次代の活力源は?
286959 企業NW大東合同女子会】追求の時代〜最新の意識潮流から学ぶ★B〜【指標=勝つため目標→みんなの力を借りながら実現→みんなへの感謝&追求充足→勝てる=目標達成】がすべての根幹〜
 
山田由美 ( 31 岐阜 会社員 ) 14/02/04 PM08 【印刷用へ
-9833の続き

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【■新しい現実=これからどういう時代になってゆくのか?】の気づき

・僅差の同類闘争ではやってもやっても先がある。最初はいつ充足するの?って感じた。追求力=共認の時代。追求→追求充足→追求活力へと繋がっていく。一人ではなく、集団だからこそ追求も進んでいく。
・周りをやる気にさせる人は、ちょっと高い指標を設定する。今の力では実現できない目標だからこそ、「実現するにはどうする?」と考えていく。=共認圧力が高まっていく。
 序列、ノルマでは人はもう動かない。いくらでもさぼる。共認圧力をどこまで自分たちで生み出せるか?
・【指標=勝つため目標→みんなの力を借りながら実現→みんなへの感謝&追求充足→勝てる=目標達成】
このループが全ての根幹。小さな課題でも組織でもこの循環を作り出せるのか?がポイント。
同類闘争では【人々の期待を対象化する+敵に勝つ】を意識して、外圧を掴み、突破する指標を設定しないと、ただの自己満足になる。
また、目標を明確→共認圧力・追求圧力を高める→そこまで追求して勝てるかどうか?という僅差の戦い。どこまでやれるか?どちらが充足できるか?その空気を自分たちで作っていけるか?が勝敗を分ける。
・秩序崩壊の危機→適応本能⇒追求力の時代という意識。
 深い地平からの変化でまだ掴みきれていない。感覚的な自覚もない。今後、企画の中でもっと深めていきたいポイント。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今まで以上に僅差の戦いとなる中で、どれだけ「追求力」を上昇させられるか、今後の企業間競争の勝敗もここにかかっている。

そして、追求圧力を創り出すのも自分たち次第。
全員で追求圧力の空気を創り出していけるか?が組織が勝ち抜くための基盤となる!

組織全員で追求圧力を高め、勝ち抜いていける組織へと繋げていきましょう!
 
  List
  この記事は 286505 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_286959
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp