近代科学を切開する
294484 蚊を駆除するために遺伝子組み換えの蚊を利用、英企業が進める驚きの研究
 
コミキ 14/08/27 AM01 【印刷用へ
・英国のバイオテクノロジー企業が、蚊を滅ぼす可能性のある研究を行っている
・子孫を駆除する遺伝子をもつ何百万匹ものオスの蚊を、自然界に放つ予定
・メスとの交配で生まれてくる蚊は死に、数ヶ月の間に大幅に減少するという

確かに蚊は害虫であり、ヒトに病気を媒介する。だからといって、遺伝子組み換え技術を利用し、種を壊滅することが許されるのであろうか?

以下転載リンク
-----------------------------------------------------------------
・あなたを悩ます「蚊」、殲滅へのカウントダウン 「子孫を殺すオスの蚊」の破壊力
英国に拠点を置くバイオテクノロジー企業がデングウイルスを駆除する新しい武器を開発している。ブラジルの研究者たちが遺伝子組み換えにより子孫を駆除する遺伝子を持つ何百万匹ものオスの蚊を生み出しているのだ。

計画内容は次の通り。この遺伝子組み換えされたオスの蚊を自然界に放つ。このオスの蚊とメスの蚊が交配すると、生まれてくる蚊は成虫になる前に受け継いだ遺伝子によって死ぬ。担当の科学者によると、これを大規模に行えばデングウイルスを媒介する蚊の数は数カ月で大幅に減少するというのだ。その詳細を見ていこう。

・蚊は人類の天敵
蚊がもたらす疾病による年間死者数は他のすべての動物を合算した場合よりも多い。中でもデング熱の感染者数は年間で数千万人に上る。過去50年間でその発生率は30倍に高まり、ブラジルでは制御不能の状態に陥っているようだ。しかし英国のオキシテック(Oxitec)社はついに解決策を編み出したと話す。

遺伝学者で今回の遺伝子組み換えを監督するソフィア・バストス・ピント氏はチームとともに何百万匹ものオスの蚊の遺伝子組み換えを行っている。その唯一の目的は種が完全に絶滅するまでこの蚊を殺すことだ。

バストス氏は次のように話す。「私たちが行っているのはオスの蚊を自然界に放ちメスの蚊と交配させることです。オスの精子が卵子に入り、遺伝子がすべての子孫に伝達されます。こうして生まれた最初の子孫たちはこの遺伝子を受け継ぎ、そして死にます」。

この遺伝子組み換え蚊は子孫を成虫になる前に殺すようにプログラムされた遺伝子を持つ。つまりこの子孫が生殖することはない。生殖できなければ種全体が滅びることになるとバストス氏は話す。最近の試験では、デングウイルスを持つ蚊の地域個体群が96%減少した。

現在、バストス氏のチームはブラジルのカンピーナスにある研究所で蚊の遺伝子組み換えを行っている。この都市では今年に入ってすでに4万件のデング熱感染が報告されている。

オキシテック社によると遺伝子組み換え蚊が人間に何らかのリスクをもたらすことはなく、数百万匹の蚊を自然界に放つプロセスも安全だという。現在同社はこのプロセスを大規模に行うための承認が政府から下りるのを待っている。これにはしばらく時間がかかるだろうとバストス氏は言う。

同氏はまた次のように話す。「手続きは進んでいますが、遺伝子組み換えされた虫を商用目的で使用するための承認申請は世界で初めですから、許可が下りるにはしばらくかかるでしょう。」

蚊に種を殺す遺伝子を持たせることがデング熱対策に大きな効果があると証明されれば、マラリアなどの他の生物媒介による感染症でも成果が証明される可能性があるとバストス氏は話す。
-----------------------------------------------------------------
転載終わり
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_294484
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
294854 『遺伝子組み換え蚊』がデング熱を広める。 匿名希望 Z 14/09/04 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp