市場の支配構造
287546 文明と経済の衝突 ―村山節+浅井隆
 
匿名希望 14/02/20 AM10 【印刷用へ
文明と経済の衝突という題で、13世紀からの覇権国がスペイン→オランダ→英国→アメリカという推移を歩んできたのはなぜか?また21世紀以降の世界の覇権はどうなっていくのか?について興味ある記事がありましたので紹介します。【リンク
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
文明と経済の衝突は評論家の浅井隆さんと、文明法則史800年説を提唱されている村山節先生の共著だ。文明や国家の栄枯盛衰はおおまかに800年周期で昼と夜のように入れ替わり1600年周期で1周するという壮大な仮説で、あの文明の衝突の著者サミュエル・ハンチントンも注目しているという。
村山先生は天才の出現を研究するうちにある法則があることを発見する。それは文明が起こる時、叙事詩人が出現し次に叙情詩人が出てくる。そして散文、演劇の天才が出て、文明が下り坂になると哲学が盛んになるという。大思想や大宗教は社会秩序の衰退期に現れる。

一方浅井氏は1200年代からの西側資本主義隆盛期の覇権国移行時にバブル期とその崩壊現象があるという。13世紀からの覇権国の推移はスペイン→オランダ→英国→アメリカであるが、覇権国が新興勢力として台頭する時期にバブルの膨張、大暴落、そして不況というパターンがある。

スペインの力が衰えオランダが台頭すると、チューリップバブルが起こりそれがはじけた。オランダが衰退して英国が台頭すると英国で南海バブルが事件が起きる。その英国が衰退するとアメリカが台頭するが、世界大恐慌を引き起こすことになる。

しかも覇権は同盟国もしくは植民地間で移行することになる。オランダはスペインの植民地であり、英国とオランダは一時国王が一緒であった。英国とアメリカは説明の必要はあるまい。

しかしライバル国に覇権が移行することはない。南海バブル事件と同時期フランスでミシシッピ会社事件があったがオランダからフランスに覇権移行は起きなかった。覇権国と次覇権国は敵対し軍事費の負担に耐えかねて次覇権国が没落するのである。この時の英仏、近年の米ソが当あてはまる。

文明法則史800年説では1200年から2000年までは西が陽で東が陰である。西欧近代文明は東洋を圧倒し日本以外はほとんど西洋列強の植民地もしくは影響下に落ちた。しかし2000年以降は東側が陽の時期に入る。しかし移行には夏至が6月なのに実施の夏期が8月であるようにタイムラグが1世紀ほどあるという。

5世紀〜13世紀の東洋の覇権国は支那大陸の唐や宋であった。そして文明の移行期の現在はアメリカが覇権国であることは間違いない。21世紀以降の覇権国は中国の可能性も否定できないだろう。しかし著者2名はそれは「日本」であると断言している。移行期の覇権国は文化的な面より科学や政治、軍事といった面にその優位性がある。ローマ、元、アメリカ然りである。
よって両名は結論する。21世紀はアメリカの時代である。日本が出る幕はない。しかし21世紀後半アメリカの国力は急速に落ちると予測されるという。日本は増々アメリカ支配が強まることになる。特に著者が指摘するのは軍事力と穀物だ。化学肥料も農薬も石油製品でありその石油を支配しているのはアメリカだ。

さらに特許、ハイテク、金融とアメリカは日本支配を強めるという。しかし2025年位にどん底を迎えた我が国は方向転換を行い奇跡の回復を成し遂げる。アメリカは21世紀後半急速に衰退し22世紀初頭覇権の移行が起こることになる。

しかし日本の覇権も1世紀100年で中国が取って代わることになる。さらにインドもその実力があるという。日本と中国、インドの関係はギリシャエーゲ海文明とローマ帝国の関係に酷似する。文化的な文明であったギリシャ文明をローマ文明は情憧していた。日本は知や文、徳の文明であり、アメリカ、中国は武の文明だということだ。

何れにしても21世紀前半はアメリカに対し日本は隠忍自重の関係だろう。そのなかで覇権を目指す中国とどのような関係を築くかは21世紀前半のグランドストラテジーになる。デモクラシーにおいての民衆は国策決定の担い手である。文明の大転換期であると自覚が我が国は政治家や国民には欠乏している。

日本は政治的迷走を続けているがもう一度明治維新、終戦時に示された五箇条の御誓文を参照しなければならない。そこには21世紀の日本のビジョンが示されているからだ。それを参照することによって大きな方向から国策が逸脱することはないと思う。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
以上転載終了
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_287546
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
287857 文明法則史学800年周期説と日本 匿名希望 14/02/28 PM09
287684 歴史の転換は人々の集合的無意識の噴出によって起こる コスモス 14/02/23 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp