健康と食と医
290530 食べることやめるには、腸の菌を育ててから
 
riverstone 14/05/23 PM01 【印刷用へ
『食べること、やめました。1日青汁1杯だけで元気に13年』という、衝撃的な題名の著者森美智代さんは、一日一杯の青汁だけで生きているという。

確かに人類史が「飢餓との戦い」であったことからすると、

>食事で栄養を摂取することは日常的にそれほど期待できなかったので、体は『“腸内細菌の産生してくれる栄養” に頼る生命機構を身に付けた』というわけです。これを『腸内細菌依存』と言います。(290349

『腸内細菌依存』は十分ありえます。
ここで、食べ物をほとんど得られない中で、その細菌は何を栄養にしているのか疑問に思いましたが、『食べること、やめました』(リンク)を読むと、不食の森さんの腸は、

草食動物に近い細菌構成になっていて、クロストリジウムという細菌がふつうの人間の100倍近い9.8%も存在するという。その、クロストリジウムなどの、繊維を分解してタンパク質を作る細菌たちは、腸内のアンモニアからアミノ酸を作り出すという。

(また、その他にも、植物繊維を分解できる菌が、人間の腸内には30%ぐらいいるのだが、森さんの場合は倍の60%もいるそうだ。)

要するに、生きている事でできる、代謝で出来たものを(普段は捨てているアンモニア)すらエネルギーに変えることが出来る、良好な菌が一杯の腸内環境を作ることが出来たら、食べなくっても生きられる状態というのもありえるように思えた。

___________________________________________
●探求三昧(リンク)、『食べること、やめました』より

(前略)
●不食によって、1日3〜4時間の睡眠で十分になった。
肌がつやつやになり、冷え性や慢性頭痛もなくなった。
そして、もちろん難病を克服したことが、最大の神さまからの恩恵となった。
通常は発病から死亡まで5〜10年ほどと言われる難病が、完治したのだ。

●科学的根拠は?
通常、人間が食物をとらずに数ヶ月以上生き続けることは、科学的にはあり得ないとされる。
では、森さんのケースもまったく説明がつかないのかというと、そうでもない。
部分的には、説明がつけられている。

まず、理化学研究所辨野義己先生が森さんの腸内細菌を調査した。
その結果わかったのは、森さんの腸内細菌は、人間としてはかなり特殊なもので、「まるで牛のおなかのよう」だという。
つまり、草食動物に近い細菌構成になっていた。
クロストリジウムという細菌がある。
この菌は、植物の繊維を分解して、アミノ酸を作り出してくれる。
ふつうの人間の腸内では0.1%しかいないのに、森さんの場合はその100倍近い9.8%も存在するという。

クロストリジウムを含めて、植物繊維を分解できる菌が、人間の腸内には30%ぐらいいるのだが、森さんの場合は倍の60%もいるそうだ。
牛などの草食動物は、草ばっかり食べていても、クロストリジウムのような腸内細菌のおかげで、動物性のものを食べなくても必要なタンパク質を摂取できるのだろう。

クロストリジウムなどの、繊維を分解してタンパク質を作る細菌たちは、腸内のアンモニアからアミノ酸を作り出すという。
アンモニアは、体内でタンパク質が代謝されたあとに残る代謝産物であり、「カス」なのだ。
アンモニアのままでは有害なので、尿として排泄される。
だが、アンモニアの中には、タンパク質の材料となる窒素がかなり含まれる。
このことを読んで、飲尿療法のことを思い出した。
私の周囲でも、実践している人がいる。
ああなるほど、こういう効果があるのだなと、今更ながら思った。

京都のルイ・パストゥール医学研究センターでは、森さんの免疫力が調査された。その結果わかったことは、免疫力の指標の一つである「インターフェロンα」が、普通の人の4倍以上もあることだった。
この免疫物質は、ウイルスやガンなどの腫瘍細胞に対する抑制作用が強いことが知られている。
断食や少食でガンや難病が治るのも、この免疫力の増強がものをいっているのだろうと森さんは書いている。

このように、森さんが不食でも生きていける謎については、部分的には説明がついているが、すべてが解明されているわけではない。
大阪教育大学の奥田豊子教授は、20年にもわたって、生菜食や少食実践者の栄養状態の調査をしてきた。

だが、森さんが食べなくても体重が減らず元気に過ごしている理由については、「現代栄養学的には説明がつきません」とのことだ。

生菜食・少食・断食
若い頃から東洋医学やヨガや民間医療を学んできてわかったことは、少食や粗食こそが人間の健康に至る道だということだった。
そして、体が不調なときには「ものを食べない」ことが、健康を回復する最善の道だということもわかってきた。
人間以外の動物でも、本能的にそういうことをやっているのだろう。

断食については、1日以上の断食はやったことがない。
だが、聖地巡礼に行く時には、その日の巡礼が終わるまでは必ず断食状態で臨んでいる。
朝から何も食べずに1日10キロ以上歩くこともあったが、特に何の苦もなくできていた。

(中略)
断食の効用については、石原結實さんという著名な医師が何冊も本を書いている。以下の過去の記事で紹介している。

•食べなければ死なない
リンク
•食べない健康法
リンク
•森鍼灸院Webサイト
リンク
•森美智代さんブログ
リンク
 
  List
  この記事は 259357 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_290530
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
302887 「それ」をやめるだけで肉体的・精神的・能力的に向上する 岡本誠 15/04/09 PM10
299999 小食に基づく特殊な脳波の共振(=チャネリング) 松井英仁 15/01/08 AM01
299129 腸内細菌が免疫力を強くする! 紺碧空 14/12/12 PM11
297792 断食の効用:免疫系を再生させる科学的確証 野崎章 14/11/12 AM03
296004 小食・絶食が長寿に関連する腸内細菌を増加させる 西谷文宏 14/09/30 PM03
『少食のしくみ−2』〜腸内細菌が、食べた植物を材料に必要な栄養素を創りだす 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 14/09/08 AM01
腸内細菌を増やすことで、人は食べることから開放される 「地球と気象・地震を考える」 14/08/25 PM06
農を身近に★あぐり通信vol.27:食べることやめるには、腸の菌を育ててから 「新しい「農」のかたち」 14/08/04 PM11
293127 なぜ人は野菜を食べるのか 北村浩司 14/08/03 PM09
291839 共生微生物を含めた新しい代謝過程 本田真吾 14/06/29 AM01
290948 リラックスのしすぎも病気を呼び込む 佐藤晴彦 14/06/04 PM09
290925 ”放射線”をエネルギーにする人達 rino 14/06/04 AM01
290767 人体の内部と外部を繋ぐ危険領域である腸管を共生微生物が守る 本田真吾 14/05/30 PM00
290729 少食によって、栄養・免疫の働き者であるマクロファージが、身体を整えてくれる 橋本宏 14/05/29 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp