歴史データ
290553 城下町江戸の成立過程
 
K-brace 14/05/24 AM00 【印刷用へ
江戸時代については、歴史の教科書で習いますが、それ以前の江戸の成立過程については、学校の授業では習った記憶がありません。実は江戸の発祥は12世紀にまで遡ることがわかりました。古き江戸の成立過程を調べてみましたので紹介します。

江戸時代 (リンク)より引用します。

〜引用開始〜
■城下町江戸の成立
江戸の地に12世紀のはじめに秩父平氏の一人である秩父重継が住みつき、地名を姓として江戸四郎重継を名乗った。これが城下町としての江戸のはじまりである。秩父平氏というのは、武蔵国秩父郡から今日の東京都東部にまで勢力をはった平氏の一党で、江戸に本拠をおいたのは江戸氏、豊島にいたのは豊島氏、葛西にいたのが葛西氏と、おのおの居住地の地名をとって姓とした。江戸氏はその後約200年ほどこの地におり、江戸氏十八支流(六郷殿、丸子殿、鵜ノ木殿、蒲田殿、飯倉殿、金杉殿、桜田殿、芝崎殿、小日向殿、中野殿、阿佐谷殿など)といわれる大同族をしたがえ関東の有力豪族として栄えたが、やがて多摩郡の喜多見(現世田谷区内)に移って姓を喜多見氏とかえた。その後大田道灌が城を築くまでの約100年ほどは、江戸は無住の地であったらしい。

大田道灌が江戸築城にとりかかったのは1456年(康正2年)のことで翌年の1457年(長禄元年)には一応完成したといわれている。

1590年(天正18年)8月1日に徳川家康が江戸城に入城したが、このときの江戸城は本丸のほかに、二の丸、三の丸があり、また堀もめぐらしてあって一応の城としての体裁を整えていたが、まだ石垣はつかわれていなかった。また城下には萱葺の民家が100軒ほどあるのみであった。

このような江戸に大改修を加えて日本一の大大名徳川氏の城下町につくりなおしたのが1603年(慶長8年)からはじまる江戸市街地の建設と、1604年(慶長9年)からの江戸城の大改築である。掘割に囲まれた江戸城下町がひとまず完成するのは1636年(寛永13年)のことである。

1657年(明暦3年)の明暦の大火(振袖火事)で江戸城の本丸から天守閣まで焼いてしまった。江戸城下町はその象徴をなす江戸城天守閣ともども、ほとんど完全に焼き払われてしまった。そのときの死者は10万2千人といわれている。この大火を境に江戸の町は徳川氏の城下町から天下の城下町に都市改造を実施した。

■農耕地の増加と小農自立
戦国末期から江戸時代初頭にかけて大規模の用水土木工事が各地で行われ、その結果わが国農業中心地帯は、溜池灌漑による小盆地的平野地帯および枝川的小規模流水を灌漑源とする谷戸地帯から、大河川の下流域に展開する広大肥沃な沖積層に移るわけである。わが国の耕地面積が江戸時代初頭の終りごろ(1660年ころ)には室町時代の約3倍にもなり、革命的なことである。

その第一は耕地がもっとも農耕に適した肥沃な沖積地帯に移り、しかもその結果、約3倍という面積の増加に相伴って、わが国の農業生産が飛躍的に発展したことである。

第二に耕地の急速な増加が、それまで在地小領主たちののもとで、心ならずも半奴隷的従属状態におしこめられていた直接生産者である下層農民たちに、自立の条件をあたえたという点である。このような状況を「小農自立」と呼んでいる。

しかし、ゆきすぎた新田開発のために、全国いたるとこで洪水が頻発した。また、農民たちは年貢のかからない新田開発に熱中するあまり、それまでにある田畑の管理手入れを怠り、多量の荒廃田を生む結果になったのである。幕府は、1666年(寛文6年)に「諸国山川掟」という法令を出して、従来の開発至上主義政策にストップをかけ、以降はすでにできている田畑をていねいに管理耕作することによって、収穫をふやそうとする本田畑中心政策に移行する。限られた耕地に可能な限りの労力を投入して、一粒でも多くの収穫を得ようとする園地的精農主義農政はこのときからはじまり、日本の基本的農政でもあり、農耕思想でもあった。
〜引用終わり〜
 
  List
  この記事は 289764 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_290553
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp