近代市場の拡大
290687 明治維新はロスチャイルドが仕組んだ
 
垂心 ( 東京 ) 14/05/28 AM00 【印刷用へ
zeraniumのブログ(リンクより

お金の流れから世界の近代史を見てみると、大きな出来事がすべて一本の糸でつながっていることがわかる。
歴史の複雑さの謎が解けるのだ。
我々が学校教育で習った歴史や一般常識の歴史には、国際銀行家とお金の存在がそっくり丸ごと抜け落ちている。
そして出てくる登場人物は全て政治家や軍人だけである。
その歴史観を車にたとえるなら、自動車の外観だけを見て、車の全てを判断しているようなものなのだ。
我々が見ているのは車の外観だけで、歴史も同じなのだ。
戦争がどのように作られるのかといえば、その原動力はお金である。
そしてそのお金がどこから誰によってもたらされたのかを知ることなしに、本当の意味で歴史を理解することはできない。

国際銀行家のお金が日本に影響を与え始めるのは、幕末からである。
あの伊藤博文や坂本竜馬も、ロスチャイルド一族とつながっていた人物であった。
ロスチャイルドやロックフェラーの名前は教科書には出てこないが、実は歴史の背後には常に彼らの存在があったのだ。
江戸時代、長い間鎖国していた日本は、明治に入ると西洋文明を取り入れ、一気に近代化へ向けて加速して行った。
その裏には何があったのだろうか。

一般的な通説では、明治維新の一大事業を成し遂げたのは、薩摩藩や長州藩、それに土佐藩など地方の下級武士であったとされている。
代表的な人物には、西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允(桂小五郎)などがいる。
ほかにも、テレビドラマ化されて再三登場する坂本竜馬などがいた。
そして、彼らの背後にいたのが、ロスチャイルド一族の使用人であるイギリス人の、トーマス・グラバーという武器商人であった。
この人物こそが、明治維新のキーマンである。

グラバーは、イギリスのロスチャイルド一族の貿易会社マセソン商会の社員として中国の上海に来た後、日本の長崎にやって来た。
そこでマセソン商会の日本支社であるグラバー商会を立ち上げ、幕末の混乱を利用して薩摩藩や土佐藩などの倒幕側に武器や弾薬を提供した。
そして坂本竜馬もグラバーから約7000丁のライフルを売ってもらい、それを薩摩藩名義で長州藩へ横流しすることで、薩長同盟を成功させたのである。
つまり竜馬も、幕府を倒したいグラバーの計画通りに動かされていたのだ。
これを示すグラバーの言葉が残されている。

「徳川幕府の反逆人の中で、自分が最大の反逆人だったと思う。」

「このグラバーが日本のために一番役に立ったと思うことは、私がハリー・パークス(イギリス公使)と薩摩・長州の間にあった壁をぶち壊してやったことです。」

こうしてグラバーがイギリスのロスチャイルド家のために働く一方で、フランスのロスチャイルド一族は、江戸幕府を支援していた。
このように日本の幕末から明治初期の動乱の間、ロスチャイルド一族は、幕府側と倒幕側の両方に武器を提供して大儲けしたのである。
つまりどちらが勝っても彼らが利益を手にし、支配権を握るような仕組みであった。
これこそがヨーロッパで彼らが実践し、今もなお活用している手段である。
表向きにはイギリスとフランスは、日本の支配権争いで対立しているように見えていたが、これがロスチャイルド一族のやり方であって、彼らは国を超えてつながっていたのだ。
しかしそのことは、幕府側にも倒幕側にもわかるはずはなかった。

また日本の初代内閣総理大臣の伊藤博文は若いときに、長州藩の仲間と一緒にイギリスに留学している。
そしてイギリスのロスチャイルド家当主やそれにつながる人たちのお世話になっている。
この若者たちは5人いたので「長州ファイブ」と呼ばれたが、イギリス側からは「マセソン・ボーイズ」と呼ばれていた。
それは彼らの世話をしていたのが、ロスチャイルド一族に仕え、グラバーのボスでもあったマセソン商会社長のヒュー・マセソンだったからである。

日本人から見れば後に天下の宰相になるにしても、彼らはまだ20歳そこそこの少年たちに過ぎなかった。
伊藤博文をはじめとする5人の長州藩の若者は、いずれも後に明治新政府で要職に就くことになる。
ほかにも15名の薩摩藩士の若者たちがイギリスに留学している。
そして彼らは政治家になった後に、恩を受けたロスチャイルド一族の要求に沿った制度改革を実行に移していくことになる。

こうしてイギリス人の存在も含めて明治維新を見直すと、それはロスチャイルド一族とその配下のイギリス人たちが、日本の下級武士たちに起こさせたクーデター(倒幕)であったことが見えてくる。
その後、イギリス勢は下級武士と協力し、明治維新と呼ばれる数々の構造改革を行ない、日本を間接支配していくのである。
 
  List
  この記事は 290486 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_290687
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp