健康と食と医
287401 癌の増加は、変化している外圧に細胞が適応しようとしている兆しでは
 
匿名希望 14/02/16 PM11 【印刷用へ
がん細胞は遺伝子を複製する時のコピーミスにより生じるものですが、生物の細胞には外圧の変化に対応(適応)する為に、必ずこのコピーミス=範囲の機能が仕組まれています。
ということは、昨今ガン化が増えてきているということは、何らかの外圧変化を感じ取り、人類の細胞がそれに適応しようとして、変化しようとしているのでは?とも考えられないでしょうか。

がん発生のメカニズム(リンク)より参照

●遺伝子の異常を修復するしくみ
 がん化に導く遺伝子の異常を見つけて修復しようとする特殊な遺伝子も、いくつか見つかっています。
@DNA修復遺伝子(しゅうふくいでんし)
 がん遺伝子の発生は、細胞分裂の際の遺伝子情報の伝達エラーや、発がん物質その他の外的要因によって、遺伝子を構成するDNA配列に障害が生じるためにおこってきます。実は、生体には本来、このDNAの傷害がおこると、DNA修復酵素(しゅうふくこうそ)がはたらいて傷害を修復するシステムが備わっていて、修復を指令するDNA修復遺伝子が存在することもわかってきました。このDNA修復遺伝子に異常がおこるために、がん遺伝子が発生しやすくなる場合もあります。ごくまれですが、遺伝性大腸がんや色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう)が、その例です。

Aアポトーシス
 また、細胞は、老化やDNAの傷害に対しては自然に死ぬようにプログラムされています。DNAの傷害を修復できない場合は、アポトーシスという細胞の自殺機構がはたらき、細胞を死なせてがん細胞の発生を防ぎます。この修復システムに関係する遺伝子に異常がおこり、システムが正常に作用しないと、死ぬべき細胞が異常増殖を始め、がん化する場合もあります。

◎がんを発生させる環境要因
 現在、がん遺伝子の活性化とがん抑制遺伝子の欠損のどちらかが、がんの発生に大きくかかわっていると考えられていますが、なぜおこるのかその理由はまだわかっていません。おそらく、外部からつぎのような環境要因が加わるためではないかと考えられています。

@発がん物質
 動物実験では、ある種の化学物質にくり返し接触させたり、あるいは摂取させたりすると、がんが発生してくることが確かめられています。このようながんを発生させる物質を発がん物質といいます。また、大気汚染物質、排気ガス、いくつかの食品のかび毒や食品添加物、たばこなどが発がん物質としてやり玉にあげられていて、研究が進められています。

Aウイルス感染
 動物に発生するがんのなかには、たとえばネズミの白血病(はっけつびょう)のように、ウイルスの感染との関係がはっきりしているものがあります。
 人間のがんでも、アフリカの黒人に多いバーキット腫瘍(しゅよう)や、台湾に多い上咽頭(いんとう)がんは、ウイルス感染が引き金になっている可能性が高いといわれています。また、成人T細胞白血病や子宮頸(しきゅうけい)がんは、ウイルス感染が原因であるとする考え方が強くなってきていますし、肝がんになった人の血液を調べてみると、その多くがB型肝炎やC型肝炎のウイルスの保有者です。

B放射線照射
 大量の放射線を浴びたり、少量の放射線でもくり返し長期間浴びていると、皮膚がんや白血病がおこってくることが知られています。

C紫外線(しがいせん)
 紫外線は皮膚がんの原因となります。紫外線に対する保護作用のある皮膚色素(表皮メラニン)の少ない白人にとくに多く発症がみられます。

●がんは遺伝するか
 がんには遺伝子が関係していますが、基本的には、親から子へ遺伝する病気ではありません。
 非常にまれですが、子どもにみられる、目にできる網膜芽細胞腫や腎臓(じんぞう)にできるウイルムス腫瘍のなかのごく一部が、遺伝するがんとして知られています。また、がんそのものの遺伝ではなく、がんのできやすさが遺伝する病気として、大腸がんになりやすい家族性大腸ポリポーシスや、皮膚がんになりやすい色素性乾皮症、白血病になりやすいブルーム症候群、乳がんの原因になるリー・フラメニー症候群などがあります。
(引用終わり)
 
  List
  この記事は 81272 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_287401
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp