人類の起源と人類の拡散
290376 「脱アフリカは13万年前」 3年前のるいネットの仮説を、ようやく学会が証明?!
 
西知子 ( 39 京都 秘書 ) 14/05/19 AM01 【印刷用へ
2010年の年末なんでや劇場『人類史の追求』で提示された、人類拡散の歴史

>19.5万年前、アフリカ東部(現エチオピア)にて、最古の現生人類が誕生した(単一起源説)。以後、アフリカ大陸で人口を増やしていった現生人類の一部は、12万年前の間氷期(温暖期、+2℃)を初めとして、それ以降何度も(数十回?)アフリカ大陸からユーラシア大陸へと渡ってきたと考えられる。(243120

が、学会でもようやく発見されたようです☆

以下、MSNニュースより引用紹介です。

*************************************************************

『人類の「脱アフリカ」は定説より早かった!? 現代人は13万年前にヨーロッパに到着していた(リンク)』

現人類の起源はアフリカで、20万年前に進化したと今まで言われてきた。そして科学者は、現代人類の「脱アフリカ」は4万年前から7万年前だと考えていた。しかしアラビアの砂漠で最近発見された石器は、少なくとも10万年前には現人類の地球横断が始まっていたことを示唆している。


■人類の「脱アフリカ」は13万年前

 これに関する最も新しい研究は、ハーベティ教授とテュービンゲン大学考古学科学研究所のチーム、そして人類進化/古環境のゼンケンベルグ・センターのチームが、イタリアのフェラーラ大学、フランスの国立自然史博物館のメンバーと共同で行い発表したものである。

 テュービンゲン大学のカテリナ・ハーベティ教授の最近の研究では、第一の「脱アフリカ」は13万年前でヨーロッパへ向かい、第二の「脱アフリカ」は5万年前でユーラシア大陸北部に向かったということが分かった。さらに、以前は移住は1回のみと考えられていたが、この研究により移住の波は数度あったことも判明した。

 人間の側頭骨は、現代人の人口の歴史を頭蓋骨の他の部分よりもよく反映する。そこで研究チームは、如何に人間がヨーロッパに移住したかを知るため、頭蓋骨の形状を分析した。科学者たちは可能性のある移住ルートや遺伝データおよび頭蓋の形を考慮し、従来とは異なる分散の説を試した。その結果、彼らは以前考えられていたよりも早く、アフリカからの移住が始まったことを発見した。

 研究者は、この新しい出アフリカ説は遺伝と頭蓋形状データの両方にぴったり合うと話す。初めの分散はインド洋の縁に沿って早くも13万年前(青矢印)に起こり、それにユーラシア(赤矢印)に向かう第二の分散が続いた。
「解剖学的な頭蓋比較と遺伝データの証拠の両方が、人類の分散が複数あったことを示している」とハーバティ教授は話す。

「たとえば、オーストラリアの原住民であるパプア人とメラネシア人は、南ルートに沿った初期の移住後に分離したことが頭蓋骨より分かる」と最初の研究の著者であり、テュービンゲン・チームのメンバーであるヒューゴ・レイエス・センテーノは言う。

 頭蓋の中にある印は、研究者がどのように現代人類がアフリカを去ったかの動きを追跡したかを示す。遺伝子配列データに加え、頭蓋形状の情報が現代人の移動のパターンを推論するために使用される。


■"人類の旅"の詳細はもうすぐ判明

 ヒューゴ・レイエス・センテーノ氏は、アジアの人々は約5万年前アフリカから北ユーラシアへの移動したグループの子孫と見られると付け加える。研究者は、遺伝学の継続的な調査および進歩によって、アフリカからの人類が拡散した様子を更に詳細に追跡できると約束している。

 13万5千年前から7万5千年前の間に起こった東アフリカのひどい干ばつが大規模な人類の移住、あるいは人口発展に影響したと推測される。今日の非アフリカ人の最初の祖先は、早ければ13万年前にアラビア半島を経る南ルートを通った。その後、彼らはアラビア半島沿岸からオーストラリア、そして 西太平洋地域に続いた。これらの地域は、考古学者と人類学者が十分に調査していない広大な地域である。従って、この地域において調査を行うことで、彼らの発見が今後裏付けされていくであろう。

 考古学において、時代の特定は容易ではない。ましてや今回の発見のように人類の遺伝的な要素からくる証拠と発見された石器の時代に矛盾がある場合はなおのことだ。今後、石器の時代を特定するテクノロジーと人間の遺伝子研究がますます進歩し、この2点から人類の起源がつぶさに分かる時代が遠からず来るだろう。

*************************************************************

 事実解明のためには、科学の進化も必要ですが、るいネットがそれ以前にこれだけの説を立てていたことを考えると、やはり論理整合性を軸にした仮説思考こそが事実解明(創造性)の原点なんだなと思います☆
 
  List
  この記事は 243120 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_290376
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp