市場原理
29344 お金〜ことわざより〜
 
谷光美紀 ( 20代 愛媛 経理 ) 02/04/24 PM11 【印刷用へ
皆さんのご意見読んでるうちに、お金を私達ってどう捉えてるんだろう?って素朴に思いました。畑中さんの示された新しいお金感覚にも頷けるし(29210)、でも、自分自身仲間内でお金の話を持ち出すのになんか気が引ける感じもまだ残っている。そこのところがもう少し鮮明になるかと期待して、お金が使われている「ことわざ」を拾ってみました。

そんな中、
>「お金」をいかがわしく使ってきた意識とは、人類が500万年の歴史の中で培った「仲間との一体感」を破壊した、「自分以外は全て敵」という意識なのだと思います。(29076 松尾さん)
その通りや、って思うものがいっぱい目に付きました。

金の切れ目が縁の切れ目
金の貸し借り不和(ふわ)の基(もと)
愛するものに物を貸すな
近い者に金は賃さぬもの
金を貸せば友を失う
金は三欠くにたまる【金は、三つ(義理・人情・交際)を欠くぐらいにしないと、たまらないものである、ということ。】 
金は不浄(ふじょう)に集まる
金持ちと灰吹きは溜まるほど汚い
金蘭の契り【金を断ち切るほど堅く、蘭が香るように美しい友情のこと。また、非常に仲のよい親友のこと。】

他にも、ことわざではありませんが、よく大切な物を表現するのに『お金では買えない』なんて表現も使いますね。

正に、人との繋がり、和、友、仲間、といった本源価値に真っ向から対立し、それを破壊するものとしてお金は取り上げられていました。

その他(ついでに挙げれば)、強制圧力を示すものとして、
金が物言う
金さえあれば飛ぶ鳥も落ちる
成るも成らぬも金しだい 
金があれば馬鹿でも旦那
先だつものは金
金の光は七光

やや本源風(?)なものでは、
金宝より子宝
金は天下の回りもの
金は命の親命の敵   らがありました。

本源価値を破壊するものとしてお金を捉える観念は、なまじ今私達が求めているものが本源価値だからこそ、まだまだ私達の意識に混濁を伴って(警戒心として)残っている気がします。だから私も仲間内であんまりお金の話題を出したくないのだと・・・。

そういう現状では、人類が培ってきた本源的な意識を概念化して固定化していくこと(29076 松尾さん)と同時に、明確に実情に合わないことわざ(観念)を見直ししてゆくことも必要かもしれません。

 
  List
  この記事は 29076 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_29344
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
ユダヤ5000年の教え:“お金”のことわざより 「縄文と古代文明を探求しよう!」 07/09/02 PM09
29786 本当にお金がイカガワシイのか?イカガワしくしているのは私権格差と交換原理なのでは? 北村浩司 02/05/01 AM00
29462 「生き金」と「死に金」 坂本和久 02/04/26 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp