西洋医療と東洋医療
295845 ガンの最大の弱点は「超小食」
 
大西敏博 ( 60歳代 和歌山 会社員 ) 14/09/26 AM08 【印刷用へ
ガンの最大のエサが、ブドウ糖という事。つまり、ガンという漢字が「癌」と書 き、「品(食品)が山のように増えてなった病気」という本質を昔の人が見抜いているのは驚きです。

癌の弱点について(リンク)より

====================================================================

ガンの最大の弱点は「超小食」という こと。 もっと分かりやすく説明するなら、 「ガンの最大のエサがブドウ糖」という 事。

風邪の時と同様、“体力をつけるた め” という間違った知識のもとに、無 理やり食べるという現実があります。
ガン対策に関して、最も根 本的な致命傷です。

みなさん、『PET』という、癌診断器はご存知ですね。
 現在、直径3mm くらいのガンでも発 見できるという診断機器です。
このPETのガン発見原理は、ガンの性質を逆手にとったもので、体 にブドウ糖に似せた物質を注射し、
 1時 間後にその擬似ブドウ糖が体のどこに多 く集中的に分布しているか、ということ を調べるというものです。
がん細胞は、正常な細胞に比べて活動が活発なため、3〜8倍の ブドウ糖を取り込むという特徴があります。

PET検査は、その特徴を利用してたくさんブドウ糖を取り込ん でいる細胞を探し、がんを発見します。

このように「ガンの最大のエサがブド ウ糖だ」ということが分かっているにも かかわらず、現代医学(特に日本)は、 いまだ末期ガンで口から食物が入らなく なってきた方にブドウ糖の点滴をしてい ます。

抗がん剤や放射線治療でどうしようも ないくらい免疫力や体力を落とされてい るところに、ガンの最大のエサのブドウ 糖を与えるんです。

ガンというものには、 白米などブドウ糖に代わりやすいものを たくさん食べてしまうと、増殖と転移が 異常に早くなります。

ですから、アガリクスやメシマコブな ど、マスコミや業者の宣伝に踊らされて 1ヶ月10万円近く買っている方たち も、体力をつけるためという間違った常 識のもとにご飯を無理やり食べようとす れば、ガンの促進要因を思いっきり実行 させていることになり、高い健康食品の 効果を無にしてしまいます。

とにかく、ガンの方は、昔の精進料理 のような、カロリーが少なく、一日に2 食以内にとどめ、腹6分目に節制すべき です。

秋田大学医学部の小泉教授の実験で、 放っておけば100%ガンになる多発性 マウスを使った実験でも、腹8分目と腹 5分目のマウスでは、21ヶ月めに腹8 分目のマウスが26匹中7匹が悪性リン パ腫になったが、腹5分目のマウスは2 8匹中1匹もガンになることはなかった と言います。

つまり、ガンという漢字が「癌」と書 き、「品(食品)が山のように増えて なった病気」という本質を昔の人が見抜いている のは驚きですね。

あと、厚生労働省が言うような現代栄 養学などは、まったく当てになりません。

ガンの最大の弱点は
「超小食」です。
ですから、ガンの最大のエサであるブ ドウ糖の摂取を極力抑える事が重要で す。 最近はやりの「低インシュリンダイ エット」などは、ガンの方にも大変有効だと思います。
(今は低ではなく、断ですね。)

砂糖(特に精製されたもの)や代用甘味料は猛烈に体を冷やします。
 癌細胞は 、酸素を必要としない 「嫌気性代謝」という方法でエネルギーを獲得するので、 酸素の少ない場所、温度の低い環境で活発に増殖しま す。
ガン細胞は「特に35℃台の低体温で最も活発化する」 ということが明らかになっていますので、低体温の方 は要注意★です。

これは一番基本的な土台で、 癌細胞をやっつけるには、まだまだ沢山の情報があります。
でもこの基本的な事を頭にいれて生活していれば、健康になれるし、ダイエットにもつながるんじゃないかな?
 大切な子供をお菓子やジュースで砂糖漬けにしなくなるんじゃないかな?って思うんです。

自分の身体も、家族の健康も守りたいですね(^^)

===================================================================
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_295845
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
305716 世界中の医者はブドウ糖が癌の餌であることを知ってながら、治療中ブドウ糖を絶てとは言わない 佐藤晴彦 15/07/08 AM10
295991 天寿がんという捉え方 匿名希望 14/09/30 AM01
295948 命を守る!〜いま、赤ちゃんが青ちゃんに!〜 月あかり 14/09/28 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp