健康と食と医
288023 「ジャンクフード世界事情」
 
匿名希望 ( 40代 ) 14/03/05 PM07 【印刷用へ
以下、リンク より転載します。

----------------------------------------------------------------
しっかりしてぇー。

「ジャンクフード世界事情」

<イギリス>
16歳以下を対象としたテレビ番組内でのジャンクフードの広告は実質的に禁止

<米国>
マクドナルドやキャンベルスープ、ペプシコを含む11の大きな食品販売業者が、12歳以下の子どもに対する、一定の栄養の基準を満たさない食品の広告を自主規制。
コロラド州では既に炭酸飲料(ソーダ)税を実施
またウォルト・ディズニー・カンパニーでさえも2015年から同社が運営するテレビチャンネルやウェブサイトからジャンクフードの広告を排除すると発表しています。
現在アメリカ全体でも 長年検討されてきたジャンクフード税ですが 近年再度課税の方向で検討しているそうです。
またジャンクフードに関わるトランス脂肪酸の使用禁止を昨年決定しました。

<台湾><ルーマニア>
ジャンクフードに対し課税する方針

<ブルガリア>
政府は、全国の学校の食堂や売店からスナック菓子や清涼飲料水を撤去した。

<韓国>
既にジャンクフードのTVコマーシャルは 午後5〜7時は禁止だそうです。
(ハンバーガーのCMは野菜比率を上げて何とかクリアし一応放送OKにしたらしい)

<ハンガリー>
砂糖や塩分の多い 飲食品に課税する通称 ポテチ税が既に施行

<フランス>
砂糖の添加された炭酸飲料に課税する通称ソーダ税が既に施行

<日本>
放置プレイ


ち、ちょっと。しっかりしてくれ日本!しっかりっ!

つか放送禁止どころか、夕飯時の子供番組のCMで流れてるんだけどハッピーセット!
ブラック・スポンサー…。

農薬漬けのポテトに、ホルモン剤入りのビーフに、抗生物質漬けのチキンに、人体に有害なトランスファット入りの油脂に、遺伝子組み換え疑惑の油で作られたシェイクにサンデーに・・って。
「放射能だけ気をつけていればマックやペプシやフラペはOK」ってなると、違う意味で健康を害すると思うし。
てかむしろ放射能より早く健康に影響すると思うし。

すべてひっくるめての食品安全でありたい。
 
  List
  この記事は 287840 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_288023
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
298777 ジャンクフードにヤミツキになるワケ 〜計算されて作られている 青島航 14/12/04 AM08
290908 ジャンクフードの健康への害はタバコによる害よりも大きい:ジャンクフードのパッケージにも健康被害を明記すべき(WIRED.jp) 匿名希望 14/06/03 PM07
289667 肥満の歴史は、異常な化学物質摂取の歴史 竹村誠一 14/04/26 PM08
288271 生姜チューブの成分は? 匿名希望 14/03/12 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp