サル社会を解明しよう
29626 アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
 
田中素 HP ( 36 長崎 企画 ) 02/04/28 AM03 【印刷用へ
中国で発見された真獣類は、食虫性動物のようですね。この頃はまだアロサウルスなどの肉食大型恐竜が闊歩していた時代で、おそらく低木の間に隠れ住む生活をしていたのではないかと見られています。

もう一つ例を挙げれば、昨年の12月に、パキスタンで3000万年前のコビトキツネザルの祖先と見られる化石が見つかっています。マダガスカルのキツネザル類もアジア起源の可能性が出てきたわけで、霊長類の進化においてアジアはかなり重要な場所となりそうです。

ただ、先の中国の例を考えると、おそらく原猿類の祖先は早い時期に樹上への適応は遂げてはいたものの、巨大爬虫類が絶滅するまでは、やはり大々的に繁殖を遂げるまでは至っていなかったのではないでしょうか。

その大繁殖の様子ですが、この間の議論で、やはり原猿が樹上ニッチを占めた頃は、昼行性だった可能性もあると考え直しています。

一つは、単純に、昼行性の恐竜などが居なくなったことが「隠れ住む」ことを止め、大繁殖できた理由だとしたら、同類闘争圧力の極大化の前に、昼、夜を問わず、可能なニッチにまず適応放散しただろうということです。

もう一つは、アジアに住む原猿であるメガネザルの特徴です。メガネザルは夜行性ですが、28857で紹介したワオキツネザルとは逆に、夜行性動物の特徴である「タペータム」という光の感受性を高める膜が目に無く、昼行性から夜行性に回帰した種ではないかと考えられています。

そして系統発生的な研究によれば、多くの真猿や人に繋がる原猿の系統は、曲鼻類と呼ばれるキツネザル科ではなく、直鼻類と呼ばれるメガネザルの仲間と考えられています。但し、メガネザルは食虫性です。
リンク

おそらく、食虫性の初期原猿が天敵の消滅によって様々な形で昼夜のニッチに進出し、そのうち豊かな果実や葉を主食にして大型化し、そのために視覚を発達させた者が種間闘争に勝ち、ニッチを制覇して真猿への道を歩み、メガネザルのような種がニッチを追われて再び夜行性に戻った、というようなことが当時起こったのではないでしょうか。
 
  List
  この記事は 29409 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_29626
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
原猿→真猿へ 「Biological Journal」 06/12/04 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
外圧適応態
外圧適応と多様化
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
収束と統合とは生きているという状態そのもの
雌雄分化における統合
闘争適応と共生適応の関係A
人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している
ミラーニューロンと共認機能
改めて自然との共認
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
失語症の回復過程から言葉以前の共認を探る
主体認識と状況認識は一体では無いか
無意識とは本能・共認回路上の意識である
音読する感覚
音読と共認回路
対象への同化について
共認治癒力A
共認適応
ロール・レタリングという手法
脳構造についての視点
脳回路の2段階構造
胃腸から脳へ伝わる情報の方がはるかに多い
書籍紹介『奇跡の脳』B〜右脳マインドの働きとは?〜
書籍紹介『奇跡の脳』C〜左脳マインドの働きとは?〜
ドーパミンの基礎知識(ドーパミンの特異性)
ドーパミンは加速(増幅)物質
思考とドーパミンの分泌
エンドルフィンの不思議
エンドルフィンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その1
セロトニンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その3
「怒りのホルモン!」 ノルアドレナリン
「恐怖のホルモン!」 アドレナリン

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp