新資源・新エネルギーの開発は?
287567 原子力村の利権を切り崩せるか?−都市ガス事業の全面自由化−
 
永峰正規 ( 44 大阪 建築士 ) 14/02/20 PM09 【印刷用へ
 東日本大震災のおける原発事故から、再生可能エネルギー等への取り組みは大きく進んだものの、原子力発電に取って代われるまでには到底至っていない。
 そのことを逆手に取るように、電力会社の傍若無人ぶりは度を増す一方だ。

 2016年には発送電分離や電力の小売り自由化を掲げて、政府も圧力を掛けようとしているが、電気料金の値上げを振りかざしながら原発再稼動を推し進めようとする暴挙を止めることは出来ないでいる。

 そんな中、経産省が思い切った決断を下した。
 電力事業の大きな対抗馬である、都市ガス事業の全面自由化を推し進めることで、エネルギーの価格競争そのものを活性化させようというもの。

 このことをわかりやすくまとめられた記事を紹介したい。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

現代ビジネス−経済の死角 
『都市ガス事業の全面自由化で、エネルギーの「価格競争」が始まる!』(リンク)より引用。

(前略)

経産省は今年夏をメドに制度設計を終え、2015年の通常国会にガス事業法改正案を提出。早ければ2016年にもガス事業の完全自由化が実現する。一般家庭でもガスの供給会社を選べるようになる見通しだ。家庭向け市場の開放で新規参入が増えれば、価格の競争が始まるほか、新たなサービスが生まれる可能性も出てくる。

○電力に比べて自由化が進んでいたガス市場

ガスの小売り自由化に踏み切るのは、今のままでは家庭のエネルギー・コストが大幅に上昇すると見られていることが背景にある。原発の停止に伴う火力発電の原料費用の増加などで、家庭用電気料金は上昇基調が続いている。また今後、福島第一原子力発電所事故の処理費用がかさめば、その分が電気料金に上乗せされる懸念も強い。

こうした中で、安倍晋三内閣は電力の自由化を決断。2016年には電力の小売りを全面自由化する方針を掲げている。発送電の分離や小売り分野への新規参入を促進することによって価格競争を促し、料金の上昇を抑え込もうという発想が根底にある。

もっとも、長年地域独占を続けてきた大手電力会社の既得権保持に向けた動きは根強く、思うように新規参入が進まない可能性もある。それでは料金の抑制はままならない。そこで踏み切ることにしたのがガスの全面自由化なのだ。

もともとガスは電力に比べて自由化が進んでいた。1995年から自由化が始まり、現在は年間使用量が10万立方メートル以上の大口販売については自由化されている。大口分野にはすでに30社近くが参入し、大口需要量の17%が新規事業者による供給になっている。新規参入の増加や供給地域の拡大もあって都市ガス全体の販売量も大きく増加。市場規模も膨らんできた。

都市ガス会社は2013年12月現在で209社に及び、様々な事業形態で営業している。東京ガス、大阪ガス、東邦ガスが大手で、この3社で全販売量の7割を占めるが、地域ごとに中小規模のガス会社が散在している。中には仙台市ガス局のような公営企業も含まれる。

(中略)

東日本大震災までは電力会社が展開する「オール電化住宅」などに押されていたが、震災による供給不安なども顕在化。ガスを利用した家庭用コージェネレーション(熱電併給)システムなどへの関心が急速に高まっている。ガス業者同士で戦うのではなく、電力会社との競争に勝つには自由化は追い風ととらえているようだ。

(後略)

(以上、引用終わり)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_287567
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp