西洋医療と東洋医療
292378 「不正疑惑の説明を」東大医学部生が大学総長に送った「公開質問状」に込めた思い
 
匿名希望 ( 大阪 ) 14/07/14 PM09 【印刷用へ
東大医学部でも、製薬会社との癒着と『不正疑惑』で揺れています。

>白血病の治療薬に関する研究では、東大を通じて患者の個人情報が製薬会社に流出した。また、東大教授が主任を務めたアルツハイマー病研究の国家プロジェクトで、臨床データの書き換えが指摘された。さらに、降圧剤の研究でも、東大教授の論文に疑惑が持たれている。

 とうとう、東大医学部の学生が、「このままでは、東大医学部で学んでいることに自信が持てない」と、総長宛に公開質問状を出したそうです。


以下 BLOGOS リンク より引用です。

「このままでは、東大医学部で学んでいることに自信が持てない」。東京大学の医学研究者がかかわった臨床研究で「不正疑惑」があいついでいることを受けて、東大医学部の学生有志5人がこのほど、総長ら大学側に公開質問状を出した。

学生有志が質問状を送ったのは、6月23日。2日後に大学から回答があった。しかし、その返答に納得がいかなかった学生は、30日にもう一度、公開で文書を送った。彼らはなぜ、こうした行動に出たのだろうか。「公開質問状」を送ろうと呼びかけた東大医学部6年の岡崎幸治さん(24)ら、学生有志に聞いた。

●「実習先で聞かれても説明できない」
「僕たちが求めているのは、不正疑惑が取りざたされている件について、そこに関わった先生たちから、学生に対して直接説明してほしい、という1点です」

岡崎さんは、こう話す。

白血病の治療薬に関する研究では、東大を通じて患者の個人情報が製薬会社に流出した。また、東大教授が主任を務めたアルツハイマー病研究の国家プロジェクトで、臨床データの書き換えが指摘された。さらに、降圧剤の研究でも、東大教授の論文に疑惑が持たれている。

「僕たちはまだ学生ですが、病院実習では直接患者さんたちと向き合う機会もあり、社会から見たら『医療者側の人間』です。実習先では『東大から来た人』として、こうした問題について聞かれたりもします。そうしたとき、ニュースや噂話をもとにしか説明できないのはおかしいと思ったのです」

身近なところで起きた、大きな「疑惑」。岡崎さんらは2月にも、疑惑が持たれている教授の一人に対して説明を求めたが、返答をもらえなかった。そのため、今回は、大学側に対して公開質問状を送ろうと考えたのだという。

「6月には、研究倫理についての『特別講義』が行われましたが、そこでも東大で今起きている問題については、スルーされました。大学側はすべてが決定するまで言及しないということなのかもしれませんが、せめて現状ぐらいは伝えてほしい」「こういった件に関わった先生方はまだ大学にいらっしゃるわけですから、メンバーである僕らも説明がほしい」

公開質問状に名を連ねた学生たちは、口々にこう話した。

●大学側は「考える会」を検討中だが・・・
「公開質問状」に対する、大学からの回答はどういう内容だったのだろうか。岡崎さんは次のように話す。

「学生が出した質問状に、きちんと返答をいただけたことについては、ありがたく思っています。大学側は、白血病の臨床研究である『SIGN研究』については、教員と学生が参加する『臨床研究の倫理と適正な活性化の方策について考える会』(仮称)の開催を、検討してくれているようです」

回答書によると、東大は他の疑惑についても、同じように調査が完了し、大学としての見解・対応が明らかにされた時点で、同様の会の開催を検討中だという。

●卒業へ向け「安心して勉強に打ち込みたい」
この「考える会」では、不十分なのだろうか?

「『考える会』が行われるのは今後、関係者の懲罰委員会を開いて、その結果が出た後とのことです。いつになるのかわかりません。

これからは僕たち6年生は、医師臨床研修マッチングや卒試、実習と、卒業へ向けてどんどん忙しくなっていく時期です。来年2月には、医師国家試験もあります。

7月の現時点で説明可能な範囲でも、やはり当事者となった先生たちから直接話を聞いて、安心して勉強に打ち込みたいと考えています」

岡崎さんはこのように話していた。

6月30日に出した2回目の「公開質問状」では、7月3日までの回答を求めている。彼らの思いは大学側に伝わるのだろうか・・・。
 
  List
  この記事は 287260 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_292378
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動27 実感投稿と現象発掘が会議室の生命
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動33 投稿様式の模索
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
素人の社会活動35 素人こそ創造者(論点の整理)
素人の社会活動36 探求思考と説明思考⇒表出(会議と投稿)のパラダイム転換
素人の社会活動37 表出規範(or思考規範・表現規範)
共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)
共認革命7 錯誤の根は、古い武力闘争のパラダイムにある
共認革命8 運動信仰を捨てて、共認革命を
共認革命9 強制共認と発信階級の犯罪
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである
共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
「まず実践」の問題性
市民という言葉の欺瞞
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
頭で理解しただけでは、新理論は使いこなせない
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp