健康と食と医
290349 真の栄養学とは?【食事で得る栄養は「補助栄養」でしかない!】
 
渡邉光太郎 ( 24 会社員 ) 14/05/18 PM03 【印刷用へ
栄養とは食事から得られるものである。
これは、至極当たり前のこととして人々に認識されている。

しかし、これが間違っていたとしたらどうだろうか。
当たり前をそのまま受け入れるのではなく、疑うことがこれからの時代では求められている。


以下(リンク)より引用
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 人類史はずっと「飢餓との戦い」でした。現在の日本人のように、人類の中で毎日三食も安定して食べられる民族が現われたのは、長い人類史上では、ここ最近の出来事なのです。長い長い人類史の、そのほとんどが飢餓や飢えとの戦いの連続であったために、人類は「飢えている時間」のほうが遥かに長かったのですね。
 
 それゆえ、食事で栄養を摂取することは日常的にそれほど期待できなかったので、体は『“腸内細菌の産生してくれる栄養” に頼る生命機構を身に付けた』といわけです。これを『腸内細菌依存』と言います。

 現代の日本人のように一日三食の食事を満足に食べられるようになったからと言って、この生命機構は何も変わらず引き続き続行中ですから、現代の人間の体も、人類が過去の「飢餓との戦い」の実地から身に付けたこの生命機構の通りに働きます。
 
 つまり人間の体は、まずは『腸内細菌が産生してくれた栄養』を優先的に使用し、食事から摂取した栄養(体外から摂取した栄養)は「補助栄養」として使用するのです。“腸内細菌が産生してくれた栄養” が主役であって、“経口摂取した栄養” はあくまで「補助的な栄養」なのです。


 人間の体は、食事を通して経口的に「体外から摂取した栄養」よりも、腸内細菌によって産生された(腸内細菌を通して体内で摂取した)栄養のほうを優先して使用します。経口的に「体外から摂取した栄養」が主役で使用されるのではない・・、これが「栄養摂取の真相」です。食事で栄養を経口摂取する “真の目的” は、「人間の栄養にするため」というよりも、『腸内細菌にエサを与えて健全に育てることで、人間が生きるのに必要となる栄養を、腸内細菌に産生提供してもらうため』というのが、「食事の第一目的」と言えるでしょう。

 体は、腸内細菌に産生してもらった栄養のほうが使用しやすいのです。
 なぜならば、大昔からそうしてきたからです。
 (上述のように、昔は飢餓が多く、食物が少なかったため、体は腸内細菌からの栄養提供に大きく依存していたためです)

 体は『腸内細菌が産生してくれた栄養』のほうを使用することに慣れているのです。
 しかも、食事で摂取した栄養はそのままでは使用できないので、たぶん体も骨が折れるのでしょうね(笑)。
 体は使用しやすい栄養のほうを使います。

 これが『真の栄養学』です。
 日本の栄養学は「食うこと(摂取すること)」しか言えていませんが、これは『腸内細菌学』が欠如した学問だからです。
 日本の栄養学はいまだ、中途半端な学問を卒業できていないのです。
 早く『腸内細菌学』を取り入れた食学へと進化して頂きたいと願っています。


 つまり、『真の栄養学』における「栄養摂取の真相」には、

  食物 ⇒ 経口摂取 ⇒ 腸内細菌のエサとなる ⇒ 腸内細菌が人間が生きるのに必要な栄養を産生 ⇒ 人間の栄養となる(食事から摂取した栄養(体外から摂取した栄養)は「補助栄養」として使用される)という流れがあるのです。

 食事とは「体外から栄養を摂取する」のが本当の目的ではなく、『腸内に飼っている腸内細菌にエサを与え、その腸内細菌が産生してくれる栄養を得る(摂取する)ために食事を取っている』というのが『食の真相』と言えるでしょう。
 食事を通して “経口摂取した栄養” が体内で使用されるのは「補助栄養」に過ぎず、栄養摂取の主役はあくまで “腸内細菌が産生してくれた栄養” なのです。これは、日本の栄養学がまだ正式に発表できないでいる内容です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
以上引用
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_290349
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
304210 栄養失調症≒腸内細菌失調症 稲依小石丸 15/05/21 PM09
303162 「いのちの歴史」を踏まえた食事 石山 巌 15/04/18 PM07
302239 腸内細菌は腸内酵素を作り出す「隠れた臓器」 稲依小石丸 15/03/19 PM11
295581 腸内細菌からみる人工甘味料。ノンカロリーなのに血糖値が上がる、なぜ? アールティ 14/09/19 PM08
294341 【現在の要素還元主義的栄養学はニセモノ】 加藤俊治 14/08/24 AM01
292078 ■微生物関連のindex 小圷敏文 14/07/06 AM03
291201 「炭水化物が人類を滅ぼす」の書評 匿名希望 14/06/12 AM02
291083 腸内細菌依存によるエネルギー摂取の代表例が乳酸菌 本田真吾 14/06/08 PM09
290889 西洋栄養学に異を唱えた明治のミネラル栄養学 北村浩司 14/06/03 AM01
290636 癌の自然抑制:「炭水化物を断つ」のではなく、「ブドウ糖を断つ」ということ 匿名希望R 14/05/26 PM03
290581 現代栄養学が語らない『セルロース分解菌』が宿主を生かす “栄養産生提供” という素晴らしきシステム! スズムシ 14/05/24 PM09
290575 人間の免疫の80%は、腸管免疫に依存している 竹村誠一 14/05/24 PM06
【花粉・アレルギーの原因は清潔志向にあり!?】科学を身近に☆NewStream 「地球と気象・地震を考える」 14/05/23 PM11
290551 腸内フローラ、民族と、風土と、食事と 狒狒 14/05/23 PM11
290529 その現象は本当にありえないのか?  -何も食べず、何も飲まない人々。人は不食で生きられるか?- Sugafield 14/05/23 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp