西洋医療と東洋医療
294834 90%以上のガンは数週間のうちに完治する
 
アールティ 14/09/03 PM07 【印刷用へ
ガンの早期発見→手術・放射線治療・抗がん剤→ガン患者を生み出している。
知らなければ、自然治癒していたかも知れない。わざわざ見つけだし、悪化させるように仕向けるのが現代医療なのでしょう。そうやって何兆ドルもの利益を上げているのですから、簡単には手放せない。
食事療法、海塩、体温を高め免疫力を高めることで、ほとんどのガンが完治するそうです。

++++++++++++++++++++++++++++++++
『90%以上のガンは数週間のうちに完治』ガンを治すのに、手術も放射線治療も 化学療法も 必要ない
リンク
より、抜粋・転載します。

(前略)
私ははっきりと断言します。90%以上のガンは数週間のうちに完治します。ガンを治すのに、手術も放射線治療も化学療法も必要ありません。
しかし法律や患者を苦しめ殺害して何兆ドルもの利益を得ているガンの利権団体はこのような治療法でガンを治している私を妨害しています。法的にも私の治療法を公表することができない状態です。

Dr.レオナード・コールドウェル曰く:
医者としての経験に基づくと。。。。どの種類のガンも、2週間から16週間で完治します。それどころか、すぐに治るガンもあるのです。20年以上の経験を積んだ医師は誰もがガンが一瞬のうちに治るケースを知っています。

ガンを治すには、身体の解毒が必要です。次に、身体をアルカリ性に保つことです。そして、緑色の葉や野菜に含まれるクロロフィルの効果で酸素を多く体内に取り入れることです。身体をアルカリ性に保つにはカルシウムや他の微量元素ミネラルのサプリメントなどを飲むのが効果的です。これで数週間後にはガンが消えてしまいます。
ガンを治すには、身体をアルカリ性に保ち、自己治癒力(アルカリPhレベル→7.5以上に)を高める必要があります(これはアルカリ度がかなり高い状態です)。

(中略)
さらにガン患者が自分でガンを治したいと思うなら。。。未加工の食品だけを食べる完全菜食主義者(ローフードダイエット)になることです。

さらに、腎臓に疾患の無い方は、1日に1ガロンの水(小さじ1/2の海塩を入れる)を飲みます。人間の身体がうまく機能するには身体に電気を流す必要があります。電気を発するには塩が必要なのです。そのため、体内の塩分が不足すると高血圧になります。ただ、食卓塩(精製塩)を摂ると、塩の結晶が血管の膜を傷つけ血管内部が出血します。そして、出血を止めるためにコレステロールが傷ついた部分を覆うため、結果的にコレステロールで血管が狭くなり高血圧になります。塩は食卓塩ではなく海塩を使ってください。

コレステロールに関しては多くの誤解があります。コレステロールが不足すると死に至りますが、高コレステロールで死亡する人はいません。高コレステロール(600)でも病気にならずに健康的に暮らしている人がいます。コレステロールは、壊れた細胞を新しい細胞に再生してくれます。生まれ変わった細胞の80%がコレステロールの働きによるものです。従って誰もが250の複合?コレステロール値を保つべきです。しかしLDLやHDLを善玉や悪玉と呼んでいますが。。。これらはコレステロールではないのです。これらはコレステロールを運ぶタンパク質なのです。このように医療界ではバカバカしい検査しています。

(中略)

「自然海塩は"スーパー・サプリメント"」 by 『ガンは自宅で治す!』
リンク より
2011-01-21 12:06:03

こんな本が昨年末2010年12月にKKロングセラーズから発売されました。

「ガンは自宅で治す!」(ムラキテルミ著)

どんな内容かといいますと・・・

この本の著書・ムラキテルミさん(女性です)は、2009年9月に肝臓ガンと診断され、6カ所の大病院から余命3カ月と宣告されたそうなんです。

肝臓の3分の1を切除しても肝硬変になるだろうという手術に決心がつかないまま、仕事を整理し、療養に入ったのがすでに宣告から2ヶ月後。

病院に行くことになっていた日に、具合が悪すぎて行けず、家で片付けものをしていたときに、本棚から額に落ちてきたのが、石原結實医師の本「やさしい医食同源」だったそうです。

万病の原因は血液の汚れであると言う理論に、これだと思い、石原医師の指導をうけながら闘病をスタート。

一切の薬を断ち、体温をあげて代謝をあげ、排毒を促す石原メソッド。

その方法は、コップ3杯のニンジン・リンゴジュースを1日3回飲むこと。そして、基本的に食事は1日1食。しょうがと腹巻。

そして、なんと1年後、腫瘍は消え、がんが完治!大病院のお医者様もびっくり。

・・・という奇跡の体験談なんです。

(中略)
自然海塩は、他のサプリメントがいらなくなるほどの効果がある「スーパー・サプリメント」 まさしく、そうだと思います。
(後略)
(以上、抜粋・転載終わり)
++++++++++++++++++++++++++++++++
高価な薬品や材料は、一切無し、こんなことで完治したら、医者は儲からなくなります。だから、必死で阻止し、ガン患者を見つけ出し、恐怖を刷り込み手術、抗がん剤を薦めるのでしょう。
 
  List
  この記事は 294644 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_294834
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
296990 重曹は、癌にも効果あり。重曹で癌を叩き、食事で癌体質を改善する 供永涼助 14/10/25 AM01
296011 知られざる母子手帳の騙し 志水 満 14/09/30 PM06
296006 ダイエットをする時の飲む炭酸飲料はガンのリスクを加速させる 志水 満 14/09/30 PM05
295388 がん早期発見が体を蝕む 14/09/15 PM00
295152 70歳超の54%が服用の降圧剤 死亡リスクが10倍に高まる@ ムカシ若者 14/09/10 PM10
健康・医療分野における微生物の可能性を追求する 04 乳酸菌の作用・可能性の追求、「ヨーグルトで歯磨き★」 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 14/09/09 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp