西洋医療と東洋医療
289246 近代医療が金貸しに乗っ取られる過程@ 〜近代医療は労働者を資本家階級に奉仕させるための道具〜
 
松下晃典 ( 34 広島 kozo大工 ) 14/04/13 PM00 【印刷用へ
 引き続き崎谷博征氏の『医療ビジネスの闇 ”病気産生”による経済支配の実態(リンク)』よりポイントを紹介します。

 今回はどのように近代医療が金融財閥に乗っ取られたかを紹介します。

------------------以下引用------------------

■近代医療は資本家階級の「道具」

 なぜ現代医療にお金がかかるのか疑問に思っているのは、私たち日本人だけではありません。UCLA健康政策研究セッターの所長リチャード・ブラウン博士も、そのひとりでした。彼は「なぜアメリカの医療費が高騰し続けているのか」という疑問を抱き、アメリカの近代医療の起源を調べることで、その原因を突き止めたのです。『ロックフェラー・メディシンマン − アメリカにおける医療と資本主義』(邦訳なし)という著書の中で、ブラウン博士は、アメリカの医療が科学的医療と資本主義を起源にしていることを余すことなく書いています。また、ユースタス・マリンズ氏の著作『医療殺戮現代医学の巨悪の全貌』(面影橋出版)でも、欧米の財閥が一般社会の人々の健康ニーズに応えるわけではなく、自分たちの狭い経済的・社会的利益を守っていくため、資本主義にもとづく近代的医学を確立してきた歴史が解き明かされています。
 いずれも近代医療が資本主義という枠の中で発展し、欧米の財閥のために”産業化”したことが医療費高騰の原因と結論づけています。

(中略)

 科学万能主義が席巻していた20世紀初頭のアメリカでは、石油王のロックフェラーや鉄鋼王のカーネギーなどの大資本家が、すでに世界の金融王であったロスチャイルド財閥(ロスチャイルド財閥のアメリカ代表がモルガン財閥)の後押しを受けて社会を支配していくようになりました。

 彼ら大資本家たちは、多数の労働者を取り換え可能な機械部品のように扱っていました。資本家のもとでは、労働者は維持コストゼロの無限の資本として過酷な労働を強いられたため、短命ですぐに健康を害し、労働力としては使いものにならなくなったからです。

 しかし、労働者を取り換え、引き換えしていたのでは、その度に最初から教育し直なさなければなりません。それでは利益を上げるのに効率が非常に悪くなります。資本家たちは、科学的な手法で労働者たちを教育し、健康を向上させ、再生可能な労働資源として活用すれば、全体的なコストが下がるのではないかと考えていました。この考えのもと、科学的な手法で労働者や奴隷階級を教育していく目的で作られた学問を「社会科学」または「社会工学」(ソーシャルーエンジニアリング)といいます。社会工学は戦後の日本人の思想統治の手法としても流用されました。

 そして、科学的な手法で労働者の健康を維持する目的で作られたのが「近代医療」なのです。つまり、「近代医療」は、労働者を資本家階級に奉仕させるための道具だったのです。このシステムへの投資は、慈善事業をおこなうという名目で作られた財団を通じておこなわれました。本当は、財団は資本家が税金回避のために作ったのですから、近代医療への投資は一石二鳥といえました。

 現在、アメリ力では医師というと専門職の代表として、地位も高くお金持ちというイメージがあります。しかし、アメリカ国内では、19世紀末まで民間医療が主であり、医師は力も富もなく、地位も低かったといいます。医師になりたい人は、自分で名乗れば勝手に治療行為ができました。庶民は、自分の症状と経済状況に合わせて、治療を受けるか否か、受けるとすればどんな治療がいいのか、自分で選んでいたのです。そして医師は、患者の希望に合わせ、適当な方法と価格による治療を提供していました。ここでは自由競争があるため治療にかかる費用か莫大になることはありませんでした。すべては治療を受ける市民か選択できる「患者中心」の医療だったのです。

 しかし、そのような状況は、1910年を境に一変します。資本家たちが「近代医療」という手法で上から医療を独占し、コントロールしはじめたのです。その近代医療は、ロックフェラー財団のロックフェラー医学研究所(のちのロックフェラー大学医学部)から発展していきます。

------------------引用終了------------------
 
  List
  この記事は 289180 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_289246
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
289247 近代医療が金貸しに乗っ取られる過程A 〜大卒の医薬品を使う医師のみにお墨付きを与え、他の医療を排除する〜 松下晃典 14/04/13 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp