新しい男女関係(→婚姻制)の模索
287035 「核家族から吹き出す不自然な軋み」
 
斎藤幸雄 HP ( 50 愛知 建築設計 ) 14/02/06 PM09 【印刷用へ
>現代、離婚率の増加に併せて結婚しない女性、男性が年々増えてきていますが、これら一対婚に刻印された足枷を、豊かさが実現された現在、男女共無意識に感じているのかもしれません。
(女たちの充足力を日本史に探る7〜明治以降の一対婚様式が破壊したものとは リンク

これまでも、一対婚や核家族に対する違和感について話題になることが度々有りましたが、最近では違和感を超えて、その原因構造や今後の可能性についても話題になることが増えてきたように思います。

そのような事例の一つとしてブログ記事を紹介します。人にとっての母系集団の重要性や男女役割共認、そこから逸脱した核家族の不自然さについて述べられています。

既に無意識だった違和感は顕在化し、現在は可能性探索の段階が始まっているのかも知れません。

アゴラ「核家族から吹き出す不自然な軋み」リンクより転載します。
 ==========================================================

我々ヒトというのは、もともと集団で生活してきた生物です。え、今も集団生活してるよね、という意見もあるんだが、核家族化が進み、本来のヒトの群ではない形態の構成になっている。ほ乳類が群を形成する目的は、子育てです。一夫一婦制以前に、我々ヒトは群を形成して子育てをしてきました。ヒトや霊長類の子どもは、産まれてから独り立ちできるまでに時間がかかります。草食ほ乳類は生後すぐに立ち上がって走り回ったりできる。しかし、ヒトの子どもは死にやすく、育てにくく、大きくなるのに手間暇がかかります。

群を形成する生物は、子が生殖可能年齢になると近親交配を防ぐため、オスかメスのどちらかが群を出ていかなければなりません。サルの仲間はほとんどが母系で、適齢期のオスが群を出ていきます。チンパンジーは例外的に父系集団を形成し、繁殖可能になったメスが群を出てほかの群に受け入れてもらいます。ヒトはどちらだったんでしょうか。世界の民族部族を調べてみると、ほぼ8割で男が集団を出ていくらしい。断定はできませんが、ヒトは基本的に母系集団だと思います。

つまり、我々ヒトは、主に母系集団、祖母や母親、姉妹、叔母姪、といったメスの群が中心になって子育てをしてきたのでは、と考えられます。ほとんどの部族や民族、社会は、依然として母系集団が中心になって子育てをしている。嫁が何かと言うと実家へ帰りたがるのも同じ理屈でしょう。

男、つまりヒトのオスはどうしていたのか、と言えば、子育てに参加させ、エサを獲ってこさせるためにヒトのメスは生理周期を隠蔽した、という説もあります。ヒト特有の「恋愛」もこの延長にある。子どもの父親を特定されにくくするためなんだが、父親が誰かわからない、というより、自分こそ生まれた子の父親と思い込ませることが重要、というわけです。こうしてヒトのオスは、母系集団につかず離れず、たまにエサを持ってきて子育てに協力するようになりました。

ところが、核家族化が進み、祖母や母親ら母系集団から切り離された母親は途方に暮れます。社会が子育てを手伝ってくれるかと思いきや、うまくいっている社会は世界にも少ない。前述したように、ヒトのオスは群の外から子育てに関与します。もちろん、男で一つで立派に子を育てた人もいるんだが、基本的に男は子育てに向いていません。

また、核家族の場合、父母と子、という三角関係におちいりがちです。子をめぐって父母が競い争う。思春期を迎えた子がいれば、これが歪んだカタチになって表出するかもしれません。核家族で父母と子がいて、思春期になると家族の間に亀裂が入り、バラバラになる、という話をよく聞きます。これは母系集団から切り離されたのに加え、群からオスが出ていかなければならないのに共存し続けること、つまり近親相姦を防げないことの軋みが表出しているのではないか、と思います。

 ======================================================以上
 
  List
  この記事は 286801 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_287035
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
291765 チンパンジーに学ぶ集団の子育て 松下晃典 14/06/27 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp