否定脳(旧観念)からの脱却
2891 自我とは?(フロイトとラカン)
 
西谷文宏 ( 24 和歌山 建築設計 ) 01/04/07 AM00 【印刷用へ
 実現論に書かれた「自我」は一般的に言われる「自我」とは少し違う。
 辞書を繙くと、こう書いてある。
じが 【自我】 〔英 self; (ラテン) ego〕
(1)〔哲〕 自分。自己。意識や行為をつかさどる主体としての私。対象 (非我)・他者(他我)から区別されるが、他我もまた一個の自我であ  る。人格や作用の中枢として、認識の根拠・道徳的行為や良心の座と  なる。⇔非我

(2)〔心〕
(ア)自分自身に関する主体としての意識の総体。自我意識。
(イ)精神分析で、イド・超自我とともに人格を構成する心的領域。イド  と外界の現実や超自我との間で現実原則に従って調整をはかるもの。エゴ。
【 大辞林第二版 】

 上の「自我」の定義だが、これはフロイトによって定義されたものであり、通常自我というと、この「フロイト自我」を指す。 ところが、この定義が極めて怪しい。
 「自分自身に関する主体としての意識の総体」こんなものが本当に存在するのだろうか?
 フロイトの弟子、ジャック・ラカンが彼の著「エクリ」の中で次のように述べている

自我とは主体の自律的、統合的機能ではなく、そのような機能についての妄想でしかない。 一連の自己愛的な(他者との)同一化の結果にすぎない自我は、想像でつくりあげた、自己を理想化する、主体の自己疎外の鏡像的構造である。」

 意識は固有不変の統合された何かではなく、時と場所によって変わるものであり、もし自分で自律的、統合的な「自我」というものを感じているのだとしても、それは妄想であるというのがラカンによる自我である。

 すなわち、自己認識のための意識の統合体としての「自我」(フロイト自我)など存在し得ないということである。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2891
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
91363 自我と共認の関係 廣重圭一 05/05/24 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp