学者とマスコミはグルで頭脳支配
292395 【福一】瓦礫撤去による2次汚染
 
小圷敏文 ( 壮年 大阪市 勤め人 ) 14/07/15 PM00 【印刷用へ
◆昨夏に実施した大規模ながれき撤去作業で放射性物質による2次汚染

引用開始・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 東京電力福島第一原発で昨夏に実施した大規模ながれき撤去作業で放射性物質が飛散して、20キロ以上離れた福島県南相馬市の水田を汚染した可能性を農林水産省が指摘し、東電に防止策を要請していた。(中略)

 原発から20キロ以上離れた南相馬市の避難区域外の水田14カ所と、20キロ圏の避難区域内の5カ所で昨秋に収穫されたコメから基準値(1キロあたり100ベクレル)超のセシウムが検出された。農水省が調べたところ、放射性物質は8月中旬に出始めた穂などに局所的に付着。事故当時に飛散した放射性物質を土壌から吸い上げたのなら均一的に検出されるため、穂が収穫された9月末までの間に新たに飛んできたものと分析した。

引用終了・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆がれき撤去作業に伴い作業員2人が被曝

 昨年8月19日、東電が第一原発3号機の大型がれきをクレーン車で撤去する際、別の場所にいた作業員2人が被曝して頭部から最大1平方センチあたり13ベクレルが検出された、ということがあった。そのことから、

引用開始・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 農水省は@コメからセシウムが検出された南相馬市はさらに風下にあたり、8月19日のSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)の計算では3時間で達するA基準超が複数検出されたのは同市だけB前年度は同地域のコメから基準超は検出されていない――などの理由から、8月19日のがれき撤去で飛散した可能性があると判断。今年3月に東電に再発防止を要請した。

〔図版〕リンク

引用終了・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆次の1号機の瓦礫撤去、どうする?

 無策のままに着手すれば、同様の2次汚染に繋がりかねない。それに対し、

引用開始・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 東電は3号機のがれき撤去を終えたが、高線量のがれきが残る1号機は手つかずで、建屋を覆ったカバーを近く解体する方針だ。「最も早く作業が進む方法だが、放出量は増える」とし、飛散防止剤の散布を増やして対応するという。それでも天候や風向き次第でどこまで飛散するかは不透明だ。村山武彦東工大教授(リスク管理論)は「飛散の可能性を情報提供するのが大前提だ」と指摘する。(青木美希)

「がれき撤去で飛散、コメ汚染 福島第一の20キロ先水田」
朝日新聞DIGITAL・青木美希2014年7月14日07時22分 より
リンク

引用終了・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 福一では、リスクの伴う作業が続く。

292006 微生物による放射能除染を反エントロピー物理学で見事に説明できる(その1)
292007 微生物による放射能除染を反エントロピー物理学で見事に説明できる(その2)
291820 放射能の分解消滅の原理の謎を考察する

などの知見を駆使した試みを期待したい。
 
  List
  この記事は 292007 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_292395
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp