世界各国の状況
296929 中国の改革加速か?「腐敗狩り」
 
小澤紀夫 ( 40代 大阪 営業、企画 ) 14/10/23 PM07 【印刷用へ
習近平国家主席は、中国の改革を加速しています。
周永康・元共産党中央政治局常務委員が汚職の疑いで立件されることが発表されました。周は石油利権のドンとして有名ですが、中国石油天然ガス集団(CNPC)前会長の蒋潔敏・国有資産監督管理委員会主任(閣僚級)など側近が昨年以降、次々と拘束されていました。

腐敗狩りで権力強化、習近平改革の本気度
東洋経済オンライン
リンク
から紹介します。

-----------------------------------------------------------------
■中国の改革加速

中国の改革加速へ、習近平国家主席は一気にアクセルを踏み込んだようだ。7月29日、周永康・元共産党中央政治局常務委員が汚職の疑いで立件されることが発表された。これは大方の予想よりも早い決定だった。立件自体は時間の問題とみられていた。周は石油利権のドンとして有名だが、中国石油天然ガス集団(CNPC)前会長の蒋潔敏・国有資産監督管理委員会主任(閣僚級)など側近が昨年以降、次々と拘束されていたからだ。8月にかけては、河北省の避暑地・北戴河で共産党首脳による非公式会議が開かれるのがならわし。周の処遇は、ここでの根回しを経て決まるとみられていた。その前に立件が発表されたことは、習の政権基盤がそうとうに堅い証左ともいえる。胡錦濤政権で序列9位だった周ほどの高官が汚職で裁かれるのは空前のことだ。だが、発表直前まで、習は2週間近くかけて中南米を歴訪していた。極めて重要なタイミングで北京を長期間空けておけるのは、習の自信の表れだろう。周の立件が発表された同じ日、党第18期中央委員会第4回全体会議(四中全会)を10月に開催することも公にされた。党や国家の重要課題を議論するため全国から幹部が集まる会議だ。昨年11月の三中全会は、2012年に発足した習指導部の基本政策を決める場だった。このとき示された合計60項目もの改革メニューは、どれも意欲的な内容だった。その後、経済から安全保障に至るまで、習への権限集中が進んでいるものの、目に見える成果は乏しい。経済分野では、景気失速を避けるために財政政策や金融政策が動員され続けており、抜本的な改革は難しいのではないかという失望感が広がっていた。



■APECで試される手腕

経済改革の中で最大の難所は国有企業改革だ。「腐敗狩り」の本当の狙いは、国有企業に絡む利権構造の解体だと見る向きもある。周や側近の蒋は、党幹部と国有企業による既得権益集団を体現する人物だった。7月15日には、中糧集団など、中央政府傘下の大型国有企業6社を対象に、民間の資本を受け入れるといった、改革の実行が発表されている。腐敗から格差拡大まで、高度成長の「負の遺産」の解消が習政権の最優先課題だ。7月30日には農村からの出稼ぎ者の都市定住を後押しするための戸籍制度改革も公表された。周の立件を受けて、四中全会のテーマは、「依法治国(法による統治)」とされた。同会議で改革メニューの実行プランがどれだけ具体化されるかが大きなポイントだ。11月には北京郊外の雁栖湖で開かれるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会談が控えている。米ロが鋭く対立する中で首脳会議をどうさばくかは、中国の国際的地位にも大きく影響する。さらに、日中関係という難しい要素が絡む。中国がホスト国である以上、習が安倍晋三首相とあいさつすらしないようだと批判は免れない。正式な首脳会談は無理だとしても、「立ち話」程度の接触はせざるをえないだろう。腐敗狩りを通じて手にした絶大な権力を用いて、習が内外の課題をどう片付けていくのか。この秋、彼の本気度が明らかになる。

----------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_296929
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp