法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
295531 特別会計は究極の裏帳簿である⇒逆マネーロンダリング、一般会計予算の大半は特会へ:日本が自滅する日 殺された石井 紘基 (著) より
 
tennsi21 ( 58 東京 会社員 ) 14/09/18 PM09 【印刷用へ
通常「マネーロンダリング」とは、麻薬売買など犯罪で儲けた汚いカネをきれいなものに見せかけるための「洗浄」行為をいう。日本の財政では、それと逆のような操作が行われている。

・税金や社会保険料として集めたお金が「きれいなカネ」であることはいうまでもない。それを使うにあたって、その大半を特別会計という裏帳簿に入れる。つまり税や保険料の大半を、見えない裏帳簿に入れ、「汚染」させて使うのである。〜使途不明金になるわけですね。

これを平成一一年度の予算でみると、なんと一般会計の七割を特別会計に繰り入れた。一般会計予算は八一兆八六〇〇億円であった。そのうち特別会計を通して使われた五八兆円の内訳は国債償還費二〇兆円、前年度不足分一兆六〇〇〇億円、地方交付金一三兆五〇〇〇億円、公共事業費九兆八〇〇〇億円、社会保障等の補助金一六兆円のうちの一三兆円、などとなっている。

いったん特会のトンネルをくぐった公共事業費、社会保障費などは、大部分が補助金の形で地方公共団体や特殊法人、公益法人などを通して業者へと流れていく。それらの経路はすべてにおいて政治家とつながっており、金の流れは本流から傍流へ、傍流から支流へと消え去っていく。
日本が自滅する日 殺された石井 紘基 (著) より

以下全文 目次です。なんとネットで全文が読めます。
リンク
目次
・序章 真の構造改革とは何か―「もう一つの日本」を直視せよリンク
 旗印の正しさだけでは改革はできない 14
 不良債権処理は最優先課題か 16
 特殊法人の安易な「民営化」は事態を悪化させる 17
 危機をもたらした真の原因は何か 20

・第一章 利権財政の御三家1特別会計、財投、補助金
・第一節 誰も知らない日本国の予算
リンク
 本当の予算額は二六〇兆円 34
 税収二二年分の借金大国 38
 自分の借金を自分が引き受ける自家撞着国家 41

・第二節 究極の裏帳簿″特別会計
リンク
 闇の世界で三三〇兆円を動かす特別会計 52
 逆マネーロンダリング、一般会計予算の大半は特会へ 56
 利権の巣窟 ― 道路特別会計 57

・第三節 官制経済を支える闇予算″財投
リンク
 「財投」は「特会」「特殊法人」と不離一体 71
 複雑で無定見なシステム 72
 「財投」は市場の疫病神″ 77

・第四節 五〇兆円をバラ撒く補助金制度
 国民の金で国民を囲いこむ制度 86
 集金、集票の道具 89
 農水省の事務次官と技官、宿命の対決 92

・第二章 経済むしばむ官企業″― 特殊法人と公益法人など
・第一節 日本は官制経済の国だ
リンク
 事業、開発のための法律が三〇〇 112
 GDPに占める公的需要は極端に大きい 113
 資本主義の仮面を着けた社会主義 115

・第二節 特殊法人は法的には幽霊だ
リンク
 民間経済の上に君臨する特殊法人 122
 特殊法人は行政機関ではない7 124
 法が法を破壊している 126
  
・第三節 経済のブラックバス″特殊法人の姿リンク
 世界一のゼネコン1日本道路公団 131
 子会社は儲かり、公団は大赤字 132
 世界一のディベロッパー ― 都市基盤整備公団 136
 世界一の住宅ローン会社 ― 住宅金融公庫 139
 論理無茶苦茶の「財テク」集団 ― 年金資金運用基金 142
 「公共の宿」をなくせ ― 簡易保険福祉事業団など 145
 四五五億円のホテル ― 雇用・能力開発機構 147
 水も漏らさぬ収奪″ ― 水資源開発公団 150
 巨額の不良債権を抱える ― 石油公団 153

・第四節 利権に利用される公益法人
リンク
 公益法人とは何か 160
 天下り先の防衛に必死の防衛庁 162
 公益法人と政治家の関係 166
 勝手に国民の借金を増やす ― 民都機構 168
 経済無知から出たわざわい ― 第三セクター 169
 大規模開発の「夢の跡」 ― 苫東会社の解散 172
 もうひとつのあいまい法人 ― 認可法人 174
 地方も国の相似形 ― 地方公社 175

・第五節 就業人口構成にみる歪んだ姿
リンク
 活力ある社会の人口構成とは 178
 官企業の就業人口は、なんと四〇〇万人 180
 農水系と官公需依存企業にも一三〇〇万人 182

・第三章公共事業という名の収奪システム
リンク
・第一節 公共事業とは何か
 社会資本整備事業を独占する政府 188
 国会審議を締め出す公共事業計画 191
 「国民の声」を装う審議会 193
 借金″で行っている公共事業 195

・第二節 高速道、港湾、空港、農道の実態
 ラジコンの遊び場となった農道空港 200
 強引な乱開発「スーパー林道」 202
 狭い日本に一〇〇の空港 204
 羽田の国際線利用の道を塞ぐ国土交通省 207
 「一〇〇億円の釣り堀」を作る港湾建設事業 209
 大規模な自然破壊、諌早湾と中海の干拓 213
 本四連絡橋とアクアラインは質の悪い「犯罪」だ 214

・第三節 ダム建設という巨大なムダ

・第四章 構造改革のための二五のプログラムリンク
・第一節 官企業の全廃がもたらす経済の覚醒
 プログラム一 既得権益と闘う国民政権をつくる 238
 プログラム二 すべての特殊法人廃止を急ぐ 240

・第二節 権力の市場からの退却
 プログラム一二 特別会計、財投、補助金を原則廃止する 256
 プログラム一三 「開発」「整備」「事業」法を撤廃する 258

・第三節 国家予算の半減リンク
 プログラム一八 五年で予算規模を二分の一に縮小する 266
 プログラム一九 国債の新規発行をゼロにする 269
 プログラム二〇 「中高年一〇〇万人のボランタリー公務員制度」をつくる 
・第四節 品格ある「公務」の復活
 プログラム二三 「公務分限法」を制定する 275
 プログラム二四 行政監察を徹底し、会計検査院を強化する 277

・おわりに 284
リンク
 
  List
  この記事は 295352 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_295531
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
301665 他がために金は成る?@ -財務省にとって消費税増税は景気対策ではなくデフレ維持策- 紺碧空 15/03/01 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp