もはや学校は終っている
287066 堀場雅夫氏インタビュー:大学改革策を語る
 
阿部佳容子 ( 51 大阪 営業 ) 14/02/07 PM07 【印刷用へ
大学に対して産業界から人材育成、研究の両面で改革を求める声が高まっています。学生ベンチャーの草分けといえる堀場製作所の堀場雅夫最高顧問は、「教員、学生ともに従来の大学の権威に安住できない時代が来た」と指摘しています。

以下、日本経済新聞(‘12.7.26)「辛言直言」記事より

---------------------------------

―過去20年間、世界は大きく変化しましたが、大学についてはどうみていますか。
「政治、経済、教育のどれも21世紀は20世紀の延長線上にないことがはっきりしてきた。これまでの権威は完全に壊れ、本物だけが生き残る時代になった。大学はその典型だろう。有名な大学に入れば、一生を約束されたも同然だった時代は終わり、いい大学に入ったことは人生の成功において必要条件であってももはや十分条件ではない」

―日本の大学のどこが問題でしょうか。
「大学には一部にとんでもない教員がいる。何の実績を出さなくても職を失うことがなかったからだ。そうした教員を淘汰していくことがまず必要だ。その第一歩として大学教員に自己評価をさせてみればいい。自分の業績が同じ専門分野の世界の一流と比べて、どれくらいなのかを年1回、点数で示させる。自覚を促す効果があり、それを公表すれば過大な自己評価はできなくなる」

―大学教授には研究と教育のふたつの役割がありますが、両者はどうあるべきですか。
「一流の大学は一流の研究者、教育者の両方が必要だが、一人の人間がそれを両立させるのは難しい。私は京大で物理学を学んだが、その頃、後にノーベル賞を受賞する湯川秀樹教授も教えていた。湯川教授の授業は難しい話を黒板に書き並べるだけでちっともわからない。文句を言いに行くと、『わからないやつは聞かなくていい』という始末。あまりにひどいので、授業を学生全員でボイコットしたことがあった。それから多少改善したが、世界トップ級の研究者だからといって、優れた教育者にはなれないことを証明している。今は教授というひとつの名称しかないが、『教育教授』と『研究教授』に分けるべきだろう。湯川教授は教えるよりも研究に打ち込みたかったのだ」

―そうすると多くの人は「研究教授」になりたがりませんか。
「それこそ大学に残る権威主義だ。教養課程の教授より専門課程や大学院の教授の方が上、といった勘違いがある。学生に興味を持たせ、知的好奇心をかき立てる授業は人の人生を左右する重要なものだ。私が物理を学ぶきっかけは高校の先生の授業だった。今の日本では勉強は大学入試の道具でしかなく、真の知的好奇心を持っている学生は少ない。その意味では大学を活性化するには小学校、中学校、高校の先生の努力が必要だ」

―大学入試はどうすればいいですか。
「今の入試は根本的にだめだ。誰でも志望すれば無試験で好きな大学に入学させればいい。仮に東京大学に10万人が集中すれば、授業はインターネットで中継し、キャンパスには来なくていいことにすればいい。そのうえで、大学教育への適性をみて、3年になる段階で論文などで一気に厳しく絞り込めばいい。3年になる段階で、今の大学入試のように大学を選ばせれば本人の適性や能力にあった選択ができる」

―大学のキャンパスはどうあるべきですか。
「子供の数は減っているのに、今、全国の大学が学部、学科の増設を進めている。増設するしか学校としての発展がないからだ。その結果、新キャンパスがつくられ、ひとつにまとまっていたキャンパスが学部ごとに分散する。それでは『知の総合』たる『ユニバーシティー』の根幹が崩れてしまう。昔は物理専攻の学生が文学部のインド哲学の授業を聞きに行ったり、フランス文学の学生が経済の授業を聞いたりして知的な刺激を受けた。大学は総合性の意味を考え直す必要がある」

―大学はもっと実用的なことを教えるべきだとの意見もあります。
「原理的なことが自分たちの暮らしにどれほど役立っているかを知るべきだろう。たとえば、アインシュタインの相対性理論がなかったら、カーナビゲーションや携帯電話の全地球測位システム(GPS)は適切な補正ができず、狂ってしまう。原理を学ぶことこそ実用であり、大学の機能だ」

-----------------------------

2年前、87歳の言葉です。
 
  List
  この記事は 34051 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_287066
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp