これからの暮らしはどうなるの?
29175 Re>書物でネット
 
細田卓司 ( 中年 香川 技師 ) 02/04/22 PM11 【印刷用へ
小野不一さんこんばんは。

>スピードが鈍ればネット上では死を意味します。
遅いレスでもう死んでるかも(^^ゞ・・


本屋さんにとっては、「書物を捨ててネットに向かおう」(これも引用なのですが) という投稿はかなり挑発的なモノになってしまったようで困ったものです。でも私は、書物を否定するものではありません。(かといって、本に頬ずりするほどの本フェチではありませんが(^^ゞ・・)
小野さんは、当然知ってる事でしょうが、本歌となった『書を捨てよ、町に出よう』の作者 寺山修二は、歌人でもあり、稀代の言葉マニアでした。彼の言葉は、詩集や歌集という書物となって多くの人に読まれたのでしょうが、寺山修二は、最後まで、肉声で語られる言葉にこだわりました。天井桟敷という演場で、家出少年・少女たちが語る言葉を通して(津軽のイタコの発するような)言霊を再生しようとしたのだと思っています。しかし、ドキッとするような、いくつかの言葉を残してこの言霊どもは、繁栄の中に消え去ってしまったように思います。

時はちょうど1970年前後-実現論の言う”貧困の消滅”による私権パラダイムの衰退が始まった時期でした。(実現論3_3_01 実現論 第3部 滅亡 ハ.貧困の消滅→私権の衰弱→性の衰弱)
 

>そうした共時性(シンクロニシティ)は確かにありますね。・・・

るいネットでの活発な議論の根底には、現代という肥大社会における滅亡という、まったく新しい事態に対して、人類は、どうやって立ち向かう事が出来るか、という問題があると思います。心の底では(潜在思念で)何か危機を感じ取っている。しかし、なぜこうなっているのか(構造認識)は、うまく説明できない・・従って、どうすればいいのか”答え”が無い。答えを皆が求めながら、難しすぎて・・やがて誰も考える事をやめてしまう。

人間的な、潜在思念の表現は、仲間の中で飛び交う,素の言葉なのでしょうが、そのなかに、皆の腑に落ちる言葉、答えの可能性を感じさせる言葉が,言霊のように響く事があります。まるで脳内のシナプスが発火して新しい脳回路が開かれるように感じます。
(”ネットワークは新たな観念機能” 辻一洋さん25204)

人間の頭と言うものは、多くの他者(仲間だ)と分かち合う共時性(シンクロニシティ)の中で無ければ、ものを考える事は出来ないのではないでしょうか。ましてや、社会の問題=自分も含むみんなの問題 そのものの事です。

”ネットのライブ感覚”(28912 )という端的な言葉で雪竹さんが述べているように、このような、潜在思念が響きあうネット上の演場に、新しい答えが生み出される、可能性を感じます。
 
  List
  この記事は 29023 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_29175
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
29305 輝きつづける言葉とは? 新井秉永 02/04/24 PM01
29181 小さな変革 小野不一 02/04/23 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp