健康と食と医
289475 癌の原因を探る 〜食べ過ぎだけでなく、飲み過ぎとの関連はあるのか?
 
竹村誠一 ( 40代♂ 長野 営業 ) 14/04/20 PM06 【印刷用へ
癌の原因については諸説ありますが、癌と食べ過ぎ(過食)との関係を調べています。国別に様々な要素を照合しながら仮説を検証していますが、そんな中、癌死亡率とアルコール摂取量に一定の関連性がありそうなことがわかってきました。

2011年の世界保健機関(WHO)の統計データをもとに比較してみましょう。

【癌死亡率 国別ランキングトップ20】
※全種類の癌につき10万人あたりの死亡者数(年齢補正あり。リンク
01位 モルディブ      261.5人  島嶼
02位 モンゴル       206.2人  アジア
03位 ハンガリー      189.5人  東欧
04位 アルメニア      173.4人  東欧
05位 セルビアモンテネグロ 171.2人  東欧
06位 ポーランド      169.3人  東欧
07位 クロアチア      165.5人  東欧
08位 ウルグアイ      164.1人  中南米
09位 チェコ        158.1人  東欧
10位 スロバキア      158.0人  東欧
11位 デンマーク      157.7人  北欧
12位 ラトビア       156.2人  北欧(東欧)
13位 スロベニア      155.8人  東欧
14位 グレナダ       155.5人  島嶼
15位 南アフリカ      155.5人  アフリカ
16位 ドミニカ       155.4人  島嶼
17位 ナウル        154.3人  島嶼
18位 リトアニア      153.1人  北欧(東欧)
19位 セーシェル      152.4人  島嶼
20位 サントメプリンシペ  151.6人  島嶼
(参考)
80位 日本         115.1人  アジア

癌=成人病=贅沢病のイメージがあったので、先進国・欧米諸国の名前が並ぶかと思いきや、むしろ発展途上国・中小国家群、中でも東欧(北欧)が目につきます。その理由としては、劣悪な環境汚染、および劣悪な労働環境とストレス、生活習慣から来る飲酒の影響が言われています。そこで、次はアルコール摂取に関するデータを見てみましょう。

【純アルコール消費量 国別ランキングトップ20】
※成人(15歳以上)1人あたりの純アルコール(ビール、ワイン、蒸留酒、その他)の消費量(リンク
01位 モルドバ   18.22リットル  東欧
02位 チェコ    16.45リットル  東欧
03位 ハンガリー  16.27リットル  東欧
04位 ロシア    15.76リットル  東欧(アジア)
05位 ウクライナ  15.60リットル  東欧
06位 エストニア  15.57リットル  北欧(東欧)
07位 アンドラ   15.48リットル  西欧
08位 ルーマニア  15.30リットル  東欧
09位 スロベニア  15.19リットル  東欧
10位 ベラルーシ  15.13リットル  東欧
11位 クロアチア  15.11リットル  東欧
12位 リトアニア  15.03リットル  北欧(東欧)
13位 韓国     14.80リットル  アジア
14位 ポルトガル  14.55リットル  西欧
15位 アイルランド 14.41リットル  西欧
16位 フランス   13.66リットル  西欧
18位 イギリス   13.37リットル  西欧
18位 デンマーク  13.37リットル  北欧
19位 スロバキア  13.33リットル  東欧
20位 ポーランド  13.25リットル  東欧
(参考)
70位 日本     08.03リットル  アジア

ここでも東欧が上位を占めており、確かに何らかの関連はありそうです。それが、厳しい外圧状況を前提にした食の貧困から来るのか?ストレスや過食・偏食との関係は?遺伝的な体質の影響は?など原因はいくつか考えられますが、今後はそのあたりを検証していきたいと思います。
 
  List
  この記事は 275913 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_289475
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
292636 サプリメント(抗酸化物質)の取りすぎは、癌を増やす。 匿名希望 14/07/21 PM10
290697 がん予防する食の8法則〜済陽式食事療法〜 ぱち 14/05/28 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp