アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
296260 日本本土に対する地震心理戦計画
 
升谷了 ( 40代 ) 14/10/06 PM05 【印刷用へ
> ・1945年の戦争中にOSS(CIAの前身)によって作成された「地震を使った対日心理戦争計画」という米軍機密文書が2005年に公開された。296259

ブログ『911-311 真実を求めて』に、その原文と全訳が紹介されている。

原文リンク
全訳リンク

ここには、原爆などによる巨大な起爆によって地殻変動を誘発することが可能であること、既に日本国内に米国の工作員が配備されており、工作員を使った日本語での雑誌やビラによって不安心理を煽る必要があること(当時の三河地震の際に「地震の次は何をお見舞いしましょうか」といったビラがB29から撒かれていた事実はNHKでも放映されている)、さらに、これらの心理戦によって、『日本という国を「よく統制の取れた国」から「国家の存続などよりも個人の生存により関心をもつ暴徒の群れ」に変えてしまうようなヒステリックな社会状況の招来』を招き、その上で『今度はそれをポジティブで建設的な奔流に切り替える』(リベラル派を活性化させ、「自由な日本」運動を出現させる)という戦略の全体像が書かれている。

以下、紹介文リンク
--------------------------------------------------------------------
この機密文書、「OSS日本本土に対する地震心理戦計画」は、米国中央情報局(CIA)の前身である戦略事務局OSS (Office of Strategic Services)によって、1945年に完成したものである。

すでに流布しているこの文書の私的な翻訳、抜粋訳を参考にさせて頂いたうえで、現時点で最も誤訳の少ない、正確で読みやすい訳を心がけた。ネット上には、この文書の重要性を強調するあまり、その訳もかなりきわどい”妄想訳”になっているものが目立つので、ここではあえて冷静に、ふつうのまともな訳をめざした。

この機密文書の解説は、あえて避け、以下の引用をもって紹介に代えたい。

「日本国民の間に社会的なヒステリー状態とパニック状態をもたらすことにおいて、二つの顕著な要因が歴史的に大きな役割を演じてきた。それは火事と地震である。・・・・・・ 火事という要因はわれわれの焼夷弾による広範囲の爆撃によって供給されつつある。さてここに、われわれが利用すべきもう一つの別の要因が残っている。それは地震という要因である。・・・・・・ 地震学者達は日本が「地質学的な地雷」であると明かしている。地質図と地震変動の記録は、日本直下の地中が不安定な状態であることを証拠立てている。・・・・・・ 科学者達はさらに、強化された爆発によってこの地震の潜在エネルギーを誘発することが現実的に可能であることを明らかにしている。一流の大学や研究機関の物理学試験所で実施されたテストを通して、「通常の自然のトリガーの力」と「人間に引き起こせるトリガーの力」との類似性が実証されている。これらの科学者たちは、この地質学的地雷の上に置かれる、その内部を効果的に起爆すべき様々なサイズの爆薬の効力を示す一覧表を作成している。」

この文書は、“地震”に触れているということで、そのまますぐに 2011年3月11日の東日本大震災に結びつけられることが多いようである。しかし、1940年代から一気に2011年に持ってくる前に、同じ1940年代当時の終戦間際に日本を襲った、以下の4年連続地震との関連をじっくり考察して頂きたい。

敗戦前後の4大地震

4年連続、毎年、M8近くの地震が日本の中部を襲った。
____昭和___西暦____名称____震源___M_死者・行方不明

1回目_昭和18年_1943.09.10 _鳥取地震__野坂川___7.2_1,083人
2回目_昭和19年_1944.12.07 *_東南海地震_熊野灘___7.9_1,223人
3回目_昭和20年_1945.01.13__三河地震__三河湾___6.8_2,306人
4回目_昭和21年_1946.12.21__南海地震__紀伊半島沖_8.0_1,330人

_______________3年3カ月の期間______合計5,942人

1944.12.07 * : この日は、日本側の資料では、「翌8日が真珠湾攻撃3周年(大詔奉戴日)」とされているが、アメリカ時間では、12月7日がまさに真珠湾攻撃を受けた日付である。アメリカでは、このリメンバーパールハーバーの日に大地震が日本を襲い、航空機の製造工場が集中していた中京工業地帯が壊滅的被害を被ったことが新聞で大きく報じられ、アメリカ国民は歓喜に沸いた。この日の地震が単なる偶然かどうかの判断は、この機密文書をお読みいただいてから下して頂きたい。

OSS日本本土に対する地震心理戦計画 (2)翻訳文 へ飛ぶリンク
--------------------------------------------------------------------
引用以上。
 
  List
  この記事は 296259 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_296260
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
301496 3・11人工地震の爆弾を製造した自衛隊技術者12名が暗殺。 匿名希望 15/02/24 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp