西洋医療と東洋医療
287344 MRIは危険ですよ・・・
 
匿名希望 14/02/15 AM10 【印刷用へ
やっぱりMRIは危険ですね・・・。これを読んだらMRIは絶対に受けたくなくなりますね!

以下 リンク より転載します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
CTの放射線を恐れてMRIをされているグーミンな方々にまたまた朗報です♪。そのMRIはもしかしたらCTよりも危険かもしれませんが、たぶんキチ○イ医の妄想である可能性が高いです♪。
以下は環境省の報告書より一部要約抜粋しております。

電磁波や電磁界にまつわる被曝については、WHOもしくはIACでのリスクの検討が行われていますが、もちろん組織構図を考えれば嘘だらけであることは容易に推察できます♪。国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)なんてのもありますが、同じように名前だけでだめだということが推察できます♪。

「電磁界」とは、「電界」と「磁界」が組み合わされたものです。「磁界」とは、空間に磁気の力が働いている状態のことをいいます。磁界は磁石の周りや、電流が流れている導体の周りに発生します。ちなみに「放射線」とは、広い意味では全ての電磁波(光、ガンマ線、レントゲン線など)および粒子線(アルファ線、ベータ線、中性子線など)をさします。よって本当は高圧送電線、IH機器や電子レンジ、携帯電話、パソコン、テレビ等からすべて放射線が出ていることになるんですが、そんなことグーミンの前でいったら泣いちゃいますよね♪。電機業界も許しませんから、放射線ではなく電磁波とか電離放射線なんて言葉を使うようとっても工夫されておられます♪。

磁界の強さは「磁束密度」または「磁界強度」で表され、単位は磁束密度ではテスラ(T)、ミリテスラ(mT)またはマイクロテスラ(μT)
(1T=1,000mT=1,000,000μT)、磁界強度では 1メートル当たりのアンペア(A/m)が用いられます。1μT=10mGとお考えください。

電磁界には色々な種類があり、その性質は「周波数」と「波長」で決まります。電磁界には、周波数が低い(波長が長い)方から順に、静電磁界、超低周波電磁界、中間周波電磁界、高周波電磁界があります。静電磁界の代表格が医療用磁気共鳴画像撮影装置(MRI)です。地磁気や永久磁石の磁界もこれに含まれます。超低周波電磁界は、家電製品や送電線・変電所などの電磁界を指します。中間周波電磁界は電磁誘導加熱式(IH)調理器や電子タグ、電子商品監視機器(EAS)などに用いられます。高周波電磁界」は、TV・ラジオ放送、携帯電話などの無線通信や、電子レンジなどに用いられます。

さて、それぞれの磁束密度の強さですが
自然の地磁気0.035〜0.07mT
磁気共鳴撮影装置(MRI) 0.2〜3T(=200mT〜3000mT)♡
電気毛布2.19μT(発生源から測定点までの距離が 0cm)
電気カーペット10.4μT(同 0cm)
ヘアドライヤーからは 2.85μT(同10cm)
送電線の下では最大10.07μT(地表1.5m)
配電線の下では最大 1.13μT(同 1m)
地中送電線の上では最大 13.4μT(同 0m)

ちなみにこの資料では掲載されておりませんでしたが、電子レンジの磁束密度は約20μT、IHは2〜5μTというのが一般的な数字のようです♪。

静磁界については、磁束密度が 2〜4 テスラ(2〜4T)を超える強い静磁界の中で頭部を動かすと、めまいや吐き気、金属質の味覚、閃光を感じる場合があることが知られています♪。しかし多くの国際調査機関は長期的なリスクや、発がんその他のリスクについては否定的に記載しています。IARC は、静電界の発がん性を判断するのに十分な証拠はないと指摘。研究結果は全体として、急性影響として認められるのは電界の直接知覚と放電による不快だけであると示唆しています♪。もちろん私はそう思いませんが、頭がおかしいだけなので気にしないでください♪。

あ、もちろん周波数を考慮しておりません♪。
もちろん一時的な高い磁束密度ですから何の心配もいりません♪。
何せグーミンが大好きな国際機関が申しておりますので大丈夫です♪。

では今日もMRIで30000000mGくらい浴びましょう♪。
タダの妄想ですから♪。
 
  List
  この記事は 287260 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_287344
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp