素人による創造
294608 追求のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
 
岡田淳三郎 ( 70代 大阪 経営 ) 14/08/29 PM10 【印刷用へ
○原発の危険を隠し続ける、政府・学者・マスコミ
・福島原発を巨大津波が襲う危険性が以前から指摘されていたにも係わらず「想定外の津波」と言い逃れ。
・法律の基準は1年間に1_シーベルト、しかし政府やマスコミは1時間あたりのシーベルト量にすり替えて「危険性はない」と発表。水や食品の安全基準も国際基準の200倍〜300倍に引き上げて「安全宣言」。これらは、ペテン以外の何者でもない。
・事故後も「原発がないと電力が不足する」「原発事故で計画停電が必要」と電力不足をキャンペーン。実際は、法律によって、原発が停止した時にそれを補う火力・水力発電所の設置が義務づけられており、従って、電力は火力・水力だけで充分余っている。従って、原発の必要性は全くない。これも、政府と学者・マスコミがグルになって国民を騙すための大嘘である。
・現在も大気の放射能汚染は拡大、特に汚染排水による海水の放射能汚染は深刻。廃炉の見通しも立っていない。原発事故以降の日本人の年間死亡率は、太平洋戦争での年間死亡率を上回っている!
・要するに、政府も学者もマスコミも、国民の安全も顧みずに、ひたすら隠蔽と誤魔化しを重ね続けている。

○TPPの嘘
TPPの本命は、アメリカのグローバル企業群による医療・保険支配とグローバル企業に都合の良い知的財産権支配による日本の富の収奪であり、グローバル企業の狙いは、グローバル企業の言いなりになる国家に改造すること(つまり、グローバル企業が国家の上に立ち、グローバル企業群による世界支配体制を構築すること)なのに、政府・学者・マスコミはあたかも農産物だけが問題であるかのように争点隠し。これも、国民を騙すための陰謀である。

○小沢問題の嘘
これらグローバル企業群は、彼らの要求に従わない小沢を潰すべく、検察が罪状をデッチ上げて無理矢理送検し、それをマスコミが3年に亘って大々的に報道。今や、裁判所も検察もマスコミもグルになって国民を欺き、彼らのやりたい放題となっている。

○最大の嘘が不正選挙
・2012年衆院選は、原発が最大の争点。2013年参院選・都議選は、原発・TPP・消費税が最大の争点。前後する地方選ではいずれも自民は記録的大敗(埼玉、千葉、名古屋、静岡、安倍の地元下関、小泉の地元横須賀等)。それは、国民の過半が原発やTPPや消費税に反対しているという証拠。にも拘らず、衆院選・参院選・都議選とも、自民が圧勝。これは、票の不正集計以外に、あり得ない結果。
<不正を裏付ける証拠>
・高松市の選管局長と計算係が不正集計で逮捕。手口は白票の大幅水増し。他にも、伊丹市で、大量の水増し代筆が発覚。
・中央選管は、発表を一ヶ月延期し、証拠隠し(告訴の期限は選挙から30日ゆえ)。
・参院選については選挙無効の訴訟が東京だけでも100件。全国だとその数倍。しかし、高裁は即日結審のインチキ裁判で棄却。マスコミも一切報道せず。
・都議選では2012年の猪瀬と2013年の舛添の各市町村別の得票率が全く同じ。これはコンピューターで操作しない限り、あり得ない数字。
・開票集計システムはムサシという会社一社が独占(投票用紙の製造、投票箱の管理、集計ソフトの製作と管理の全て)。集計ソフトによる集計は誰も監視できない。
・各地で投票所に行列ができたにも拘らず、「投票率戦後最低」。無効票史上最高200万。多くの票が抹殺された疑い大。
・全国17都府県で投票終了時間を通告無しに1時間から4時間繰り上げ(福島にいたっては全投票所で終了繰り上げ)。終了時刻から集計開始までの間における投票箱の不正差し替えは、誰もチェックできない。
 
  List
  この記事は 294551 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_294608
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
297032 自滅に向かう日本〜運動が必要なタイミングなのかもしれない 澤根和治 14/10/25 PM11
294840 新冷戦から世界大戦へ(1)〜兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相 佐藤晴彦 14/09/03 PM09
294609 追求のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2) 岡田淳三郎 14/08/29 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp