西洋医療と東洋医療
286684 日本の食品添加物の認可数は他国と比べて10倍以上!
 
加賀野宏 ( 29 京都 会社員 ) 14/01/28 PM06 【印刷用へ
日本の食品添加物の認可数は他国と比べて10倍以上も多い。

なんでこんなに多いのか?真剣に我々は考えていかなくてはなりません。お上に任せておいた結果がこうなのですから。

以下、薬を使わず心と体のストレスを解消する薬剤師のブログ(リンク
より転載

=================================
前の記事で、日本の添加物の数は「1000〜1500種類」と書きました。

前回記事
食品添加物の恐怖@

添加物の詳細は以下に示します↓

日本の食品添加物数(2007年8月時点)
●指定添加物:約400種類
●既存添加物:約400種類
●天然香料:約600種類
●一般飲料物添加物:約100種類

合計すると『1500種類前後』の数字となります。
(※石油合成添加物は約351品目)
 
これだけでは、多いのか少ないのか分かりませんよね

比較のため↓

◎他国の食品添加物の認可数・・・
アメリカ・・・133品目
ドイツ・・・・・64品目
フランス・・・・32品目
イギリス・・・・21品目

ケタが違いすぎますね(笑)


海外では国民を守るため、危険性があるものは採用しません

アメリカや欧米で「国家が摂取を禁止している添加物」が日本では野放しなのです(´Д` )

僕がこのようにお伝えしても、
「厚生労働省がそんな危険なことする訳がない」
「ちゃんと安全性の試験を行っているのに、バカなこというな」
「別に今不健康になってないし、大丈夫に決まってんじゃん」
↑と思う方が大半だと思います。


でも、実際に着色料である「タール色素」は化学構造上、発がん性が指摘されていますが今も使われ続けています
(↑海外ではとっくに禁止)

危険性が指摘されて、取り消しの許可がされるまで日本では約10年の歳月を要します…
いつも私たちが食べている複数の化学添加物…

ある日突然、「〇〇に発がん性やアレルギーが確認されたので厚生省は〇〇の使用を禁止します」と発表されて終わりです

それまで「食べて健康を害した国民の保証」など一切ありません

しかも、危険性がわかっても『消費者に知らせることなく』ひっそりと消えていくのです
まさに原発の被害と同じですね…

あなたが食べてる食品に含まれる大量の添加物…

10年後になって
「発がん性がありました」
「アレルギーの原因でした」
「変異原生がありました」
と言われて納得できますか??

下記の厚生省の資料を見てください。
「たくさん食べたら死ぬけど、消費者が日常的に食べる量なら大丈夫b」と言ってるだけです

「毒をストレートで飲んだら死にますが、1000倍に希釈して少し飲んだら大丈夫」
と言っているのです(^^;)

笑えてきますよね(笑)
参考文献↓
厚生省 食品添加物のリスク管理
 

薬を承認する試験も割といい加減だし添加物の承認試験も信じるに値するかは疑わしいです。

添加物一つ一つの毒性の実験はしても、「複数の添加物が同時に体内に入ったときにどうなるのか?」は検証されていないのです!

直ぐには影響は出ないだろうけど、そんな添加物ばかり食べていれば影響はいずれ出ると思います

日本が他の先進国と比べて著しく未来が弱体化してます

超高齢化や超少子化(不妊)
寝たきりの非健康寿命の延長
ウツ、精神疾患
イジメ、引きこもり、
世界一の自殺率等々、

ここには、添加物ありきのモラルなき企業側の利益追求だけの食戦略が大きく影響していることは間違いないと思います(ファーストフードも含む)
 

「国が守ってくれる」なんて依存思考は捨ててください

こんな思考だから、被害者になるんです。「何が良くて何が悪いのか」は消費者である僕らが責任を持って勉強していかなければならない…そんな時代です。

長文を最後までお読みいただき、
ありがとうございます゚.+:。(´ω`*)゚.+:

=================================
 
  List
  この記事は 284723 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_286684
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
293202 食品添加物は腸内細菌を殺す、でもヒトには安全? 熊谷順治 14/08/05 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp