生命原理・自然の摂理
290034 海水と血液の関係
 
匿名希望 14/05/09 AM01 【印刷用へ
とみの心臓血管クリニック(リンク)より転載します。

----------------------------------------------------------------
身体の機能について

生物は何億年という太古の昔に、海水の中から原始的な植物として発生してきたらしい。これが少しずつ変化し、進化してやがて地球上に原始的な動物が生まれるようになった。さらにこれから永い年月を経て、高等な動物が現れて来たものであると言われている。

我々人類も地球上の一生物であるから、その祖先は同様の進化をたどったものと想像できる。すなわち人類のルーツは海であるということになる。このことについては、多くの学者が研究をし、書物にも表されているのであるが。

その証拠の一つとして、我々人間の身体の中を流れている血液の組成は海水の成分とほとんど同じであるということがあげられている。血液の中の血球(赤血球や白血球など)を除いた部分は血漿と呼ばれる液体であるが、この成分にはナトリウム、あるいは塩素といったものが大部分を占めているのである。

海水も塩水といわれるように、その成分はナトリウムと塩素が大部分でありその他少量の物質が溶けているのである。

さて人間の血液と海水の成分を詳しく調べてみると、人間の血液の濃度が海水よりも淡いことが知られている。逆に言えば血液よりも海水の方が濃いとも言える。

この両者の濃度の差異はどうして生じたのでしょうか。

これは太古の昔、生物は海水の環境と同じ条件に保つため身体の中に閉じ込めた海水すなわち血液を常に濃度が変わらないように、うまくバランスを保つ調節機能があり、この機能は親から子へと何世代を越えてもかわることなく延々と受け継がれてきたものである。

そして現代の人類の身体の中にも変わることなく昔と同じ血液が流れているのである。

一方、海水は陸上から流れ込むいろいろなもの、あるいは海中の生物の死骸などによって永い年月の間にだんだんと海水に溶け込むものが増えてきて原始時代の海水の濃度よりも濃くなってきたものと考えられる。

人間というものはうつろいやすく、変わりやすいものだ。それに比して大自然というものは動かず、変わらず、安定したものであるとして、この両者はいつも比較されるものである。

たしかに人間はその歴史の上で大きく変わっているようである。文化は発達し、知識は増え、大昔の人間の生活に比べると格段の差で発展し変化している事は事実である。

しかしこれはあくまでも人類のたどって来た表面の能力の変化である。身体の中身はおそらく何の変化もないのではなかろうか。縄文時代の人々と現代人の身体の中身は心臓の形も、血液の成分もきっと同じであったろう。あるいはもっと遠い昔から人間の身体には常に変わることなく恒常性をたもつような機能が備わっていたのである。

人は生まれごく短い命の間に死んでいくものであるが、生まれ代わり、死に代わりこの何万回もの繰り返しの間にも、何億年もの昔の海水と同じ条件をいつも体内に貯えることができるとは、生物に与えられた機能は計り知れないすばらしいものであると驚かずにはいられない。
 
  List
  この記事は 289793 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_290034
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
320864 輸血を受けると、最悪死ぬ? 匿名希望 16/10/22 PM06
307904 海水は生命を生かす源ではないか>ルネ・カントン 栗田明 15/09/21 PM09
290531 放射能防御としてよく勧められる食材 匿名希望 14/05/23 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp