法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
288267 政治権力がらみの「献血供給事業団」とは?
 
ヨネ ( 40代 関西 会社員 ) 14/03/12 PM09 【印刷用へ
「献血供給事業団」ってどんな団体か?
東京都では血液を運んでいるのは赤十字ではなく、献血供給事業団が委託されている構造になっている。
その代表が笹川尭といい、前のモーターボート連合会&日本船舶振興会(現・日本財団)の理事長にして日本のドンと呼ばれた、笹川良一の子息だそうだ。
政治がらみの人材と使命感のある人材が入り混じった、危険な団体。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下引用)
「事業団」名前自体が、なんだか元々省庁の部局か、日本赤十字社の外郭団体かなんかが、独立法人にでもなったんじゃっないかって、誤解を与えるけど、これがまた、例によって、「公益法人」と呼ばれる財団法人さまなんだよね。
しかも、この「献血供給事業団」ってのは、筋金入りって言うか、設立時点からある意味日本の「公益法人」あるいは、政治権力がらみ法人の代表みたいなもんなんだよね。

前提として断っておくけど、職員さんたちは使命感に燃えて奉職されていらっしゃる方も多いと思うし、現在は東京大学との共同研究となっている、臍の緒っつか臍帯血研究に道を開いた研究者様達には敬意を払うことにやぶさかではない。研究費は正論だけじゃ、確保できないのは私も同じだし。

でも、やっぱへんてこりんなんだよね。
東京で暮らしていると、献血供給事業団の緊急車がサイレンを鳴らして走っているのを見かけたことのある人も多いと思う。早い話が、手術等に必要な血液や血液製剤を医療機関に届けるのが一番の仕事なんだけど、じゃ、他の都道府県はどうかと言えば、これは日本赤十字の血液センターがやっているんだよね、ほとんどは。

はぁ?って思われる方も多いと思うけど、献血供給事業団は配送を赤十字から受託している構造になっているんだよね。
じゃ、何時からかって言うと、私が生まれるずっと前の、昭和42年財団法人献血供給事業団設立・専務理事・名誉理事長・理事長を経て平成2年7月会長就任って某国会議員さまの経歴に、燦然と輝く記載がある。
じゃ、某さまはどなたかと言えば、自由民主党群馬県連合会会長にして、衆議院議員群馬二区を地盤にする、笹川尭(たかし)先生なんだよね。

じゃ、笹川尭さまって何者かって言えば、前のモーターボート連合会&日本船舶振興会(現・日本財団)の理事長にして、日本のドンと呼ばれた、笹川良一様の御子息様なんだよね。ちなみに、そのまた息子の笹川よしひろ氏は41回、42回の衆議院選挙で連続落選してる。って関係ないけど。

そして、弟の陽平氏が現在の日本財団の理事長なんだよね。
献血供給事業団自体も、笹川尭先生の選挙がらみで、1995年には派遣していた政策秘書に支払っていた給与が、笹川事務所の経費に流用されて新聞沙汰になり、その際に、過去の選挙まで遡って、職員を選挙に派遣常駐させ、交通費やめし代まで、経費で支出していたことがばれて、大騒ぎになった。
ちょっと、今の感覚だと、そんなことがあった財団が、実質創立者の理事長様が交代することもなく存続していること自体が奇異なんだけど、それを言うなら、競艇の売上を文句も言わせず3%吸い上げている日本財団の理事長が、世襲だってとこで、何をかいわんやではあるんだよね。

(中略)
ハッキリ言えば、この財団の職員さんは2分してしまっている。使命感のある人達と、政治がらみの坊ちゃん嬢ちゃん採用者に。
成り立ちはともかくとしても、ここが大きな問題になってきていて、人命に関わる信じられない問題を頻発するようになっちゃてるんだよね、現実問題として。
(引用終わり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
 
  List
  この記事は 287845 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_288267
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp