生じている『乳酸アシドーシス』の「酸毒」を中和してくれるわけですから、『重曹水(重曹液)』を飲用する度に、癌細胞の「酸毒」をこまめに消すことができるわけです。

 医学的にも、癌細胞は「酸性の環境」でしか生きることができず、「アルカリ性の環境」では生きられないことが解かっています。そして、癌細胞は「乳酸」の蓄積によって生じている『乳酸アシドーシス』の「酸毒」を成長因子にして成長・転移していきますから、癌細胞が成長・転移するために絶対に必要な「足場(土台・基盤)」となっているこの「酸毒」を『重曹水(重曹液)』の飲用でこまめに中和して消していけば、癌の成長・転移する力(勢い)をその都度、削ぐことができるはずです。この「小さな積み重ね」が有るのと無いのとでは、やがて大きな差を生むことになると思います。

(中略)

 癌治療というのは、どれか一つの療法に頼るのではなく、安全で価値ある複数の療法を複合的に併用して行うことが大事です。一つの療法しか実行していないと、癌はその一つの療法に対して耐性を身に付けやすいのですが、複数の療法を同時進行で実行されますと、癌はそれら複数の療法に対する耐性を身に付けるのが間に合わないそうです。ですから、癌治療は必ず、安全で価値ある複数の療法を複合的に併用して行っていきましょう!

 癌が悪化している患者さんは、

● 悪化した癌がこれ以上、勢力を伸ばさないように叩く 〔癌の抑制:上述のような安全な抗がん療法〕
● 癌体質を改善する 〔癌の根本的改善〕

 この両方向から、「癌を叩く」と「癌体質を改善する」を同時進行で行ったほうが良いと思います。

 これはつまり、
【悪化した癌がこれ以上、勢力を伸ばさないように叩く】+【癌体質を改善する】
 という “両方向の癌治療” を組み合わせて、これを同時進行で行っていく、ということです。

(中略)

 この「癌を叩く」治療を一般の病院に頼りますと、通常療法の抗がん剤や放射線をやらされる羽目になりますが、抗がん剤や放射線は副作用が危険ですから、『重曹水(重曹液)』や『枇杷の種の粉末(アミグダリン・ビタミンB17)』などの、自宅で『自己療法』として安全無害にできる抗がん療法を実行していくことも必要だと思います。

(後略)
(以上、抜粋・転載終わり)
 
  List
  この記事は 294834 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_296990
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp