農村を活性化させる為には?
2941 無人島にて
 
越見東太 ( 37 大阪 都市計画 ) 01/04/07 PM11 【印刷用へ
>農業の営みの中には、生産消費的な側面だけではなく、生きる上での教育的な側面が多分にあったのに、薄らいでしまった。

農業や漁業(等狩猟)といった、自然を相手にする生産活動には、確かに人間を育てる”教育的な”側面があると思います。
以前、夏休みを利用した無人島体験というものに参加したことがあるのですが、その際にお世話になった漁師のおじさん(50歳半ばくらい?)なのですが・・・
まず、陸上生物である人類にとっては命がけの仕事であるということもあるのでしょうか、安全で快適な都会に住む我々とは本当に比べものにならない、自然に対する観察力というか、洞察力の鋭さがある。例えば、雨が降り始めるのを1分くらい前に予測してみたり、ちょっとした潮の流れの違いから漁の成果を予測したり・・・(うまい例が今一見つからないのですが、他にも色々)。
そして、何事も逡巡しない・・・きわめて判断が早く、間違わない。しかも非常に柔軟で合理的な思考と行動力。
・・・これは、自然に包まれて生きることにより、そこから受ける情報の多様性ゆえ、脳や感覚機能の発達が促進され、微細な変化にも敏感になる、感受性が豊かになる・・・という側面もあるでしょうが、自然という全く誤魔化しのきかない相手との闘いゆえ、正確に対象化する(前提として肯定する)ことなしには全く成果をあげることができないし、黙ってじっとしていても始まらない・・・ことに由来するのではないでしょうか。
・・・人間を相手にする時のような懐柔や私権的な押し付けは、自然に大しては、当たり前ですが全く通用しない。無力である。言い換えれば、自然には自我は全く通用しないと言え、彼らのおおらかで、開放的、友好的、非常に素直で正直、また、人に対するやさしさと同時に厳しさを兼ね備えた・・・気質は、そういった環境の中で、形成されるものではないかと思います。
少なからず”自我”のもたらす心の”壁”に悩まされ続けている都会育ちの我々が、いかに自閉的で、非力か、ということを思い知らされました。
最近、議論されている子供の教育問題に引き付ければ、これらの営為が、共同作業を伴うものであることも含め、子供時代に自然体験に留まらず、農業、漁業という自然相手の生産活動(=闘争課題)を担う(手伝う)ことが、健全な人間を育てる上での、一つの有効な手段になるのではないかと思います。
もう一つ・・・もう何年も何年もそうしてきているのでしょうが・・・自分で採った魚を自分で調理し、「うまい、うまい・・・」と言ってニコニコしながら食べる彼の姿が印象的でした。・・・自然に包まれ、漁をし、採れたものを皆で食べて生きる・・・シンプルな生活で十分満足しているし幸せだ・・・そんな感じでした。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2941
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
95470 自然には反応はあっても反論はない 内山竜太郎 05/08/02 PM09
87242 現実のみんな課題を突破していくための実現基盤 芝田琢也 05/03/12 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp