学者とマスコミはグルで頭脳支配
294609 追求のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
 
岡田淳三郎 ( 70代 大阪 経営 ) 14/08/29 PM10 【印刷用へ
○CO2温暖化説の嘘
・そもそもこの10年間は地球の平均気温は上昇していない、むしろ低下。昨夏から北極の氷床は60%増えている。
・化石燃料を最も使った1940年から80年にかけて、平均気温は低下している。CO2濃度との相関関係はない。
・気温とCO2濃度の関係では、CO2濃度が上がると気温が上昇するのではなく、気温の上昇によってCO2濃度が上がるという関係が事実。(気温上昇によって海中のCO2が大気に放出されるため。) 因果関係が逆。
・CO2温暖化説の根拠は「温室効果」(二酸化炭素が熱の大気圏外放出を防いでいること)だが、温室効果の中心は水蒸気で97%の影響、CO2は3%の影響しかない。しかも大気中のCO2の熱吸収効率は飽和状態でCO2がこれ以上増えても殆ど影響がない。
・加えて動物やバクテリアが大気中に放出するCO2は、人間が工業等で放出する量の25倍。人間の放出量は殆ど影響がない。
・全ては原発等を推進するために政府が御用学者とマスコミを動員して作り出した屁理屈で、こんなものを未だに信じているのは世界でも日本だけ。

○プレート説の嘘
プレート説とは、地球は複数のプレートで覆われており、プレートが境界線で下に沈み込むことにより歪みがたまり、プレートが跳ね上がって地震が起こるという説。
・中国内陸での巨大地震など内陸での多数の地震は、プレート説では説明がつかない。またプレート境界上は地震地帯かつ火山地帯だが、プレート説では火山活動の説明がつかない。
・日本海溝〜マリアナ海溝は深さ10kmの断崖絶壁。もしプレートが沈み込んでいるとすれば、プレート同士が削られてできた岩石の堆積物が海溝につもって海溝はなだらかになるはず。
・プレート説は地球内のマントルの対流によってプレートが動くという前提だが、1990年にマントルの大半が固まった岩石であることが判明。従って、対流はあり得ずプレート説は完全に崩壊する。
・この説の下敷きになったのは大陸移動説だが、これは現在の地図から見たアフリカ西海岸と南アメリカ東海岸の形が重なり合うことからの類推。しかし、大陸の形はわずか数万年で大きく変わる(水没など)ので、それは全く根拠にもならない学者たちの稚拙な誤り。
・現在、最も整合性が高い仮説は、マグマの通り道があり、その地球表面で火山や地震が多発する(その結果、プレートも出来た)という説。古い断層のすぐ近くに地震による新しい断層が出来るが、プレート説だと力学的にそれはあり得ない。他方、マグマ説だと、地震で出来た断層の底部はマグマによって再溶接されて強固になるので、同じ場所では古い断層は動き難いという事実とも整合する。

○栄養学の嘘
「栄養は食事から得られる」と信じられてきたが、どうやら近代科学は以下のような簡単な事実さえ解明できずに、誤った認識を広めてきたらしい。
現代の栄養学では、〔食物を燃やして発生した熱量−排泄物を燃やして発生した熱量〕でカロリーを算出しているが、この計算式には何の科学的根拠もない。なぜなら、食物は人体内部で燃焼する訳ではないからである。
例えば、牛は草だけを食べているが、牛は草の主成分であるセルロースを消化も吸収もできないので、摂取カロリーはゼロである。しかし、500kgを超す巨体に成長する。この謎を解く鍵は、腸内細菌にある。腸内に生息する大量の微生物が、セルロースを分解して栄養を作り出し、牛はそれを吸収して成長している。
人間の大腸にも数百種、約100兆個の「腸内細菌」が棲んでおり、実は、人間も体内で摂取する栄養の大半は、この腸内細菌が産出している。つまり、腸内細菌が食物を食べて(分解して)栄養素を作り出しているのである。ところが、人間はセルロース分解菌を持ちあわせていない。従って、人間は固い細胞壁を破ることができないので、青野菜からは全く何の栄養も得ることができない。
ところが、学者たちは、カロリー計算の場合と同様に、細胞膜の中にあるビタミンやミネラルその他の栄養素を計算して、「青野菜こそ、最高の健康食」というキャンペーン(例えば、ポパイのほうれん草の缶詰)を繰り返し、「栄養素が壊れることのない生野菜こそが最高」などと盲信している。これは、もはや学者たちの思い込みによる宗教であり、そんなものは科学でも何でもない。
 
  List
  この記事は 294608 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_294609
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
302469 生野菜食主義がダメな5つの理由 1/2 斎藤幸雄 15/03/27 PM05
300027 「自分でがんを治した人」のネットワークに入る 神田昌典さんと読む『がんが自然に治る生き方』【2】 岡本誠 15/01/08 PM11
栄養学の嘘2〜ドイツの飢饉が実証した近代栄養学の嘘 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 14/11/18 PM09
296687 近頃は本物の台風よりも、強烈なマスメディア台風が列島を駆け抜ける。 持国天 14/10/17 AM09
296445 ノーベル賞受賞のIPCCが地球温暖化関係の報告書で誤りを陳謝 有賀藤次郎 14/10/11 AM09
295590 石炭・石油というのは化石燃料は誤り!? 村田頼哉 14/09/19 PM11
294644 追求のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3) 岡田淳三郎 14/08/30 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp