マスコミに支配される社会
292564 「二人に一人が癌になる」のトリック
 
阿部和雄 ( 41 東京 設備士 ) 14/07/19 PM09 【印刷用へ
『2人に1人が「がん」になる時代』
おそろしい時代になったものだ・・・というのが素直な反応かもしれませんが、ちょっと考えると次々と疑問がわいてきます。
・2人に1人が「がん」になるのが事実だったら、保険というシステムそのものが成立しないのでは?
・もし保険が成立するのなら「2人に1人」がうそだということになるのでは?
・そもそも「2人に1人」は実感とかけはなれているのだが?

調べてみると・・・やはり「2人に1人」にはトリックがありました。

以下(リンク)より転載します。
-----------------------------------------------
今やガンになる確率は二人に一人。
もうすぐ三人に一人がガンで亡くなる・・・などと言われている。
癌治療が目覚ましい進歩を遂げているような広告があちこちで繰り広げられる中、なぜ死亡者が増える?という素朴な疑問はさておき、ここを覗いてくださる方々は、癌患者は癌で死んでいないということを知っている。
治療により亡くなっていることは明白であり、よって何人に一人が癌で亡くなっているなどというデータは全くの無意味である。癌治療死と書き換えるべきだろう。

そして、保険、会社もそれを利用して一儲け二儲けしている。
これは某有名保険会社のHPの資料。

(生涯のうちにガンになる確率
 男性:55.7% 女性:41.3% 2人に1人はがんになる時代!)

恐ろしいデータだ・・・
やっぱりガン保険に入ろう。。。
・・・データが本当ならね。

先ほど言ったように、癌死は癌治療死。よって四人に一人は嘘。
以前も書いたが、例えば胃癌で死ぬとなれば、胃が腫瘍でいっぱいになり消化できなくなり栄養失調で亡くなる、大腸がんなら腫瘍で大腸が詰まりうっ血などして障害が元で亡くなる、肺がんなら腫瘍で肺細胞が酸素を取り込めなくなり窒息死・・・というのが本来の亡くなり方のはず。
しかし、実際は全身が弱ったり、異常な速さで他へ転移して(実際には転移の根拠自体を見た人間はいないという)ボロボロになったり、突然の心臓麻痺など、違う苦しみで亡くなっている。
なので、公的な癌死のデータは本来の癌データとしては無意味であると断言する。

では、生涯のうちに癌になる確率、男性55.7%女性41.3%(約二人に一人)というのはどうだろうか?
さすがに癌と診断されること自体が嘘というところまでは腐ってはいないであろう。
(医学会のデータの検証なので、癌は誰でも持っているので癌になったという診断自体が無意味という事実はこの際考慮せず、一般的な症例として考えます)
ではこの数字を信じるのか。
だとしたら二人に一人が癌と診断されるのは十分恐怖に値するのではないか・・・
やっぱり保険に入って・・・

違う。

これは「二人に一人」の元になるであろう日本の最先端「国立がん研究センター(前 国立がんセンター)」のデータである。

(別冊 宝島 「がん治療」のウソより)

18の癌の生涯リスクの%が記載されているが、一つ一つの確率は数パーセント。
一番多い男性の胃癌ですら11%である。
人は生涯で癌と診断され手術され闘病生活を送るのは一度か二度程度であろう。
その一度か二度ガンと診断されるかされないかの確率が「癌になる確率」である。
ここに提示してあるのは、食道癌になる確率、胃癌になる確率、結腸癌になる確率・・・と、部位ごとの確率であり、それを何故か合計して男性54%女性41%としてしまっているのである。

これはおかしい。。。
癌になる確率があり、その内訳が食道であり胃であり結腸であり・・・なのだ。
分かりやすく言うと「一生涯のうち、一度か二度、11%の胃癌になるか、1%の胆のう・胆管癌になるか」という選択をしてしまうという事であって、その「一度か二度癌になる」確率は別である。一人がこれらのリスク全てを負う訳ではないのだ。
単純に考えれば、一番多い胃癌の男性11%+α、大腸の女性7%+α程度が癌になる確率としても良いのではないか?
実際、周りを見ても二人に一人など癌患者はいないのだ。

できるだけ癌になる恐怖を印象づけたいという洗脳であると言って良い。

また、癌と判断されたとしても、先程も言ったようにその中で本当にその癌で亡くなる確率は非常に少ない。本当は治療などしなくても治る、治らなくても大きなダメージはない、高齢の為治らなくても普通に寿命をまっとうできる、という人が大半であると思われる。

なので、癌恐怖プロパガンダを排除し、正しい治療法を確立すれば癌死の確率は微々たるものとなるはずである。

そして、ガン保険というのも、日本・韓国・台湾などで広まっているだけであり、欧州では一般的ではないということだ。考えてみれば、がん保険CMでは「がん治療における給付金総額」等を大盤振る舞いのように見せているが、実際の治療費は仮に何百万掛かっても高額医療制度で返ってくる訳だ
よって、思っているほど自分の負担額は多くないのだ。
(中略)
何となく癌になったら莫大な金が掛かり、家を売れば・・・くらい考える人も少なくないはず。
もちろん結構な痛手であるが、保険会社の利益を考えると全く腑に落ちないところである。
データの嘘、莫大な金が掛かるような嘘、癌に対する恐怖の植え付け等を考えると、保険会社・マスコミのやっていることは犯罪的である。
 
  List
  この記事は 291813 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_292564
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
292835 誰もが健康ばかりを意識しすぎるから、老人を蔑ろにする 川井孝浩 14/07/27 AM09
292801 がん保険に騙されないための基礎知識 匿名希望 14/07/26 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp