学者とマスコミが人類を破滅に導く
295506 チェルノブイリの教訓を福島に生かさない日本は崩壊する (とある原発の溶融貫通)
 
ECHO ( 中年 ) 14/09/18 AM09 【印刷用へ
「数百万人の運命を変えた事故の記憶が失われてはならない」。チェルノブイリ原発事故に関する旧ソ連政府や共産党の資料収集と、その内容の発表を通じ、元ウクライナ内務省大佐アレクサンドル・ナウモフ氏は未来への警告を今も発し続けている。

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)リンクより、以下転載。
------------------------------------------------------------------
チェルノブイリの教訓を福島に生かさない日本は崩壊する

暴き続けた衝撃の機密福島に警告生かされず元警官の無念と悔やみ

事故処理に一体、どれほどの人とお金が必要になるのだろうか。チェルノブイリの教訓はなぜ生かされなかったのか―。東京電力福島第1原発の事故を知ったとき、元ウクライナ内務省大佐、アレクサンドル・ナウモフの頭にまず浮かんだことだ。

予防体制の不備、安全への過信、秘密主義。チェルノブイリ原発事故当時、旧ソ連の体制側にいた自らの経験も脳裏によぎった。無念だった。

「数百万人の運命を変えた事故の記憶が失われてはならない」。チェルノブイリ原発事故に関する旧ソ連政府や共産党の資料収集と、その内容の発表を通じ、63歳のナウモフは未来への警告を今も発し続けている。

ウクライナの首都キエフの古いアパートに彼を訪ねた。2b近い大男。軍人一家に生まれたが「家の伝統破りで」警察官になった。鋭い目つきとは対照的に口元にはやんちゃな笑みも浮かぶ。

事故を起こしたチェルノブイリ原発4号機と清掃員。線量計は毎時6マイクロシーベルトを示した。4号機を覆う石棺が老朽化したため、石棺全体を覆う巨大ドームの建造が隣接地で進む。内部に残る核燃料をどう処理するかについては不明だ(撮影・バレリー・ミロセルドフ、共同)

▽愛国心で現場に

1985年4月、ウクライナ内務省はキエフ郊外に警察官を集め、核攻撃や原発事故に備えた訓練を実施した。ナウモフは当時、キエフの警察官。線量計の使い方などを練習したが「誰も本気でやっていなかった」。チェルノブイリ原発は世界一安全。「その言葉を誰もが信じていた」

訓練からちょうど1年後の86年4月26日未明「チェルノブイリ原発で大事故らしい」との信じ難い情報を当直の同僚が伝えてきた。まだ政府は沈黙していたが「現場には兵士や警察官が必要」と聞き、事故から3日目の28日、仲間6人と自主的に現地に向かった。「愛国心を示せという教育を受けていたからな」

当時の警察署にあった防護服は対化学兵器用。サイズも合わなかったが「ないよりはまし」と着用し、原発近くの町プリピャチに入る幹線道路や鉄道駅で人が市内に立ち入らないよう監視した。

半年後、目のかすみと腰痛で病院に行くと「あなたが身に付けている物も含めて放射性物質の汚染がひどい」と医師に言われた。入院すると「体が板のように硬直して動けなくなった」。隠していたコニャックを気つけに飲むと逆に気を失い、煙草を吸ってまた気を失った。「死ぬ準備ですね」と担当医師が皮肉った。

9カ月後に退院したナウモフは「昇進のため」に原発から十数`のチェルノブイリ警察署に赴任。89年には原発情報を担当する内務省技術情報部長に抜てきされた。

▽汚染肉を加工

そこで目にしたのは原発事故に関するソ連共産党政治局などの機密文書の山。「報道発表とまったく違っていた」。夢中で読み、こっそりノートに写し持ち帰った。

衝撃的な文書が数多くあった。85年5月8日付党政治局議事録には、周辺住民の被ばく許容量を「150万人の移住が必要になってしまうため、基準値を10〜50倍に引き上げることを承認する」とあった。

「汚染された家畜の肉を加工品に10%ほど混ぜ、ソ連全域に配ることを勧める」(86年8月22日付同議事録の添付文書)。汚染肉を処分せずに「薄めて」広域に分散させるという驚くべき施策だった。牛乳についても「安定供給を困難にしている」(同)との理由で、基準値の10倍を超えた汚染乳が出荷された。

当時の記者会見などで責任者は事実を隠し、うそと知りながらも上層部からの指示通り発言した。「頭の中のフィルターが自然に働いて『異常事態』はなかったことにする。ソ連時代の官僚の習性だった」

原発事故に関する機密文書は、ソ連崩壊直前の89年ごろから機密指定が順次解かれていったが、そのこと自体が一般に知られていなかった。内務省在職中からナウモフが地元紙などにその内容を暴露すると、省内で追及された。「省内の者でさえ機密指定が解かれていることを知らず、口封じをしようとした」

あの事故がもたらしたものは何か。事故後、政府はどう対処したか。これを明確にし、教訓としなければ惨事が繰り返される。その思いがナウモフを駆り立ててきた。

収集してきたチェルノブイリ原発事故の資料をウェブサイトに公開。チェルノブイリ現地の「案内人」としても各国に名を知られるようになった。

キエフの自宅で語るアレクサンドル・ナウモフ。最近はドイツやオランダなど欧州のメディアに依頼され、チェルノブイリを案内することが多い。元気に見えるが「40以上の病気を抱えている。手術が近いからチョコレートも食べられない」と嘆く(撮影・バレリー・ミロセルドフ、共同)

リンク
------------------------------------------------------------------
転載終了
 
  List
  この記事は 290715 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_295506
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp