試験・身分制度の根深い害
295511 【書籍紹介】『メディアとプロパガンダ』(ノーム・チョムスキー著)〜世論なんてちょろい 〜彼らが政府・企業と結託する理由
 
ムカシ若者 ( 海の彼方 ) 14/09/18 PM02 【印刷用へ
295510のつづき

リンクから一部引用

***
エリートは「合意の捏造」がお好き

本書は月刊誌に掲載されていた、チョムスキーの短い論考からなるメディア批評である。メディアの発する情報がいかに権力に依拠し、国民を無力化と無関心に誘うかを事例に即して批判している。その上で、まず指摘するのは、アメリカのメディアの特徴だ。

〈支配政権を疑ってみるという、この仮説はだれでも何も知らなくても構築可能なものなのに、それを表明することは許されず、その証拠を議論することもできない〉
なぜならメディアには、〈自分で独自に考えて異議を申し立てる人を厄介者扱いして除去するさまざまなシステムが完備されている〉。

しかも、高い知的訓練を受けた人ほどそうなる可能性が高いというのだが、それは高等教育という、「合意の捏造を育む馴致機関」によって、すっかり教化されているからだと推測している。

「合意の捏造」とは聞き慣れない言葉だが、これはマッカーシズムやベトナム戦争への批判で知られるジャーナリスト、ウォルター・リップマンの造語だ。リップマンによると、民主主義は「合意の捏造」と呼ばれる統治に関する実践的な技術を開発したという。これにより物事を単純な善悪の問題に作り替えておいて、民意を問う。あるいは、感動しやすいストーリーを作り上げ、それに浸らせ、事実から目を背けさせることができる。

そもそも間接制民主主義には、国家の行く末を左右するような重要な意思決定や公益について、民衆は理解し、冷静に判断することができないのだから、政治家やテクノクラートといった専門家に任せるべき、というエリート主義が孕まれている。

エリート主義的な指向をもつ指導層にとって、民主主義国家の健全な運営のために必要なのは、あくまで民衆を形式的に選挙に参加させることであって、無知な大衆を政治上の選択に関わらせることではない。

チョムスキーによれば、「アメリカ合衆国憲法の父」と評される、第4代アメリカ合衆国大統領・ジェームズ・マディソンは1787年、憲法制定会議で「富裕な少数派を多数派から守ること」と発言。また、建国の父のひとり最高裁初代長官のジョン・ジェイは「国家の運営は所有者にまかせるべき」と言い放った。

こうした国家を領導するエリートは、政策実現のためならば、「合意の捏造」もいとわない。とはいえ、「合意の捏造」自体は、いかにも権力者が考えそうなことであり、それを非難したところで、目新しくはないだろう。

だが、アメリカのメディアの特性は、統治技術としての「合意の捏造」を産業として確立させたことだ。民衆を宣撫する工作をプロパガンダというが、それを産業化したのがテレビ、新聞などの大手メディアというわけだ。

***引用終り
これは、アメリカの問題ではない、日本の現実とも言える。
 
  List
  この記事は 295510 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_295511
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp