新資源・新エネルギーの開発は?
295590 石炭・石油というのは化石燃料は誤り!?
 
村田頼哉 ( 42 高知 企画 ) 14/09/19 PM11 【印刷用へ
今まで、私たちは学校・社会で石油有機由来説を教えられ、地層的に化石が少ない日本は、石油も天然ガスもない無資源の国であると信じ込まされてきました。そして、石油枯渇という危機を煽ることで、化石燃料から原子力へとエネルギー転換を強いられてきました。

そもそも、この石油有機由来説は本当なのでしょうか?

近年、注目をされているのが有機由来説とは真逆の無機由来説です。
この説は「地球の深部に元々ある炭素元素と水素元素が染み出し、湧き上がってくるものである。」という説で、地球上どこでも徹底して深く掘れば必ずや石油が見つかし、特に大陸のプレートの境目が比較的浅いところで見つかる、というものです。

つまり、石油・天然ガス・石炭の由来は、太古の生物の死骸(有機起源説)ではないという事です(※もし、この説が本当であれば、日本列島はプレート境界にあり実は適地ということになります)。


そもそも、石油“無機”由来説は、旧東側諸国では従来から定説とされていた学説でしたが、旧西側諸国では、定説とされてきた石油“有機”由来説に真っ向から反対するものであったため、長く顧みられることがなく、その後トーマス・ゴールドが取り上げたことで、西側諸国でも脚光を浴びることとなりました。

天文物理学者であるゴールドの説く石油無機由来説は、
・惑星が誕生する際には必ず大量の炭化水素が含まれる。
・炭化水素は地球の内核で放射線の作用により発生する。
・この炭化水素が惑星内部の高圧・高熱を受けて変質することで石油が生まれる。
・炭化水素は岩石よりも軽いので地上を目指して浮上してくる。
というものである。

無機成因論の根拠としては
・石油の分布が生物の分布と明らかに異なる(生物化石がない火山由来の岩石の中から原油が見つかっている)。
・化石燃料では考えられないほどの超深度(5,000m以上)から原油がみつかっている。
・石油の組成が多くの地域でおおむね同一である。
・ヘリウム、ウラン、水銀、ガリウム、ゲルマニウムなど、生物起源では説明できない成分が含まれている。
などが挙げられる。


この無機由来説に基づけば、一度涸れた油井もしばらく放置すると再び原油産出が可能となる現象を説明することができます(※実際、ロシアは枯渇した油田を再度掘り直して甦らせているそうです)。

また、超深度さえ掘削できれば、日本はもちろんのこと、世界中どこでも石油を採掘できる可能性があることになり、膨大な量の石油が消費されたとしても、掘削技術の問題さえ解決されれば枯渇する危険性はほぼ皆無であるとされているのです。
 
  List
  この記事は 294609 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_295590
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp