私権原理から共認原理への大転換
286581 「追求した企業が勝つのはなんで?」〜制覇力編〜
 
佐保井路子 ( 24 大塚 OL ) 14/01/25 PM06 【印刷用へ
学生にタイトルの質問をされたときに話すイメージで、
トークを考えてみました。

* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

まずは、「追求の時代」と言われているその背景からお伝えします。

はるか昔、戦争が頻繁に行なわれていた時代では、“力(武力)”が勝つためには必要でした。
そして、国家が大きくなり、経済が発展していくと、“お金(資本力)”が勝つためには必要になりました。

では、今の時代はどうでしょう。
最近では、3.11という大震災からの原発災害で、政府・学者の混乱が明らかになりました。
'12年の年末に行なわれた衆議院選挙では、ネットなどでも選挙の不正が騒がれていました。

もはや、社会がどうなっているのか分からない。これからどうなるのか分からない。というのが正直な感想だと思います。(就職活動を始めたみなさんも実感していることかと思います。)

そういった時代で、自分が実現したいことをやっているだけでは、大手企業であるからといって、社会で生き残っていけないのは明らかですね。力やお金を持っているからといって、勝つことができない時代になったのです。

そこで、まずはどれだけ時代の流れを的確にとらえ、社会の人々の意識をつかみ、役立つ方針(答え)を生み出せるかがカギになります。

そのためには広く、深く、そして速く(スピード)、人々の期待とこれからの可能性を追求した企業がこれからの次代をつくっていけるのです。

そのためにも追求力が必要であるし、その追求力によって企業は勝ち残っていくことができます!

* - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

以上です。
 
  List
  この記事は 286505 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_286581
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp