世界各国の状況
295621 マイPCを 「 家族の一員 」 と考えている現代人
 
宮地祐樹 ( 27 滋賀 会社員 ) 14/09/20 PM08 【印刷用へ
空港での厳しすぎるセキュリティー・チェックにハイテクマニアは戦々恐々としているそう。

しかし、「コンピュータが家族の一員」とは。。。

これからの世の中が不安になる記事だが、こういった状況も、本能・共認機能を正しく働かせることができれば拡大した対象領域を捉えなおすことができるのに。

遺憾です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜以下引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

テロリストが電子機器に爆発物を仕込んでいる可能性を指摘する米運輸保安局の通達により、空港での電子機器に対するセキュリティー・チェックはいっそう厳しさを増し、場合によっては機器の中までチェックされる。
これに反発しているのが、ハイテク機器を愛してやまないマニアたちだ。
知識のない警備員にノートパソコンやPDAが壊されることを恐れるあまり、飛行機の便をキャンセルする者まで出ている。

旅行の予定があるハイテクマニアたちは動揺し、激怒する者さえいる。
電子機器をより念入りに調べるために、空港の警備員が彼らの大事なハイテク機器を無遠慮に扱うことになったからだ。

自分が所有するデジタル機器にとくに強烈な愛着を感じる人々――なんなら、オタクという言い方をしてもいいが――は、空港のセキュリティー・チェックを通過するために、靴を脱がされたり、下着類まで探られたりしても、構わないかもしれない。

だが、ノートパソコンとなると話は別だ。

コンピューター・セキュリティーの専門家、ロバート・フェレル氏はこう語る。
「われわれの多くは自分のコンピューターを家族の一員も同然と考えており、中には家族以上の感情を抱いている者さえいる。
許可していないのに、私のノートパソコンをいじっているやつがいたら、絶対、相当痛い目に遭わせてやるよ」

ニューヨークにある広告会社でシステム管理をしているジェフリー・マシューズ氏も同意見だ。
「コンピューターのことなどちっともわからない人間が、私のマシンに手を触れることなど、とにかく許せない。
そういう連中は、汚れたTシャツや歯ブラシをだめにすることはないくせに、コンピューターは簡単に壊してしまうのだから」

ノートパソコンや、カメラ、携帯情報端末(PDA)、MP3プレーヤーなどの機器は、今や空港でいっそう厳しいセキュリティー・チェックの対象となっている。
これは、5日(米国時間)に発表されたテロリストが電子機器に武器や爆弾を隠す計画を立てている可能性があるという政府の警告に対応した措置だ。

米運輸保安局(TSA)の通達によれば、デジタル機器の中までチェックするのは、化学物質の痕跡など、よからぬ企みの意図を示す疑わしい兆候が、機器やその持ち主を対象とした最初の検査で発見された場合に限るという。

検査官は、乗客に対し、機内に持ち込もうとしたすべての電子機器のスイッチを入れるよう要求することになる。
これまでは、この検査を行なうかどうかは任意だった。
さらに、爆弾の製造に使われる化学物質の名残がないか探るため、ほとんどの電子機器は「においを嗅がれる」ことになる。

この検査では、機器を布や綿棒で拭い、爆発性の化学物質と接触したことがあるかどうか分析する。
だが、こうした調査手順を知っても、安堵するハイテクマニアはほとんどいない。
その多くは、ハイテクに詳しくない係員によって行なわれれば、基本的なチェックの段階でも、コンピューターが壊されるのではないかと恐れている。

[日本語版:長谷 睦/高森郁哉]
 
  List
  この記事は 295512 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_295621
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp