否定脳(旧観念)からの脱却
2940 規範回路と観念回路の断層
 
西知子 ( 26 京都 秘書 ) 01/04/07 PM11 【印刷用へ
>「権利」と「義務」を二本柱とする実定法のみを法にするのはおかしいじゃないかと私は思うんです。現代にも貫いている「法実証主義」は間違いなくどこか「病」んでいます。一般大衆としての私たちが共通して感じ、認識しているもっと根源的な「規範」「掟」に回帰すべき時が来ているんじゃないかと思うんです。


本来、規範意識→制度だと思うのですが、現実的にはそうはなってないですね。
むしろ、規範意識と法・制度は、反比例の関係にあるのが事実です。
これは何を表わすのでしょう。

自らの日常を省みても、法や制度に頼るのは、相手を信頼していない時(=自分が心を開いていない時)に限られているように思います。

友人との約束事は契約書を交わす事などない、だけど、信頼できない相手ほど何枚にもわたる契約書を確認して逃げ道や救いを法的に確保しておく。

お互いの信頼関係さえ、力による強制圧力を借りなければ成立しないような社会は、やはり「病」んでいるのでしょう。
だから、「法が整備されていて素晴らしい」という欧米賞賛論には、根本的な違和感を持っています。

又、「個人主義が責任意識を確立する」というのが嘘であるということは、「個人主義の確立した欧米ほど法による強制力が絶対的に必要とされていること」、「現在の日本が、個人主義に染まるにつれ責任意識が薄れ、それを防ぐ為には現実的には法や制度による強制しか効を成さないこと」からも分かります。
個人主義など浸透していない未開部族においては、成文化された法がないにも関わらず、己の都合のみに陥るケースが殆どないという現象からも、「個人主義と規範意識とは何の必然的因果関係もないこと」が明らかだと思います。

そして、「欧米人ほど主体性がある」というのにも疑問を持っています。私には、欧米人は、お互いに自らを律する状況判断・価値判断を力による強制圧力に委ね、あとはその範疇で己の自由に振舞うことにのみエネルギー(思考)を費やしているだけのように見えます。

なので、規範意識や責任意識については、よく聞く「自由と責任論」や「自我確立論」のような近代思想には可能性を感じず、未開部族の在り方や共認回路の構造に可能性を感じています。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2940
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
170520 法令遵守原理主義が生み出した病気 田中直人 08/02/08 AM03
170477 規範意識と制度の関係(過去から現在まで) 田野健 08/02/07 PM04
106935 西洋人の主体性は、集団を引っ張っていくものではない 小林雅志 06/03/07 PM10
96692 西洋の方が創造的に思える理由 野田雄二 05/09/01 PM09
89109 政治・宗教における民主主義≒選挙システムとの違和感 田中修 05/04/18 PM09
88404 なぜアメリカ人はパーティー好きなのか 走馬灯 05/04/05 PM06
84617 共認基盤を失うことの怖さ 平野令 05/01/25 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp