法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
292016 【不正選挙】都知事選ピッタリなのは、今に始まったことではない!平成11年から。まさに騙しと隠蔽の実態そのもの。 RE:舛添氏の市区別の得票が、猪瀬氏得票の48%にピッタリ一致!!
 
アールティ 14/07/04 PM03 【印刷用へ
>舛添氏の市区別の得票が、猪瀬氏得票の48%にピッタリ一致!! 287819

には、驚かされたが、今に始まったことではなかった。下記、紹介のブログによると平成11年から(調べればもっと前からかも知れない)約15年も前から兆候があった。都民の多くは、誰も気づかなかったのだろうか?

不正選挙:(都知事選)こんな単純な数値工作だったとは?リンク より、転載します。

総務省から発表された選挙結果の数値を見ているだけでは何もわからないが、これを二次元にグラフで展開すると、まるで魔法のように歴然たる不正の跡が見えて来るものである。
blog「Ghost Riponの屋形(やかた)」さんにこんな調査結果が載っていた。
(ありがたい調査を独自にやってくれた)

そこに誰が見ても一目瞭然な単純な数値工作が表れた。
衆院選よりも都知事選の方があからさまなので、ここでは下のグラフを対象に見てみよう。
詳しくは、掲載元ブログのこちらをどうぞ⇒「Ghost Riponの屋形(やかた)」1/24

(グラフ)リンク

紺色の線は、投票者数の仮に67%のライン。
そこに、猪瀬氏の得票数を重ねると、どうでしょう?ほぼピッタリ。
多少の誤差はあっても、単純に投票者数の67%前後が猪瀬氏の得票数。
67%とは、すなわちただの2/3ということ。

では、黄色の宇都宮氏はというと15%が設定値のよう。形もまったく猪瀬氏の折れ線の相似形ということがわかる。
つまり、各選挙区の投票者数を67%と15%前後に割り振ったというのが明確だ。
猪瀬氏が2/3の大勢を確保するというシナリオが最初から設定済みで、実際の票の行方などまったく無視だったということになる。
どうしても自民圧勝と同時に、猪瀬氏の圧倒的な大勝が必要だった訳があからさまだ。
それにしても、実に大胆に幼稚なからくりに唖然とする。

では、過去の都知事選の石原氏の結果はどうだったのだろう。
それも調査してくれている。
こちらをどうぞ。⇒不正選挙:過去の都知事選の調査とグラフ化リンク
平成11年が30%、15年が70%、19年が50%、23年が45%これが事実だった。
なんてこった。
こんな単純な騙しにだまされて来たのだ。
各選挙の割合設定に、その当時の時勢に対する意味づけが表れているようだ。
随分と接戦を装ったときもあり、余裕で大勝したこともあり、しかし、設定がすべてなのだから決して負けることはありえない戦いだった訳だ。

都民はここまで馬鹿にされてどう思うのだろうか?
何も知らないということが如何に恐ろしいことか、まさに騙しと隠蔽の実態そのものだ。

ほかに衆院選の結果による調査ももちろんある。
以下を検討してもらいたいものだ。

blog「Ghost Riponの屋形(やかた)」
[1]不正選挙:過去の都知事選の調査とグラフ化リンク
[2]不正選挙:H24都知事選の各比較グラフ バレちゃいましたね(笑)リンク
[3]不正選挙:衆院選東京都の選挙区ごとの得票グラフ(小選挙区と比例)リンク
[4]不正選挙:衆院選比例のシミュレート 東京ブロックリンク

(以上、転載終わり)
 
  List
  この記事は 287819 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_292016
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
298915 得票操作の明白な証拠 東川 舞 14/12/07 AM10
295464 不正選挙で都知事になった舛添が、ロシアで胡麻を擦りまくる理由とその背景。 匿名希望 Z 14/09/17 AM08
295103 舛添都知事が「米国による日本政府への圧力」を暴露 Nirvana 14/09/09 PM10
女主導の原理と現代への適用 〜はじめに〜 「共同体社会と人類婚姻史」 14/07/19 PM05
292434 不正選挙の真の手口〜都知事選ピッタリだったのは、超簡単なこと! アールティ 14/07/16 PM00
292201 「アメリカにはびこる不正選挙」の衝撃レポート〜共和党と自民党が重なって見えてくる。 阿部和雄 14/07/09 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp